お客様の声|住まい手の“今”と地域を繋ぐオープンハウス。

1,113 view

 

大きな繁華街も近く、交通の利便性も高い住宅街。住宅密集地ながら、敷地の裏手には抜け感もあり開放感の出せる土地で、建替えでの家づくりをされたMさんにお話しを伺ってきました。

 

「私の生家でもあった以前の住まいは、大きなリフォームを2回経験した築50年。白アリの被害などの老朽化も目立ってきたことで、リフォームを再度するか建替えをするかで悩んでいました。建替えにしたのは、老後の生活を考えコンパクトながら機能的な住まいにしたいと考えたからです。」

 

ライフステージの変化は、多くの方が家づくりを検討されるきっかけとして多いもの。Mさんご夫妻は、今の暮らしだけでなく先の暮らしを見通して、今回建替えという大きな決断をされたようです。

 

「建替え後は、街と近い距離感のある住まいにしたいと考えていました。住宅会社選びでは、プライバシーを重視しながらもどの場所も明るく過ごせるような高いデザイン性と、工期やメンテナンス性に不安のないハウスメーカーのような安心感を求めていました。フリーダムさんにコンタクトを取ったきっかけはWEB広告でしたが、以前に社長の書籍を読んだことがありました。建築家が作ったような家でありながら、機能性も重視していてバランスが取れる会社という印象を持っていて、実際に相談に行き、最初から竣工するまで設計の方と一緒に進められることに魅力を感じ依頼しました。」

インテリア関連のお仕事をされている奥様が、書店で平積みされていた「夢を叶えるデザイン住宅の建て方」をお手に取っていただいており、建替えを検討される前から知っていただけていたそうです。

 

「間取りを決めていく中で重視していたのは、ライフステージが上がり階段の昇り降りが厳しくなっても1階だけで生活が出来ること、夏場の南側から入る厳しい陽射しは避けられること、プライバシー性を保ちながらも外にも開けたオープンな空間にすることです。」

 

数多くあるフリーダムの実例の中でも類を見ないほど、空間を仕切る建具(扉)が少ないオープンな住空間に仕上がっているMさん邸。2Fは、寝室・中庭・リビングが直線上に配置されています。中庭に面して四方がガラスになっていることで寝室から視線の抜けがある敷地裏手まで、伸びやかに視界の広がる開放感の高い空間になっています。写真を拝見しているだけでも見どころの多いお住まいですが、特に驚いたのは1階と2階のどちらにも設けられているキッチンが収納される造りです。

「間取りの大きな変更は初期のプランからあまりしていませんが、キッチンは何度か検討を重ねました。初めは、対面式で考えてもいましたが、部屋の広さを確保しながら家具のレイアウトで空間の雰囲気を変えられる壁付けキッチンにしました。キッチンを収納できるように造作建具を設けているので、来客時は生活感が出ない造りになっています。」

 

取材に伺った当時は、中庭に面した窓の前にダイニングテーブルが配置されており、中庭の樹々や家の前を通る人の気配を感じられる空間で過ごされていました。この中庭は、前面道路との緩衝材のような空間となり内外のどちらからも人の気配を感じながらも顔は見えない造りで、デザイン性とプライバシー性が両立されています。

「素材決めでは、以前から使っていた家具をそのまま使うことにしていたこともあり空間のイメージを持っていたので、迷うことはなかったです。こだわりにしていた、内装の素材と色の組み合わせができたことで、”光の調整や家具の配置変化で楽しむ”ことが効果的になったと思っています。」

家全体がワンルームの様に繋がった空間ながらも、空間ごとに使い分けされた色や素材がメリハリを創出。動くごとに見える素材が変わり、目を楽しませてくれます。担当者は当時を振り返り、オープンで空間が連続した住まいのため素材をどこで切り替えをしていくかで、難しくも楽しい家づくりだったと話してくれました。

 

「外観決めでは、この家のテーマカラーにした“緑”をメインに際立つようにしました。建替えに当たって、以前の家にあった庭の緑を減らさなければならなかったので、その分の緑を感じる外観にしたかったからです。ファサード(建物正面)は、金属性のチャコールグレーと組み合わせて対比を楽しめるようにし、重くならない様に南側は明るいグレーにしました。」

全体を緑色にするのではなく一部に取り入れ、素材も変えることで、メインカラーが引き立った、目を引くデザインに仕上がっています。また、玄関扉もガラスの引き戸で気配を感じられる作りです。完成時期を意識しながら、時間の限り検討を重ねられ完成したMさん邸。住み始めてから、こんな風にしても良かったかな?と感じる空間があるのか伺ってみました。

 

「今の暮らしと、老後を考えた時の暮らしにあったぴったりサイズの中で、いろんな要望を叶えてくれたので、こうしておけば良かったと思うことはないですね。強いて言えば、コロナで在宅勤務をするようになってから、完全に仕切れる部屋がもう1つくらいあっても良かったかなと感じるくらいです。」

 

予想外に訪れた世界的に大きな変化のコロナ禍。Mさん邸では、リビングの一角を腰高より少し高めの簡易仕切りで、半個室のような空間にされていました。最後に、気に入っている空間や過ごし方を伺ってみました。

 

「主人は、寝室にお気に入りの椅子があり、そこに座って音楽をよく聞いていますね。私は、広く設けた玄関土間で、花の手入れや靴磨きをしている時間が好きです。その他にも、窓の開け方や、照明の付ける箇所を変えて、変化する雰囲気を楽しんでいます。」

 

広く設けられた玄関土間と1階の床との間には、腰を掛けやすいベンチ程の段差があり、座って作業が出来るほか、ちょっとした地域のコミュニティの場にもなるなど、住まい手と地域を繋ぐ空間にもなりそうです。

季節に合わせて衣替えをするように、ご夫妻の“今”に柔軟に呼応するオープンな住まいが、地域と住まい手を繋いでいます。

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事