NEWS
【関東】スペシャルセミナー「ライフステージに合わせて変化する間取りの描き方」 詳しくはこちら

フリーダムアーキテクツデザイン

住宅作品集(無料)を請求する お電話でのお問い合せは0120-489-175

住まいの設計 2015年7月ー8月号


2世帯の住まいと仕事場を
3棟に分けブリッジで結ぶ

東京・世田谷区 Hさんの家
家族構成/夫30代 妻30代 母60代 弟30代

玄関の向き・配置に工夫し適度な距離感をつくる

 家族で会社を経営するHさん一家。長男の結婚を機に、自宅を事務所併設の2世帯住宅に建て替えることにした。プランニングはフリーダムアーキテクツデザインに一任。設計者は、2つの暮らしと仕事という、3つの目的を象徴するような建物を提案した。


 大小3つの箱を並べ、2階に渡したブリッジで1つにつなぐ。南側の大きな箱の1階を親世帯に。
塔のような小さな箱が子世帯の玄関と階段で、ブリッジで結ばれた2階全部が生活空間だ。事務所は北向きの箱の1階で、玄関もほかの棟に背を向けている。親子はそれぞれ、いったん自分の玄関を出て、庭を回って事務所に出勤。プライベートから仕事モードへと、気分を切り替える仕掛けだ。
 完全分離の2世帯だが、玄関同士は向かい合い、透明なブリッジを通して気配が伝わる。親と子、公と私の適度な距離が保たれる。


住まいの設計 ガレージライフ マイホームプラス LiVES ゲーテ ENGINE
無料資料請求はこちらから