NEWS
【中部】夏のスペシャル無料セミナー in サンワカンパニー名古屋ショールーム 詳しくはこちら

フリーダムアーキテクツデザイン

住宅作品集(無料)を請求する
スタイリッシュな空間を演出するタイル床の話

玄関ホールやリビングの床って普通はフローリングを思い浮かべる方が多いと思うのですが、床の素材をタイルに変えるだけで一気に雰囲気を激変させることができます。スタイリッシュ、ラグジュアリー、モダンな雰囲気はもちろんタイルをテラコッタ調にすればカントリーな雰囲気にも。そんな空間の魔術師ともいえる床タイルを掘り下げて特集します。
今回はインターネット通販でデザイン性の高い建材をリーズナブルな価格で提供していることで評判の株式会社サンワカンパニー社の取材協力を得てお話しを進めてゆきます。

玄関・ホール編

■すっきりとゴージャスな空間をつくる

玄関・ホールの床にタイルをチョイスすればそれはまるで高級ホテルのエントランス。
いやみなく、ゴージャスな空間に仕上げることができます。

CASE 1
ホワイトで統一された空間に少しトーンを落としたタイルを使うことで落ち着いた空間を演出しています。タイルの光沢がシンプルな階段を引き立てています。
CASE 2
限られたスペースの玄関空間だがカラーを白で統一し、かつ玄関土間とホールを同質材(タイル)で仕上げることでシームレスな空間をつくり空間の広がりをつくりあげています。
CASE 3
広い玄関空間を引き締めるために黒系統のタイルを採用。岩盤調とすることで光の反射により表情がつき、穏やかな空間を生み出しています。
■設計のポイントは?

玄関ホールにタイルをつかう場合は玄関土間のタイルと同系色のタイルを使えば土間とホールの連続感ができ、空間の広がりを演出できます。また、土間タイルとホールのタイルの目地を合わせることもポイントです。

フリーダムアーキテクツデザイン 一級建築士 小室 芳樹 フリーダムアーキテクツデザイン
一級建築士 小室 芳樹
■費用感について

どんなタイルを選ぶかによって費用は違いますがフローリングに比べタイルの方が施工費は高くなります。そのため、タイルと施工費を含めた費用はフローリングと比べ約6,000円~/㎡高くなります。
・玄関ホール/約5㎡(約3帖分)として約3万円~の増額
・LDK/約33㎡(約20帖分)として約20万円~の増額となります。

LDK編

■インテリアが映えるスタイリッシュな空間

LDKの床素材にタイルを使用する事で、アイデンティティーあふれるスタイリッシュな空間を創り出せます。

CASE 1
大判の岩盤調タイルが石壁と相まって重厚かつラグジュアリーな空間をつくりあげています
CASE 2
ホワイト系のタイルはコントラストが映え、シャープかつスタイリッシュに空間を表現できます
CASE 3
ワンちゃんと暮らすために滑りにくく、かつ手入れの楽なテラコッタタイルをチョイス。暖かみのある色調が安らぎを与えてくれます。
■設計のポイントは?

