おしゃれな平屋に住みたい!デザインや間取りのポイントは?

2,796 view

平屋の家は壁のデザインやカラー、窓の大きさ、使っている素材などによってスタイリッシュでおしゃれに仕上げることができます。注文住宅として建てる場合はこれらの希望を業者に伝えると、理想通りの家に仕上がります。
しかし、初めて注文住宅で家を購入する場合、おしゃれな平屋にするにはどのようなデザインにすべきかわからない人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、デザインや部屋の間取りをどのように考えれば良いのか参考にできる情報を紹介します。

 

おしゃれな平屋の外観とは?

平屋建ての建物は2階・3階がないため居住スペースが横に広く取られています。そのため、外壁がより目立ちやすく、その家の印象を大きく左右します。外壁の色や質感などがおしゃれな平屋の大きなポイントです。
色の与える印象としては、白の場合は変わらないクリーンな印象をアピールでき、黒やグレーの場合はシックで落ち着いた印象となっています。さらに、色はツートンカラーにする方法もあります。単色では表現しきれない自分のイメージを、複数の色を使って表現可能です。

また、外観の印象は外壁材によっても変わってきます。柄やデザインの種類が豊富な窯業系サイディングという外壁であれば、好みの色も選びやすいので、自分が持っている家のイメージを伝えやすくなります。
さらに、金属系サイディングボードの場合はシャープな印象のものが多く、スタイリッシュで金属感を感じさせる外壁材です。他にも、おしゃれな平屋にするには外壁だけでなく、屋根にもこだわってみましょう。
屋根にもいくつか種類があり、片流れ屋根や陸屋根などがあります。好みの種類を選べるので、外壁とのバランスを考えなければなりません。

 

おしゃれな平屋のテラスとは?

平屋ではテラスも目立つポイントとなっているので、おしゃれに仕上げるにはこだわる必要のあるポイントです。具体的には、おしゃれ感をアップしつつも実用的なテラス・ウッドデッキがあります。もうひとつのリビングとして多くの家庭で取り入れられ、家族の憩いの場としても活用できます。
さらに、洗濯物や布団干しなど家事にも活躍するため実用的です。導入する際の注意点として、周辺の自然環境をチェックしておくことが挙げられます。自然が豊かなエリアに家がある場合、虫や野鳥などが近寄りやすくなります。
蜘蛛の巣や鳥の糞などが落ちていると、処理しなければなりません。手入れが面倒でうまく活用できない恐れもあります。

また、テラスと同時に庭をデザインする際は、メンテナンスや樹木の成長も考慮しておきましょう。木を植えたときは小さな苗木でも成長すると、ウッドデッキに干渉することや、デザイン的にマッチしないケースもあります。
さらに、成長するとメンテナンスにも手間がかかるので、将来的にどのように管理していくのかを考えることは大切です。

 

おしゃれな平屋の内装とは?

内装のデザインにはいくつか種類があります。吹き抜けに近いイメージにしたい場合は、あえて柱や梁をむき出しにすることで、古民家のようなデザインにできます。落ち着いた雰囲気があり、リビングへ取り入れると家族がリラックスして過ごせる空間を作ることが可能です。木材には濃い茶色を使用すると、より古民家らしさを強調できます。
また、柱や梁を隠す場合では、天井付近を照らす間接照明を取り入れてみましょう。室内が明るく、広いイメージになります。間接照明はインテリアや家具と合わせて取り入れると、よりおしゃれな雰囲気を楽しめます。

また、屋根に近い部分には横スリット窓を設けてみましょう。こうすることで家の中から天井を見たときに、室内に縦の広がりが感じられ、より空間が広く見えます。
特に、プライバシーを保ちたい寝室では、空間を広く見せるための窓を取り付けるのが難しいです。このような場合に横スリット窓を取り入れて、広い寝室にしてみましょう。

 

他にも気を付けるべきポイント

平屋は生活で使用する部屋が連続している建物です。そのため、部屋の数を必要以上に多くしたり、複雑な造りにしたりしてしまうと、風が通りにくくなる恐れがあります。周辺の建物や自然環境などを確認し、季節ごとの環境変化に応じて風を取り入れられる間取りを意識しなければなりません。
風通しが悪くなると、匂いや湿気がこもってしまうほか、カビを繁殖させるケースもあります。具体的な対策方法は、空気を逃がす窓を高い位置に配置して、低いところには地窓をつけて空気を取り入れる方法です。暖かい空気が部屋の上部に集まる性質を利用した方法となっています。

また、プライベート空間への配慮も忘れてはいけません。風通しのために窓を多く配置しすぎてしまうと、間取りによっては生活感が外から見えてしまうこともあります。
さらに、近隣の音が全て室内に入ってくるなどのリスクもあるため、間取りは十分に考慮しましょう。外から見えないようにするには、周囲を壁で囲う以外にも、植物を配置して室内を見えないようにする方法もあります。外観のおしゃれにもなる対策方法となっています。

最後のポイントは土地を無駄なく活用することです。平屋で生活に必要なすべての機能を備え付けるには、2階建て以上の家よりも広い土地が必要になります。そのため、土地の確保に大きなコストがかかってしまいます。
少しでも余計なコストを抑えるためにも、土地を効率的に活用することが重要です。必要な部屋数や面積、求める条件などを全て洗い出してから業者に依頼しましょう。

 

おしゃれな平屋の例

おしゃれな平屋には、モノトーンカラーや木材を活かして自然に溶け込ませた外観などがあります。モノトーンカラーの平屋では屋根から外壁を全て真っ黒なカラーで塗り、室内は白をベースとした内装にしています。
この黒と白のコントラストが現代的でおしゃれな雰囲気です。窓を大きくすることで、外観から室内のカラーを見えやすくしていることがポイントとなっています。
次の木材を活用した平屋は自然環境が豊富な場所に建てることで、より環境に馴染むよう工夫された家です。柱やテラスに木材を多用して木目がわかるようにしています。さらに、壁のほとんどが窓になっているので、古臭さが感じづらい設計です。

他にも、曲線を活かしたユニークなデザインの家もあります。平屋の家といえば直線的で長方形の造りをイメージされがちですが、この家は丸みがかった造りになっています。
外観だけでなく内観までもしなやかなカーブを描いており、個性的でおしゃれな家です。室内には外の光が差し込むよう造られ、光と曲線が合わさるようになっているため、柔らかい空間が演出されています。

 

デザインにこだわりのある平屋を!

平屋の家は2階・3階建ての家にはない魅力を引き出すことができます。注文住宅であれば、その魅力をより一層引き立てられるほか、自分のイメージや個性をそのまま反映させられます。
壁のカラー・デザインや素材などを工夫すると、おしゃれに感じられるデザインにすることも可能です。せっかく平屋の家を建てるのであれば、こだわった造りの家を建ててみましょう。

 

フリーダムには「家づくり」に関する各種相談窓口がございます。
家づくりを検討されている方、土地をお探しの方、新築・中古問わず住宅の購入を検討されている方、すでにフリーダムとご契約されている方など、どのようなご相談にも無料でお答えいたしますので、お気軽にご相談ください。

◆◆「フリーダムが手掛けたデザイン住宅の作品集を今なら無料でお届けします。

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事