お客様の声 | 【Mさん邸】半屋外空間が創出する心地良さに包まれた住まい。

1,037 view

多くの人が行き交う活気ある街並み。最寄り駅から少し歩いた先には、子供達がグラウンドで元気に遊ぶ声が聞こえてくるような、落ち着いた雰囲気の住宅街が迎えてくれます。
そんな街で理想の住まいを叶えられたMさんに、家づくりのエピソードを伺ってきました。

 

◆◆Mさん邸の建築実例はこちら

 

「家づくりのきっかけは子供が出来たことで、実家の近くに引っ越すことを検討していました。
その際に、両親から家づくりを薦められたことと、“子育ては戸建て住宅で“というイメージを持っていたことから、戸建てでの家づくりに決めました。
分譲マンションはランニングコストの面で候補としては考えていませんでした。」

 

マンションを購入すると毎月住宅ローンの返済以外にも、修繕管理費用や駐車場代などの費用が必要になります。
戸建て住宅でも修繕費用は必要ではありますが、月々の額が決められていない分、その月の家計に合わせて自由に貯蓄をしていける点は魅力のひとつです。

 

「家づくりを決めてからは、当時住んでいた近くの住宅展示場に行き、見学をしていました。実は、知人がフリーダムさんで家づくりをしていたため、フリーダムさんのことは家づくり前から知っていました。
カッコイイという印象が残っていたので、ホームページにアクセスしたのですが、実例を見ていると様々な価格帯に対応されているのだと感じたことをきっかけに相談に行きました。
その場で、手書きのプランを描いてくれたことや、話を聞いていくうちにフリーダムさんで建てる魅力を感じ、家づくりを依頼することを決めました。」

住宅会社探しをしながら土地探しも始められていたMさん。住宅展示場を訪れた際に、土地紹介を受けたことをきっかけに、土地情報集めもされ始めました。

 

「土地探しでは、ポータルサイトをよく見ていました。実家に遊びに来る時に土地見学もしていましたね。
この土地は、実家のポストに広告が入っていたことをきっかけに知ったのですが、駅までの距離や土地勘がある場所でしたので、気になり連絡をしました。
広告の内容では、希望の価格と合わなかったのですが、土地の広さを小さくする交渉が出来たので、この土地に決めました。」

 

広い土地を分割し売り出しをしている場合、売り出し開始から間もないタイミングであれば、土地の広さを調整する交渉が出来ることがあります。
Mさんは、タイミングよく不動産会社にコンタクトを取られていたこともあり、希望する広さの土地と予算のバランスが取れた土地購入をされました。

 

◆◆Mさん邸の建築実例はこちら

 

「家づくりでテーマにしたことは、“雑誌に載るようなお洒落な家”です。
特集の内容によっては家づくりの雑誌も見ていましたが、洋服やライフスタイルなどの雑誌を見ていることが多く、その中で掲載されているような家に憧れていました。
間取り決めでは、SICを希望していたこともあり、2階リビングを薦めていただきましたが、子供が帰宅後に必ずリビングを通る動線にしたいと考えていたので、1階リビングにこだわりました。」

 

家族の集まるLDKは、なるべく広く取りたいと希望される方は多くおられます。しかし、SICのように人が入れる空間が必要になる収納室はスペースを取るため、居住空間を圧迫してしまうことがあります。
Mさん邸の場合、建てられる広さと希望されるLDKや寝室などの所要室に必要な広さのバランスを検討したところ、2階にLDKを配置することで居住空間が有効に活用できたため、初回プランでは2階LDKの提案になっていました。
そこで、希望する家の機能と暮らしのイメージを検討され、SICを採用しないことで、居室とLDKの面積配分バランスをとられました。

 

「叶えたいと思っていたことは色々とありましたが、その中でもウッディな空間にすることにこだわっていました。
特に床は、木の自然なムラ感を出したいと思っていたので、素材選びでは「ワックスなどのツヤ感がない」、「マットな質感のもの」、「無垢材のような肌触りのもの」という条件にこだわり採用しました。」

