完全分離した二世帯住宅!特徴やポイントまとめ

3,321 view

二世帯住宅とは親の世帯と子の世帯といった具合に、2つの世帯が生活することを前提に建てられた住宅のことです。しかし、二世帯住宅と一言でいってもいくつかの種類に分かれます。
その中でも、特に注目を集めているのが完全分離型の二世帯住宅です。現代的な価値観や実情にマッチしているといわれるタイプの住まいですが、具体的にどういったものかがよく分からないという人もいるのではないでしょうか。そこで、まずはその特徴について紹介をしていきます。

 

完全分離型の二世帯住宅って何?

かつての二世帯住宅は親世帯と子世帯が同居し、寝室や個室以外はすべて共有スペースというのが一般的でした。いわゆる同居型二世帯住宅といわれるものです。また、玄関やLDKなど、住まいの一部を共用している一部共用型二世帯住宅というものもあります。しかし、親世帯や子世帯では食事や入浴の時間といった基本的な生活リズムが異なります
。同居型や一部共用型ではそのことがストレスとなって蓄積されていくことになりかねません。個人の価値観を大切にする現代においては特にその傾向が顕著です。そこで、お互いの暮らしに干渉しないでも生活できるようにと作られたのが完全分離型の二世帯住宅というわけです。

具体的な造りとしては、2階以上の建物を建てて階数で分ける方法と壁を隔てて左右に分ける方法があります。いずれにしても、外への出入り口はそれぞれ別にあり、屋内から直接行き来ができないようにしてあるのが特徴です。
そうすることで、同じ屋根の下に住みながらもお互いのプライバシーを確保することができるのです。さらに、中には同じ敷地内に2つの建物を建ててそれぞれ別に暮らすというパターンもあります。これも完全分離型二世帯住宅の一種です。

 

共用部分を作るのは避けたほうが良い?

二世帯住宅を建てる際には完全分離型だけでなく、同居型や一部共用型を選択するという手もあります。しかし、それらのタイプの家で暮らしてみると不具合が生じる場合が少なくないので注意が必要です。
たとえば、生活時間のずれもその一つです。一般的に、高齢の親世代というのは早寝早起きになりがちですが、働き盛りの子世帯は夜遅くに就寝というパターンが少なくありません。そうなると、親は「物音が気になってよく眠れない」、子どもは「親に気を使って食事やテレビなどが楽しめない」などといったことになってしまうのです。

また、価値観の違いの問題もあります。世代が違うと考え方にかなりの差が生まれ、ときにそれがぶつかり合うことになります。これが職場などの場合なら仕事の時間だけ我慢するといったこともできますが、生活の拠点となる家の場合は話が別です。
くつろぎの空間であるはずの家庭で精神的な我慢を強いられると、ストレスは蓄積される一方になってしまいます。しかも、家を建ててしまったあとでは、不具合が多いからといってすぐに他の住居に移るというわけにはいきません。
したがって、どうしても同居型や一部共用型にしたいという場合はそういった問題点をクリアできるのかをよく考える必要があります。

 

完全分離型の二世帯住宅にするメリット・デメリット

二世帯住宅に住んでいた場合、親が亡くなるなどして人が減ると、家が無駄に広くなってしまいます。そのときは家を売却して適当な広さのマンションなどに引っ越すのも一つの手です。あるいは賃貸住宅として活用するという選択肢もあります。
ただ、それがもし、同居型や一部共用型の二世帯住宅だったとすると、なかなか買い手や借り手がつかない恐れがあります。
なぜなら、現在においては大家族で暮らすという人自体が少なく、家そのものが世間一般の需要とマッチしていないからです。

その点、完全分離型の二世帯住宅ならさまざまな活用法が考えられます。買い手が「1階は自分が住んで2階は借家にしよう」と考えるかもしれませんし、自分がそこに住み続けて余った一世帯分を借家にして入居者を募集することもできます。
また、忘れてはいけないのが相続の問題です。たとえば、親が亡くなって兄弟2人でその家を相続する場合でも、完全分離型なら一世帯ずつ分かれて住むことが可能です。
もちろん、同じ屋根の下に住んでいてもお互いのプライバシーを保つことができるのも大きなメリットだといえるでしょう。

