お客様の声 | 【Dさん邸】自分達らしくシンプルに自然体で過ごせる住まい。

1,434 view

「関西に住む妻の友人宅がカッコよくて、私も生き方を形にした家を建てたいと思ったんですよ。」

 

真新しい個性豊かな家が立ち並ぶ新興住宅街で、シンプルながら洗練された外観が印象的な住まいを建てられたDさん。
今回は、周りの景観を取込みながら開放的な住まいが完成するまでの家づくりエピソードを伺ってきました。

 

◆◆Dさん邸の建築実例はこちら

 

「家づくりのきっかけは、フリーダムさんで家を建てた私の友人宅に遊びに行ったことです。フリーダムさんのこともその時に知りました。
当時はまだ家づくりを具体的に検討していたわけでもなく、マンションや建売戸建てという選択肢もある状態でした。
でも、友人宅を見て主人がとても気に入り、注文住宅へと一気に傾いたんです。」

 

いつかはと考えておられた家づくりが、具体的に動き出した瞬間だったそうです。
家づくりの方向性が注文住宅を建てることで決まり、ご主人様があるものを作成されました。

 

「コンセプトシートを作成して、建築家の方々が集まるイベントや住宅会社など、どこに行くにも持参して話を聞いていました。このシートの奥にある価値観を共有したかったけれど、なかなか思うように進みませんでした。
その頃に、妻の友人宅を担当された方が、関東へ転勤になると聞いて相談予約をしました。初日に、“この人となら阿吽の呼吸で家づくりが出来る!”と感じたのが決め手でした。」

形になっているものがないご要望を伝えることはなかなか難しいもの。クリエイティブ関連のお仕事をされているご主人様はその難しさを感じていたため、ご自身の意思を視覚化したコンセプトシートを作成していました。
複数のプラン依頼をする中、フリーダムの設計担当者との感性が合ったことが決定打になったようです。まだ候補となる土地をお持ちではなかったため、土地探しから始められました。

 

「土地探しで重視したポイントは、関西へ帰省がしやすいアクセスの良さと都心からは少し離れた立地を希望しました。
主人の実家から近いこのエリアは、これから発展予定があり地下鉄のターミナルとして利便性も上がっていく予定があるので選びました。この土地に出会うまでに20件ほどを見学しました。」

 

土地の購入を決断される前に、フリーダムの担当者も一緒に現地を見学。帰りに近場のカフェで、複数ある候補区画にプランを描きDさんのイメージと照らしながらディスカッションしたそうです。「この時に、プランを描く基本を教えてもらい自宅でIllustrator(イラストレーター)を使ってレイアウトの検討をしました。」と、当時のデータを見せてくださったご主人様。

「土地の決め手になったのは景色です。建ぺい率が40%というのはネックでしたが、建てたい家のイメージを実現できると思い、場所を優先して決断をしました。
土地探しをする際には、家のイメージを持って探すのが大事だと思います。土地の購入だけが先行してしまうと、叶えたいことが実現できないこともありますから。」

 

当時はまだ造成中の土地だったそうですが、立地が気に入り購入を決断されたそうです。

 

「できるだけシンプルな住まいにしたいと思っていました。その中で自分達らしい生活を過ごせるように、BBQのできる庭、広い土間、一人の時間を持てる書斎は押さえておきたかったんです。
土間については、Pinterest(ピンタレスト)でお気に入りの通り土間写真を持っていたので、それを叶えられるプランを検討していました。」

 

◆◆Dさん邸の建築実例はこちら

 

高台の土地であることと、一段下がった隣地との間に抜け感があることから、景観を活かした間取りで計画されたようです。しかし、建ぺい率が40%と限られた面積にしか建物を建築できない土地条件。理想を叶えるポイントは何だったのでしょうか?

 

「最初はネガティブポイントだと感じていました。でも、広いと感じるか狭いと感じるかは、人が感じること。
本当に広いと感じるのは、畳数などで表せる物理的な広さではなく、視覚的な広さが大事だと思ったときから楽になりました。
それからは残りの“60%をどう使うか?“を考え、設計を進めました。」

 

家づくりをする際、多くの方は“建てられる面積をどう使うか?”に視点を向けられることが多いですが、Dさんは“建てられない面積をどう活かすか?”と視点の向きを変えることが理想を叶えるきっかけだったようです。

 

