お客様の声 | 【Yさん邸】豊かな自然を取込む住まい。

1,212 view

駅を降り立つと、セミの声と小川の涼やかな音色が聞こえてくる自然の豊かなエリア。今回は、この魅力に惹かれ家づくりをされたYさんにお話しを伺ってきました。

 

「以前は県内の戸建て住宅に住んでいたのですが、子供が小学校に上がる前に自然豊かなこのエリアに家を建てたいと考えていました。土地探しは、インターネットで空き土地情報を検索し、気になる土地を目的地にして何度もこのエリアを訪れていました。3~4年ほどの時間をかけて、静かな住環境と海が見えるこの土地に出会い購入を決断しました。」

 

長い時間をかけ土地探しをされたYさん。駅を降りて海の香りがするとリフレッシュ出来ることや、仕事とのオンオフが明確に出来ること、土日にお子様と朝早くから自転車で海まで遊びに行けるのが良い所と日々を楽しまれているご様子。

 

 

「住宅会社探しでは、ハウスメーカーのように規格の決まった家ではなく、他にはないデザインの家にしたいと考えていました。インターネットで検索していく中で、数社のデザイン工務店とフリーダムさんを見つけ相談に行きました。その中で、他にはない変わったプランの提案に魅力を感じフリーダムさんに依頼しました。」

 

住まい手のオリジナリティが表現されたデザイン住宅が多いエリア。Yさんも、自分の家とはっきりわかる、個性のある家にしたいと考えておられたそうです。

 

「家づくりでテーマにしたことは、海と山が綺麗に見える家です。特に将来、隣地で建て替えがされても海が見える工夫は絶対に欲しいと考えていました。もう一点、こだわったのは壁の面積です。以前の家は、大開口が多く明るい住空間ではあったのですが、絵を飾ることが難しかったので、周辺の自然を取込むような窓とのバランスを考えていました。気に入っているのは、玄関正面です。濃い青の壁に上から絵を照らす照明を入れているので、美術館のような雰囲気が感じられますよ。」

 

家の顔とも言われるほど、訪れる人に大きな印象を与える玄関。扉を開けると、スっと引き込まれ中への期待感が高まるエントランスエリアに仕上がっています。2階に上がると正面の大きな窓越しに、フロア高さを上げたバルコニーが見えるLDK空間。リビングに隣接する小上がりの和室や、和室の上部に設けられたロフトがあり、移動するごとに見える景色が大きく変化するのも見どころです。また、フロア高さを上げたバルコニー下には、書斎が隠されています。

 

 

「この書斎アイディアは、将来的にも自宅から海が見えるようにとバルコニーとLDKのフロアに段差を設けた際に出来る下の空間を有効活用できる案として担当者さんから頂きました。小さくても自分の部屋が欲しいと考えていたこともあり採用していたのですが、コロナの影響で在宅ワークをする際にとても助かりました。オンライン会議をする機会も多い中で、集中できる自分の空間があったのは非常に良かったなと感じています。」

 

 

平面的な空間構成の検討ではなく、立体的な空間構成の検討で創出された書斎。天井高さは、ロフトと同じ1.4Mですが、デスクワークをするのには十分な高さです。造作のデスク前は、ガラス張りで開放感の高い快適な空間に仕上がっています。バルコニーでは普段どのように過ごされているのか伺ってみました。

 

「この辺はトンビが多いので、食事するのは難しいのですが、子どもが採ってきた虫を入れた虫かごを置いたり、おやつを食べるなどしています。リビングよりも高くなっているので計画段階では、あまり活用しない空間になってしまうかなと思っていましたが、よく使っていますよ。」

 

伺った当日、バルコニーからお子様が出迎えてくれ、家の中とはまた見える景色の変わる外部空間を楽しんでいただけている様子も垣間見えました。

 

「家づくりをする中で一番迷ったのは、外壁の色を決める際でしたね。グレー系にすることは決めていましたが、濃い色合いにするのか薄い色合いにするかで決めかねて。検討していた色合いに似た外壁のお宅を見比べて、今の色合いにしました。」

 

 

淡いグレーの外壁を採用されたYさん邸。色合いの濃い外壁の家に囲まれた中で、柔らかな色合いと外構の植栽が鮮やかに映える外観が、景観と調和しながらも一目でYさん邸と分かる住まいになっています。最後に、お気に入りの空間を伺ってみました。

 

「気に入っているのは、キッチン前の長いカウンターです。窓から海が見えるので、コーヒーを飲みながら気分を変えて仕事ができる空間になっています。」

 

海や街並み、空をひとつの絵画のように風景を切り取って見せてくれる横長の窓。天気や時間帯で表情を変えていく風景が、ほっと一息つける癒しの空間になっています。

 

 

人が動く目線の先に効果的に配置された窓が、周辺の豊かな自然を取り込み、季節を感じられる住空間。立体的な空間の配置で叶えた海の見える住まいで、日々を楽しむ暮らしが始まっています。

 

 

 

 

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事