一方で、完全分離型の二世帯住宅にはデメリットも存在します。それはコスト面です。生活空間が2つに分離しているという事実はキッチンやトイレなども別々に用意しなければならないことを意味します。
すると、住む人数は同じでも、普通の住宅と比べて2倍の設備コストがかかることになります。予算に余裕がない場合、これは大きなネックだといえるでしょう。

 

完全分離型にする場合の注意点

完全分離型の二世帯住宅を建てる場合に忘れがちなのが電気・ガス・水道・電話といったものの分離です。もし、それを忘れると毎月の光熱費や電話代などが2世帯まとめて請求されることになります。せっかくお互いのプライバシーを尊重して生活をしているのにそれではよけいな気を使ってしまいます。
ちなみに、一度家が出来てから分離するというのはかなりの手間です。一方で、それらを分離するとメーターなどを2つ設置しなくてはならなくなり、基本料金も個別にかかるなど、コスト面での問題が出てきます。したがって、この件に関しては設計前に家族と話し合って十分に検討することが大切です。

また、完全分離型だからといって、互いに全く交渉がなくなってしまうと寂しい家になってしまいます。一つ屋根の下に暮らしているだけに、交渉が途切れることで孤独感を際立たせてしまうのです。
二世帯住宅だからこそ、ある程度のコミュニケーションは必要になってきます。そのためには、完全な没交渉状態に陥らないような工夫が必要です。たとえば、庭をゆるやかにつなげたり、週に数回は一緒に食事をとったりするのです。そうすれば、お互いに程よい距離感をキープすることができるでしょう。

 

失敗しないためのポイントは?

完全分離型の二世帯住宅を建てる際、特に重要なのがお互いの視線が合わないようにすることです。なぜなら、プライバシーを重視した家づくりをしたつもりなのに中庭から別世帯の部屋の中が見えたりすると、不快に感じてしまうからです。
そうならないように、あらゆるケースをシミュレーションしながら窓やドアの位置を決めていきましょう。特に、玄関のアプローチはそれぞれの世帯が顔を合わせない位置にすることが大切です。

一方で、コミュニケーションを取りやすい造りにすることも忘れてはなりません。そもそも、全くコミュニケーションが必要ないのなら、二世帯住宅にする意味がなくなってしまいます。二世帯住宅の良さを活かすためにも、プライバシーを確保しつつ、コミュニケーションが取りやすい空間づくりをしていくことが重要なポイントとなります。

また、建設費用などのイニシャルコストについては慎重に検討する人でも、家が完成したあとのランニングコストについてはその存在自体を忘れがちです。
しかし、家というのは完成してしまえばあとは無料で住めるというものではありません。各種税金を払い続けなくてはなりませんし、メンテナンスも定期的に行う必要があります。いざそのときになって揉めることがないように、ランニングコストを誰がどのようにして払うかは事前によく話し合っておきましょう。

 

納得のいく二世帯住宅にしよう!

完全分離型の二世帯住宅には多くの魅力が存在します。ただ、2つの世帯が同じ家で別々に暮らす形となるため、実際に建てる際には全員での話し合いが重要になってきます。
その上で、それぞれの世帯がお互いに納得のいくコストやデザインを考え、みんなが納得できる理想の家を造り上げていきましょう。

 

フリーダムには「家づくり」に関する各種相談窓口がございます。
家づくりを検討されている方、土地をお探しの方、新築・中古問わず住宅の購入を検討されている方、すでにフリーダムとご契約されている方など、どのようなご相談にも無料でお答えいたしますので、お気軽にご相談ください。

◆◆「フリーダムが手掛けたデザイン住宅の作品集を今なら無料でお届けします。

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事