NEWS
■OB様宅訪問会(愛知県刈谷市) 詳しくはこちら

フリーダムアーキテクツデザイン

住宅作品集(無料)を請求する お電話でのお問い合せは0120-489-175

プロジェクト


フリーダムが設計する『平屋』

デザイン住宅の平屋づくりで大切なポイントは「敷地の使い方」。
家の敷地が広ければ広い程、空間利用やデザインの自由度が増える反面、間取りでのデッドスペースや価格(コストアップ)のリスクが出やすくなる側面もあります。


20 家づくりの仕組みをつくり直す(2)

リアルな場に「相談カウンター」を用意 WEBの世界だけでお客様の求める住まいの間取り図や詳細が確定できるわけではありません。「参考プラン」のようなものは出てくるかもしれないけれど、それをいくら見ても、出来合いのものに過ぎ […]


19 家づくりの仕組みをつくり直す(1)

「お客様本意の家づくり」を実現するために必要なこと――それはまず、家づくりを検討する人が「私たちにぴったりの希望の住まいはこれだ」というイメージを固めるための使いやすいツールを用意することです。そこでWEBの世界に『家チェキ』をつくりました。


18 日本の家づくりの仕組みを変えたい

家づくりの主人公は誰なのか このコラムの第1回で私はこう書きました。 「住宅はつくり手のデザインや技術を誇るための作品ではないし、利益を上げるための商品でもない。家づくりの主人公はそこで暮らすお客様であり、住宅はお客様の […]


17 リビング階段のすすめ

以前の日本の住まいでは玄関脇にあった階段。今は、家族の上がり下りが見えるようにと、リビング内に設けることも多くなりました。スケルトン階段や螺旋階段など、インテリアとしても空間を引き立てることができます。


16 スキップフロアが面白い

床の高さに差を設けるスキップフロアの手法は、実際以上の広がりを演出する“空間のマジック”です。うまく設計に生かせば、吹き抜けにしたような開放感のある空間も生まれます。


15 中庭がある暮らし

いくら南側でも、近所から丸見えでは“使える庭”になりません。かえって室内が見えてしまうことを気にしながらの生活になってしまいます。そんなときは、中庭がおすすめ。のびのびと楽しめる場所になります。


14 建築家と違うところ。

家づくりは設計事務所に依頼することが、お客様の望む家住まいの実現にもっとも近い道になると思っています。しかし、そのためには設計事務所自身が変わらなければならないことも事実です。フリーダムはそれを目指して歩んでいます。


13 工務店と違うところ。

工務店は施工が専門であり、デザインや設計の工夫は苦手です。その技術力や材料を見る目、経験などは、施工者として依頼するからこそ発揮されるもの。設計を含めた家づくりのパートナー役を期待すれば、それは彼らにとって重荷になってしまいます。


12 ハウスメーカーと違うところ。

「まず住宅展示場に行く」という人は少なくありません。しかし、そこに建っているのはハウスメーカーが自社の宣伝のために贅沢につくった「広告」としてのモデルハウスです。あらゆる意味でそれは「会社の都合」でできています。


11 フリーダムのことを2冊の本に書きました。

2010年と12年に、それぞれ本を出しました。私やフリーダムの設計スタッフがどんなことを考えながら、どんな家づくりに取り組んでいるのか、いろいろな方法でご紹介したいと思っているからです。たくさんの方にご購読いただきました!


10 住宅のワンストップサービスを実現する

建築家や設計事務所のよいところを受け継ぎ、その弱点を一つひとつ克服すること、そしてお客様本意の家づくりを実現すること--それがフリーダムの目標です。設計だけでなく、資金計画や住宅ローン、アフターサービスもしっかりやります。


9 最強の土地探しについて

土地の入手は簡単ではありません。ある程度の広さのある土地は、資金力のある開発業者が購入して小さく分け、数軒の家を建てて分譲することがほとんどです。ここに見られるのも、土地や建物の供給側の都合ばかり。だから「みんとち」を始めました。


8 住宅カウンセリング能力No.1を目標に!