リビングなど居室の床にタイルを使う場合は床暖房の検討をお薦めします。またタイル目地は汚れの目立ちにくい色を選択することもポイントです。

フリーダムアーキテクツデザイン 一級建築士 小室 芳樹 フリーダムアーキテクツデザイン
一級建築士 小室 芳樹

デザイン、カラーも豊富。いろいろなタイル床材

Photo:サンワカンパニー提供
鏡面タイル

磨き上げられた美しさが空間を広く見せてくれるだけでなく、高級感を演出します。

写真:アレッゾナノ サンワカンパニー

¥2,980/㎡

カラーバリエーション
Photo:サンワカンパニー提供
大理石調

本物の大理石よりお手入れが簡単で、水に弱い本大理石に比べ、タイルなら心配無用。キッチンにも使用できます。

写真:マルモケア サンワカンパニー

¥9,480/㎡

カラーバリエーション
Photo:サンワカンパニー提供
御影石調

石の風合いが上質で落ち着いた空間を創出します。

写真:ポーラーアルデ サンワカンパニー

¥2,680/㎡

カラーバリエーション
Photo:サンワカンパニー提供
外部共用

表面の凸凹した屋外・屋内共用タイルを使用すればリビング床からデッキまで統一された空間をつくれ、広がりを持たせることができます。

写真:メンヒル サンワカンパニー

¥2,980/㎡~

カラーバリエーション
Photo:サンワカンパニー提供
テラコッタ調

素焼きのテラコッタは傷つきやすく、汚れやすいので、風合い、感触を再現した磁器質タイルがおすすめです。メンテナンスも簡単で屋外での使用も可能です。

写真:マテリエ サンワカンパニー

¥2,980/㎡

カラーバリエーション

番外編①

Pタイル(塩ビタイル)

本物のタイルでは、転んだときのダメージが心配、食器を落としたら割れてしまうのでは?などの心配に対応できるのがPタイル。
材料費、施工費ともに安価でおさまります。
最近では様々なデザインのものが出されており、見た目も本物そっくりなものが出てきています。

Photo:サンワカンパニー提供
ストーン調

石灰岩を模したものが多く、最近では大判のものも発表され、リビングなどに使用するケースも増えてきています。

写真:ザ・Pタイル サンワカンパニー

¥1,630/㎡~

Photo:サンワカンパニー提供
コンクリート調

左はモルタルを塗込んだようなリアルな表情のデザイン。その他にもフローリング調など近頃は非常にリアルな表情のものが登場してきています。

写真:コンクレット サンワカンパニー

¥1,630/㎡

番外編②

フローリング調

その手入れのしやすさ、そして劣化がないというタイルの特徴を生かし、フローリングの表情を再現したタイルも発表されています。

Photo:サンワカンパニー提供
写真:メルヴィン サンワカンパニー

¥4,480/㎡

Photo:サンワカンパニー提供

最近のトレンド、ラスティックな雰囲気なものも。本物のリアルさが半永久的に続きます。

写真:ヤングギャラリー サンワカンパニー

¥2,980/㎡

様々なデザイン・仕様の住宅設備がリーズナブルに揃うネット通販の愉しさ

今回の編集記事にご協力頂いたのがこだわりの住宅設備・建材をネットで通販している株式会社サンワカンパニー社。目の肥えたバイヤーが選び抜いた品を、世界各国の製造元から直接買い付けているので、かなりリーズナブル。東京、名古屋、大阪、福岡にショールームがあるので「やっぱり実物を見なきゃ」、という人も安心して選ぶことが可能です。
ここからはネット通販で品物を選んで(購入して)工事会社に取り付けてもらう「施主支給」の方法について解説します。

サンワカンパニー東京ショールーム
■注文住宅なら、遠慮なくご相談を。スタイリッシュな建材を「施主支給」で依頼する方法

前出の通り住宅設備や建材を施主自ら購入して工事会社に取り付けてもらう方法が「施主支給」。
ただし、気を付けなければいけないのがハウスメーカーや工務店によっては取引先の既製品を使うことが標準になっていたり、仕入れルートがないなどで対応を渋られることがあります。なので事前に「施主支給」が対応可能か確認をしておくことが肝心です。

┄「施主支給」の手順┄

①設計段階で「施主支給」が可能か確認。
②設計者にどんな大きさや規格のものを選べばいいか相談。※購入が必要なパーツの確認も。
③ネット通販サイトなどで商品候補を選ぶ※カタログ請求やショールーム見学も有効。
④選んだ商品候補が実際に取付け可能か設計者に確認。設計図に落とし込んでもらって確認。
⑤工事会社にいつ現場搬入すればいいか確認し購入。
※工事会社によっては、工事会社で代理購入をしてくれるところもあるので要相談。
※最初に選んだものが在庫切れになってしまう時があるので在庫も要チェック。
⑥工事会社による取付け。
⑦完成

無料資料請求はこちらから