◆◆Mさん邸の建築実例はこちら

 

吹き抜け部分の壁材にアクセントでラワン合板を採用され、木の温もりを感じる心地の良い空間に仕上げられています。

 

「内観を決めていく際に気にしていたのは、掃除のしやすさです。
共働きなので、電気はダウンライトを採用するなど、埃がたまらないような空間づくりをしました。
唯一、吹抜けのシーリングファンだけは、幼い頃に友人の家で見て憧れがあったので採用しています。その他に気にしていたところと言えば、リビングと階段の間やトイレと洗面所の間に扉を設け、臭いが空間に広がらないようにしたことです。」

 

これまで取材をしてきた中で、掃除のしやすさという点を特に意識していたという話は伺ったことはありませんでしたが、共働きのご家庭にとって実用性へのこだわりは、家づくりにとってとても大事なことだと感じさせてもらいました。

 

ここまでお話を伺い、とてもスムーズに家づくりをされている印象を受けたため、悩まれたポイントを伺ってみると「とんとん拍子で決まったので・・・。私たちどこで悩んでいました?」と当日同席していた担当者へ質問されながらも、当時を振り返っていただけました。

 

「漠然とこんな感じがいいなというイメージは持っていて、フリーダムさんの過去の実例などを参考にイメージを伝えていました。
それに合わせて、内外の提案を頂けたのがどれも好みだったので、悩むことがなかったように思います。
当初に思い描いていた家よりも、スタイリッシュでカッコイイ家になったなと感じますね。」

完成宅の仕上がりに納得の表情でお話してくださったMさん。担当者からの提案をベースに、ショールームやサンプルを見比べ進められた家づくりの過程を楽しんでいただけたご様子が伺えました。

 

「家づくりで印象に残っていることは、完成宅を見た時です。引渡前の施主検査時が完成形を初めて見た時なのですが、街並みを俯瞰的に見てもカッコイイ家に仕上がったなと思ったことを覚えています。
もうひとつは、バルコニーの外側にも外壁を付けるという提案を頂いた時ですね。
私たちでは思いつかないアイディアを頂けたなと感じています。」

◆◆Mさん邸の建築実例はこちら

 

駐車スペースと家の間に1/2階分ほどの高低差があるMさん邸。高低差の部分に外壁(そとかべ)を張り下げることで、デザイン性を高めるだけでなく、バルコニーが半屋外空間となり、内部の居心地の良さが高められています。
普段どのように半屋外空間を使われているのでしょうか?

 

「2階の外部空間は主に洗濯物干し場として活用しています。
1階は夏に子ども用のプールを広げて楽しんでいます。他の使い方もこれから試したいと思っているところです。」

半屋外空間のサイドには植栽を植えられており、木々が成長するたびに木洩れ日や風と共に揺らめく影が、オアシスのような心地の良い空間となる。
年月を積み重ねていくのが楽しみな空間に仕上げられています。最後に、ご自宅のお気に入りポイントを伺ってみました。

 

「お気に入りの空間はリビングと、TVボードと同じデザインで付けてもらった玄関のディスプレイボードです。
リビングでは、夜にソファに横になりながら上部の窓を見ると、星や月が見えるんですよ。
玄関のディスプレイボードには、趣味で集めているスニーカーを飾っています。」

お子様が走り回れる広々としたLDKやキッチンに取り付けた造作のカウンターなど、たくさんのお気に入り空間で満たされた完成宅での暮らしを満喫していただけているご様子です。
光と影が時間を知らせ、植栽が季節の移り変わりを告げる。
そんな自然を感じられる住まいで、Mさんご家族の暮らしが育まれています。

◆◆Mさん邸の建築実例はこちら

◆◆フリーダム公式Instagram【freedom.architects_official】

 

 

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事