「間取り決めは、庭と駐車スペースが決まっていたので必然的に決まりました。広さを決める時には、部屋の目的にフォーカスしました。
例えば、寝室だと寝る場所なので天井の高さは必要ないと思い、上部に生まれたスペースをロフト式の収納とするなど工夫しました。2階の広いスペースは、あえて部屋ではなく、壁を全て取っ払ったフリースペースにしています。
将来的に仕切れるようにはしていますが、仕切り方や使い方は子供の創造性に任せ、自由に発想できる真っ白なキャンバスのような場所にしています。」

 

「何部屋あるの?と聞かれると実は困るんです。一般的な〇LDKという表現では、表せないですから。」不動産の常識や、固定概念にはまらない自由な発想で生まれた柔軟性の高い間取り。
現在は、雨の日にお子様が走り回れるスペースとして、また来客された方の就寝スペースとしても活躍しているそうです。

「内外装決めは、こんな風にしたいというシートを作成してそれをもとに打ち合わせしながら進めました。建築のことは、家づくりを始めてから勉強をしたのですが、玄関が意外と大事であることに気づきました。
ファーストインプレッションで、広いと思えるかで家の広さの印象が変わるということだったので、広い玄関を計画しました。
ポイントは2つで、一つ目は抜け感を作ること、二つ目は天井を高くすることです。そのため、玄関に吹抜けを設けたのですが、これには家全体を緩く繋ぐ目的もあります。
吹抜けが全ての部屋に繋がっているので、キッチンと書斎の離れた場所にいてもコミュニケーションをとることが出来ます。」

 

奥様のこだわりで吹抜け上部に設けられた小窓。この小窓は寝室と繋がっており、将来お子様が成長され帰宅が遅くなった際も会話が出来るようにと考えられたそうです。

◆◆Dさん邸の建築実例はこちら

 

「外観決めで重視したポイントは、“何年たっても新しい家”。要素を極限まで減らしてシンプルに、古くならない佇まいにしたいと思っていました。
デザインは、設計者さんが一番初めに提案してくれた窓のない外観が気に入り決まっていたのですが、素材で迷いました。コンクリート打ちっぱなしにしたいと思っていたので、サイディングでは本物感が薄れてしまって見送りました。
もっと自然な感じに仕上げたかったのですが、ミーティアという塗り壁が気に入って、これに決めました。自然の塗りムラを活かした照明計画もこだわりです。」

 

外壁の色決めでは、時間帯を変え何度もサンプルを並べ検討を重ねたと語るご主人様。夜景ではこだわりの照明で、絵画のような作品としての存在感がある佇まいに仕上がっています。
順調に進んでいた家づくりですが、着工が近づいたころに思わぬことが起こりました。

 

「造成が完了した土地が、思っていた以上に接道との間に高低差があることが分かったんです。
外観のデザインや家の配置を変えずに、接道から家へのアプローチをどのようにするか悩みました。
造成完了前の土地を購入するときは、土地と接道の高低差や電柱、防犯灯の位置まで確認することが大事だと思いました。」

 

◆◆Dさん邸の建築実例はこちら

 

これから家づくりをご検討される方の参考にしてもらいたいと、造成中の土地購入の注意点について語ってくれました。
人気のある新興住宅街での住み心地を伺うと、奥様からお話をいただけました。

 

「寮の良いとこ取りをしたような感じです。ご近所も家が完成したばかりで、入居したタイミングや子どもの年齢、親の年齢も近いのでとても仲が良いです。
日頃から、足りない調味料を補い合ったり、外出時に見知らぬ人が来訪しているのがインターホンの録画に残っていても、セールスの人だよと教えてもらったりと、良いお付き合いができています。」

 

新興住宅街ではコミュニティを築きやすい特長がありますが、イベント情報や病院情報なども共有してもらえるため、子育て世帯の方には特にオススメというお話もいただけました。

 

最後に現在の暮らしについて伺い、ご自宅に点数をつけていただきました。

 

「85点です。後付けで太陽光を付けようと業者に依頼をしたところ、配電盤や配管等で収納を犠牲にするところが出てきたので、そこだけは事前に確認しておけば良かったと思う点でした。
太陽光を検討する場合は、後付けであっても設計段階から検討をしておくことをオススメします。ただ、暮らしについては満点です!
叶えたかった庭でのBBQをするときは、テントを出してミニキャンプのようにするなど、色々な楽しみ方を満喫しています。」

細部までこだわり抜いたDさんならではのお住まいでは、ご家族だけでなく地域の方々とのコミュニケーションも楽しみながら、豊かな暮らしを育んでいます。

 

◆◆Dさん邸の建築実例はこちら

◆◆フリーダム公式Instagram【freedom.architects_official】

 

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事