ご要望を聞き、そのすべてを実現する--そう言葉にすれば優れた設計のようですが、ご要望をすべて足し算しても、ほんとうにお客様が望まれる家ではないこともあります。設計には「カウンセリング」できる力が求められていると思います。


7 目指すは住宅プランNo.1

事務所設立以来積み重ねてきた設計案づくり。提案も含めれば、その合計は1000プランにものぼります。そして、その一つひとつを私たちはデータベースにして、全設計者で共有しています。


6 デザイン力がすぐれているとは、どういうこと?

家のデザインは、流行を追った格好よさを求めることではないと思います。何十年と暮らす舞台として、シンプルで飽きが来ないデザイン、そして建て主のライフスタイルがにじみ出るようなデザインこそすぐれたものです。


5 コストパフォーマンスでは負けない!

「このデザインでこの価格?」--よく言われます。しかし特別なことはしていません。競争入札を行い、素材や仕上げを工夫し、メリハリをつけた設計をしていけば、これだけのコストパフォーマンスは発揮できるのです。


4 お客様のライフスタイルがすべて!

最近はよく「ライフスタイルにぴったりの家」という言葉を耳にしますが、ただ小さなコーナーが設けられていたり、デザインが何となくそれ風といったものがほとんどです。「ライフスタイル」って、そんなものではないと思います。


3 設計者が窓口の家づくり

ハウスメーカーや規模の大きな工務店には“営業マン”がいて、お客様の窓口になります。しかし建築の知識は浅く、もっぱら連絡係です。本当にこういうスタッフが必要なのでしょうか?これも「会社都合」では?



1 フリーダムとの家づくり。

当たり前のことが当たり前ではない--それが今の家づくりです。家をつくる側が、自分の都合本位で家を建てている。私は、それは違うだろうと思うのです。


保証について

SE構法は業界初の構造体の最長20年保証制度があります。 SE構法は、施工後の瑕疵責任を保証するための保証制度「SE住宅性能保証」をご用意いたしております。「SE構法」は、表示可能な性能を持った集成材や金物と、それらによ […]


SE構法 構造の特徴 3

独自開発CADと連動した立体応力解析で安全性を点検。さらに台風、地震、積雪などの自然災害についての安全シュミレーションも行い、その確かな強度ゆえに、構造本体に対し国内初の20年間の住宅性能保証制度を実施しました。 SE構 […]


SE構法 構造の特徴 2

SE金物はエンジニアリングウッドの特長を引き出すと共に、他の金物では実現できない強度を確保。同時に柱梁の断面欠損が起きにくく、構造的にも高い安全性を誇ります。 SE構法を支えるSE金物、高耐力フレーム、高耐力壁、集成材本 […]


SE構法 構造の特徴 1

コンピューター制御による高精度プレカットによって作られるエンジニアリングウッド(JAS構造用集成材)を木骨として採用。このエンジニアリングウッドは、天然木材の長所をそのままに、反り、ねじれ、割れ、伸縮などの欠点を克服し、 […]


SE構法のメリット 2

コストパフォーマンスに優れている   SE構法は重量鉄骨なみの強度を有しながら、コストパフォーマンスに優れています。在来軸組構法(一般木造)よりは高価ではありますが、鋼材の価格高騰が続く現在まさに重量鉄骨に代る構法だと考 […]


SE構法のメリット 1

重量鉄骨なみの強度と開放的な空間を実現   SE構法は重量鉄骨なみの強度で、開口部いっぱいの窓で明るく開放的な設計が可能です。また、耐力壁による空間の遮断がなく、自由な間取りやスペースの有効活用をご提案いたします。壁や廊 […]


フリーダムでSE構法を建てるメリット

SE構法登録施行店による価格競争が可能 SE構法の家は”SE構法登録施工店”の資格を持つ住宅会社によってのみたてられます。SE構法を希望するお客様は通常、全国各地の”SE構法登録施工店”へ直接依頼するしか方法はなかったの […]


超長期優良住宅 (200年住宅)の実績

200年住宅の実績 フリーダムには超長期優良住宅の実績があります   「いいものをつくり、きちんと手入れして長く大切に使う」というストック社会のあり方についての優れた提案に対し、国土交通省が事業を行うものに、実施に要する […]


