お客様の声 |【山本さん邸】水・空・緑に抱かれて。運命の地で手に入れた〝終の棲家〟と思える住まい。

12,455 view

「どうしても、ここがいい」。ロケーションに惚れこんで始まったこだわりの家づくり。
志賀直哉・武者小路実篤・柳宗悦……近代文学史に輝く「白樺派」の文化人たちが、こよなく愛した千葉県の自然豊かな水辺のほとり。
山本さんご一家もまた、水と緑に彩られたのびやかな景観と、都心への好アクセスに魅せられて、この地に居を構えようと決めました。

 

「ふたりとも千葉の生まれで、結婚当時は流山おおたかの森のマンションに住んでいました。あのあたりは最近開発が進んだエリアで、利便性もいいしきれいに整備されて人気のある街です。でも、いつからか、もっと自然豊かなところで暮らしたいなという気持ちが湧いてきました」

 

お子様が生まれ、いつかマイホームを……という想いが高まったご夫妻がまずはじめたのは、自分たちが心からいいと思えるロケーション探し。
休日、趣味のスケートボードを楽しみがてらドライブして、海辺、山の手、都市部と県内のさまざまなエリアを見てまわったそうです。

 

「もともと柏のあたりがホームグラウンドですから、我孫子市はすぐ隣。でも近すぎて盲点だったのかもしれませんね。ふと思い立って訪れてみたら、この晴れ晴れとした景色に一発で魅了されてしまって、もうここしかない!ここがいい!と」

 

まさに灯台下暗し。土地を探しはじめて3年後、ご夫妻はついに運命の地とめぐりあったのです。しかし実は、惚れ込んだ土地は売地ではありませんでした。
地元の不動産業者に仲介を頼んでも、水辺と竹林の風情を愛する地主様は首を縦にふってくれません。
それでも諦めきれないと、粘り強く直接交渉すること約2年。山本さんの熱意にほだされた地主さんは、ついにOKを出してくれました。

 

「絶対にここがいい!という確信があったので、すでにこの場所を想定して、家のプランを考えはじめていたんです。家のスタイルが好みだったフリーダムさんにも、土地取得の前から相談させていただいていました。〝いずれ必ずこの土地を手に入れますから、眺望を満喫できる、とにかくかっこいい家を考えてください〟。そんなふわっとしたオーダーに、フリーダムの設計者が出してくれたファーストプランがまた、最高に好みだったんです」

 

かくしてできあがった住まいは、デザイン的には〝メガホンハウス〟と呼ばれる形状をしています。
公道側から歩いてきて眺めると、グレーとブラックのモノトーンで、開口の少ないシンプルモダンなフォルム。
しかし中に入り、階段をのぼってリビングに入ると、そこには驚きの景色が眼前に広がります。

◆◆山本さん邸の建築実例はこちら

 

見渡す限りの水と緑。遮るもののない大きな空。そしてまるで湖畔か高原の別荘のようなウッディーな室内から続くワイドバルコニー。
この晴れ晴れとした開放感と、インとアウトの印象のギャップが、メガホンハウスの真骨頂。
眺望に恵まれた土地でなければ、ここまでドラマチックな家づくりや演出はできません。

 

「設計者からの提案で、土地の形にあわせて沼とまっすぐ対面してしまうと、せっかくの奥行感が満喫できないから、への字の形にした変形メガホンでいきましょうと。
ああ、この人は僕らが大事にしたいツボをよく分かってくれてるな!って」

 

他にも、シンプルでありながらたっぷりとした造りつけの収納スペース、シンプルで機能的な水周りなど、ご夫婦のこだわりに応えた山本さん邸に、ご家族は120点の理想の家と太鼓判を押します。

 

「料理好きな人なので、キッチンの高さや使い勝手もふたりで考えました。私は和食が得意なんですが、彼はカレーやスペアリブなどにはまる凝り性なタイプ。
パーティの時なんか、張り切って腕をふるってくれます。
水栓器具などもショールームまで行って自分たちで選びました。
土地探しから考えるとずいぶん時間がかかりましたが、それも含めて、家づくりの楽しさを満喫できましたね」

◆◆山本さん邸の建築実例はこちら

 

出勤前に、リビングから続くウッドデッキでコーヒーを楽しむ。休日には家族や友人を招いてバーベキューパーティーを開く。
そしてご家族共通の趣味であるスケートボードを持って、沼のほとりの四季を満喫する。この家で暮らすようになってから、新たに知った楽しみや喜びが数え切れないくらいあると、山本さんご夫妻。

 

「丸一年暮らしてみて、満足度はますます高まるばかりです。きっと僕はこの景色に飽きることはないし、この家で幸せに一生を終えるんだろうなって、おおげさですけど、そんな気持ちになれるんです。僕の父はすごく真面目でルールに厳しいというか、厳格な人なので、好き勝手な生き方をしてきた僕の嗜好や価値観はあまり共感してもらえなかったと思うんですが、この家を訪ねてきたとき、ふと〝いい家だな。好きにやっても、いいんだな〟といってくれました。ああ、認めてもらえたんだなって本当に嬉しかったですね」

理想の土地に、理想の家を。山本さん一家の夢をかなえた、水辺のメガホンハウスで、家族の今は未来へとつながっていきます。

 

関連リンク

◆◆山本さん邸での暮らしに関する記事はこちら(OTONTO)

◆◆山本さん邸の建築実例はこちら

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事