NEWS
【関東】スペシャルセミナー「設計者と照明士が語る、空間設計と照明計画のノウハウ」 詳しくはこちら

フリーダムアーキテクツデザイン

住宅作品集(無料)を請求する お電話でのお問い合せは0120-489-175

建て替え時に必要な費用

ここでは建て替え時に必要な費用の一般的なケースを示しています。条件によって必要な費用が異なる場合がありますので、詳細は各機関、業者へご確認ください。30坪の木造2階建ての住宅を取り壊して、住宅を新築する場合のケースを想定して各費用を計算しておりますのでご参考にしてください。

解体費

解体費は、既存の建物を取り壊すのに必要な費用です。その建物の規模や構造によって費用は異なります。
 【建物の解体費】建物床面積 (坪) ×3万5千円

30坪木造二階建ての住宅を建て替える場合
解体費:30坪×3万円5千円105万0千円
消費税:105万円×8%8万4千円

合 計113万4千円

登録免許税 (建物滅失登記)

登録免許税(建物滅失登記)は、建物を取り壊した事を登記所に申請するための費用です。滅失登記の登録免許税はかかりませんので、実質的には手続きを代行してくれる土地家屋調査士への報酬になります。
 【登録免許税(建物滅失登記)】無税
 【土地家屋調査士の報酬】   3万円〜5万円程度

*建物滅失登記は、解体業者に取壊証明書など必要書類をもらって自分で登記を行うこともできます。ただし、法務局に何度か行かないといけないので、時間に余裕がある人はチャレンジしても良いと思います。

30坪木造二階建ての住宅を建て替える場合
登録免許税0万0千円
土地家屋調査士報酬5万4千円

合 計5万4千円

引越費用

引越費用は、仮住まいへの引越の際に必要な費用です。粗大ゴミの処分や電話移設などにも費用がかかりますので、予め予算計画に入れておきましょう。
 【引越費用】   10万円〜30万円 (※業者によって異なる)
 【粗大ゴミ処分費】2万円程度
 【電話移設費】  1万円程度

30坪木造二階建ての住宅を建て替える場合
引越費用20万0千円
粗大ごみ処分費2万0千円
電話移設費1万0千円

合 計23万0千円

仮住まい家賃

仮住まい家賃は、工事期間 (解体+建設) の6〜8ヶ月分と敷金、礼金が必要になります。
 【仮住まい家賃】家賃×6〜8ヶ月分程度
 【敷金】    家賃×2ヶ月分程度
 【礼金】    家賃×1ヶ月分程度

30坪木造二階建ての住宅を建て替える場合
仮住まい家賃:9万円×7ヶ月63万0千円
敷金18万0千円
礼金9万0千円

合 計90万0千円

仲介手数料

仲介手数料は、仮住まいを手配してくれた不動産会社に対して支払う費用です。
 【仲介手数料】家賃×1ヶ月分

30坪木造二階建ての住宅を建て替える場合
仲介手数料 (消費税込み)9万7.2千円

合 計9万7.2千円

建て替え時に必要な費用のまとめ

住宅の建て替えを行う際は、以下の費用が必要になります。
 ・工事業者に支払う解体費
 ・建物滅失登記 (土地家屋調査士への報酬)
 ・引越費用
 ・仮住まい家賃 (+敷金+礼金)
 ・仲介手数料

30坪木造二階建ての住宅を建て替える場合
解体費113万4千円
登録免許税 (建物滅失登記)5万4千円
引越費用23万0千円
仮住まい家賃 (敷金、礼金含む)90万0千円
仲介手数料9万7.24千円

合 計241万5千円

この中でも、仮住まいの費用が多くの割合を締めます。 最近では、マンスリーマンションやウィークリーマンションなどを借りた方が安く済む場合もありますので、事前に下調べをしておきましょう。


その他の費用について

フリーダムの設計監理費用 土地購入に必要な費用 住宅建築に必要な費用 融資(ローン)に必要な費用 住宅取得後に必要な費用 建て替え時に必要な費用



さらに詳しくお知りになりたい方は以下よりご予約ください。
注文住宅無料セミナーを予約する
個別相談を予約する
家づくり無料相談会
失敗しない為のデザイン住宅無料セミナー開催について フリーダムの土地探し 建築実例 費用について フェイスブック始めました
無料資料請求はこちらから