新築一戸建てのお風呂で後悔… 失敗例と対策方法

116,217 view

新築一戸建てを建てる際には、リビングやキッチンだけでなく、お風呂のこともしっかり考えましょう。

カタログやショールームでお風呂の実物を見ていると、ついついあれも欲しい、これも欲しいと思ってしまいがちですが、実際使い始めてみると失敗したと感じやすい場所のひとつです。
家族全員が使うスペースですし、1日の疲れを取るくつろぎの空間でもあります。
そこで、多くの人が陥りやすいお風呂づくりの失敗例を紹介するとともに、実際に家を建てられた方に聞いたお風呂づくりで成功するポイントなどを解説します。

どんなポイントで後悔する?お風呂で大失敗する例

お風呂で失敗するポイントにはいくつかパターンがあります。
例えば、広さの問題。新築ですから、リフォームとは違い、限られたスペースに押し込む必要はないはずです。
しかし、実は居住空間から優先的にスペースを取っていくと、お風呂のスペースは案外狭くなってしまいます。
「せっかくくつろぎのスペースにしようと思っていたのに、最終的には妥協してしまった」という場合は、特に後悔しやすくなるので注意が必要です。
また、お風呂は入るときのイメージばかりで、掃除が必要になることを考えずに選んでしまうのも失敗パターンです。
お風呂は入るたびに掃除が必要になりますし、湿気がこもりやすい場所ですからカビ対策も必要です。
浴槽や壁の色や素材の中には、汚れが目立ちやすく掃除しにくいものがあります。
さらに、お風呂の間取りも失敗しやすい点のひとつです。お風呂の設置場所次第では周りの部屋もカビが生えやすくなってしまいますから要注意です。

実は要らなかった!?設置不要なオプション例

カタログに載っていると、何だかよさそうな感じがして設置したくなってしまうのがオプションです。
お風呂の場合も、あると便利そうだと思って付けてしまいがちですが、実際に住み始めてみると案外使わないオプションもたくさんあります。
たとえば、浴室のテレビもそのひとつ。家族が多い場合、誰かが浴室でゆっくりテレビを見始めたら、次の人が入れなくなるという事情で、禁止されるケースが少なくないようです。
また、夜遅い場合も、お風呂でテレビを見ていると音の問題があります。同じような理由で、浴室のラジオや音楽設備は使わないことが多いようです。
ミストサウナも一見よさそうですが、使う機会が少ないという声が目立ちます。もちろん、浴室暖房や浴室乾燥、保温浴槽のように意見が二分するアイテムもあります。
それぞれの家の家族構成や生活パターンによって、必要なものと不要なものが異なりますから、魅力的なオプションが見つかっても、一旦冷静に普段の生活を振り返りましょう。
後付けが可能なオプションもありますから、本当に必要なものだけに絞ることも大切です。

どんなお風呂が理想的?新築での成功例

お風呂の場合、カビが生えにくく掃除がしやすい壁や浴槽を選ぶと満足度が高いようです。
お風呂に入っているときの快適さも大事ですが、綺麗な状態を維持できなければ気持ちよく入浴できません。
毎日の掃除が楽という点は大事なポイントになります。
しかも、お風呂は広すぎず狭すぎない適度な大きさを選ぶことが大事です。
大きいお風呂に憧れて、必要以上に大きな浴槽を入れてしまうと、水道代やガス代がかかり過ぎてしまいます。
逆に、コストを重視しすぎて、狭いお風呂で妥協してしまうと、「やっぱりもう少し大きくしておけばよかった」と感じやすくなります。毎日使うことを考えると、快適さとコストの両面から浴槽や浴室のサイズを考える必要があるでしょう。
また、お風呂はある程度の年月はそのまま使い続けるものです。
バリアフリーや手すりを付けておいてよかったというケースも少なくありません。いかにも手すりというものではなく、いざというときには身体の支えになるというものであれば、見た目も損なわずに設置できます。

新築のお風呂の失敗を徹底回避!成功するための方法は?

最後に、新築一戸建てを建てる際に、お風呂づくりで満足感が得られるポイントは何なのかアンケートを取ってみました。

窓と広さと掃除のしやすさがポイント

◆窓は必ずつけたほうが良いと思います。換気扇だけだと湿気がこもりカビが発生します。(50代/会社員/男性)
◆シンプルにすること。オプションをあれこれつけてもほとんど使わないし、掃除のときに邪魔になるだけだから。(20代/無職/女性)
◆広さ・換気・水はけなどこだわる。もしできることなら実際に使っているお風呂を見学させてもらう(友人宅等)水のない状態ではわからないことも多い。(40代/専業主婦・主夫/女性)
◆広くしたほうが良いと思います。予算を削る場合は浴室を削らないほうが良いと思います。(50代/会社員/男性)
◆将来のことを考えて脱衣所とお風呂場の段差を少なくする。水垢が目立ちにくい色やデザインにする。(20代/会社員/女性)

【質問】
新築一戸建てのお風呂で失敗しないためのコツはなんだと思いますか?

【回答結果】
フリー回答

調査地域:全国
調査対象:20代以上の男女
調査期間:2017年03月31日~2017年04月06日
有効回答数:172サンプル

皆さんのコメントを見ると、いくら換気扇で換気できても窓はつけたほうがよいという意見が目立ちました。
また、浴室や浴槽は広めを推す声が多いようです。

全体的にお風呂の予算はケチらないほうがいいという意見でした。
ただし、オプションは後付けが難しく、実際に使う物だけを選んで付けるというのがポイントになるようです。

色や材質は掃除のことを考えて選ぶこと、できるだけ実物を見て選ぶことなどもお風呂づくりを成功させるためのポイントとして挙げられていました。

お風呂は1日の疲れを癒すところとしてしっかり予算を充て、長く使うことも考慮して選ぶことが大切なようです。

お風呂をできるだけ広く見せるような間取りにしよう!

LDKや収納などと比較すると、お風呂は二の次になりがちな空間です。しかし、家族全員が使う共有空間でもあり、1日の締めくくりとしても気持ちを切り替えられる大切な空間でもあります。
少しでも快適にするための工夫や、洗面室などと合わせて家事動線計画も併せて検討してみると、より豊かな暮らしを実現することができます。

フリーダムがお届けする住宅作品集では、約40例の自由設計で手がけた住宅実例を、写真・間取り・価格と共にご紹介しています。
今後の家づくりのご参考にもしていただけますので、ぜひお手に取ってご覧になってみてください!

◆◆フリーダムが手掛けたデザイン住宅の作品集を今なら無料でお届けします。

◆◆フリーダムの浴室実例をチェック

◆◆セミナーの情報はこちら

関連記事:

新築住宅はよく吟味して決めるべき!?ありがちな失敗事例特集

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事