長期優良住宅の認定に必要な図書

認定に必要な図書について 長期優良住宅の認定に必要となる図書 規則第1号様式に定められた認定申請書に、規則第2条で規定された添付図書(以下)を添えて申請します。 図書の種類 明示すべき事項 設計内容説明書 住宅の構造及び […]


長期優良住宅仕様2

仕様について 2 2.長期優良住宅の耐震性について ・極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化を図るため、損傷のレベルの低減を図ること ・大規模地震力に対する変形を一定以下に抑制する措置を講じる ・建築 […]


長期優良住宅仕様1

仕様について 1 1.長期優良住宅の劣化対策について   ・数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること ・通常想定される維持管理条件下で、構造躯体の使用継続期間が少なくとも100年程度となる措置 ・性能表示の劣化対策等 […]


長期優良住宅メリット2「住宅ローン」

住宅ローンについて 長期優良住宅に対する税の特例   【長期優良住宅に対応した住宅ローンの供給支援】 民間金融機関が、認定長期優良住宅について最長50年の住宅ローンを供給できるよう、住宅金融支援機構が支援(フラット50) […]


長期優良住宅メリット1「税制優遇」

税制優遇について 長期優良住宅に対する税の特例 長期優良住宅は、一般の住宅に比べて様々な税制上の優遇措置があります。長期優良住宅に対する特例は、以下のとおりです。 税の種類等 期限 優遇措置 所得税 1.住宅ローン減税の […]


狭小住宅設計テクニック5 (ロフト)

狭小住宅設計テクニック5 ロフト 限られたスペースにプラスアルファの空間(ロフト)   床面積を有効活用する設計テクニックのひとつに、ロフトがあります。住宅でロフトというと、居室の天井高を高くして部屋の一部を2層式にした […]


狭小住宅設計テクニック4 (地下室)

狭小住宅設計テクニック4 地下室 容積率の有効活用(地下室)   容積率緩和での設計テクニックのひとつに、スキップフロアがあります。狭小地で空間面積を広く取る場合に3階建て住宅が考えられますが、実際は高さ制限や各種の斜線 […]


狭小住宅設計テクニック3 (ルーフテラス・屋上)

狭小住宅設計テクニック3 ルーフテラス・屋上 第2の敷地(屋上・テラス)   お庭がとれない狭小地に住宅の屋上を利用するテクニックとして、ルーフテラスがあります。屋根を陸屋根(屋上)にし、屋上庭園やルーフテラスとして利用 […]


狭小住宅設計テクニック2 (中庭)

狭小住宅設計テクニック2 中庭 プライベートが確保された外部空間(中庭)   狭小地でも建物に光を採り入れる設計テクニックのひとつに、中庭があります。隣接地との距離が近く、大きな庭など外に向かった空間を造ることが困難な狭 […]


狭小住宅設計テクニック1 (スキップフロア)

狭小住宅設計テクニック1 スキップフロア 天井を高く開放的に(スキップフロア)   狭小住宅の天井を高くする設計テクニックのひとつに、スキップフロアがあります。スキップフロアは、平面的に廊下で空間を繋ぐのではなく、縦に短 […]



SE構法(SE工法)について

フリーダムはSE構法(工法)の設計監理も得意としています。 SE構法とは、強度と均一性を両立した高精度集成材と独自開発のSE金物、構造計算を採用することで、高い強度を実現した木造建築技術です。木質感にあふれた木造住宅の味 […]


長期優良住宅とは?

長期優良住宅推進プロジェクト デザイン性の追求とともに、末永く安心して快適に暮らせる性能を重視してきたフリーダムは、長期優良住宅『【長期優良住宅普及促進法】に適合する住宅』の設計監理も得意としています。フリーダムでは、国 […]


狭小住宅について

より詳細をご覧いただくため、インテリア写真を集めました。 詳しくは左メニューより各カテゴリをお選びの上、ご覧ください。 狭小住宅とは、非常に狭い土地に建てられた住宅です。一般に約15坪(50m2)以下の土地に建てられる住 […]


家づくり無料相談会
失敗しない為のデザイン住宅無料セミナー開催について フリーダムの土地探し 建築実例 費用について フェイスブック始めました
無料資料請求はこちらから