◆◆Oさん邸の建築実例はこちら

 

「将来にわたって、ずっと楽しく暮らせる空間を」

 

家具デザイナーであり、ものづくりによる表現が大好きというOさん。物件探しの中で、「住みたい家が見つからない!」という自らの思いに気づき、中古マンションリノベーションを検討し始めたといいます。
そんなOさんの、理想の住まいづくりエピソードをご紹介しましょう。

 

「娘が1歳になり、これから保育園、小学校と進んでいく中で、途中転校させたくないと思ったのがマイホーム探しのきっかけです。
分譲マンションや戸建て住宅も検討しましたが予算的に厳しく、さらに自分が住みたいと思える物件が無かったんですね。
それなら自らの感性を反映できるリノベーションがいいのではないかと考え、中古マンション探しに舵を切りました。」

 

お子様の誕生や成長に合わせてマイホームを検討する方は少なくありません。初めての住まいづくりの場合、住宅に関する専門知識もあまりなく、マイホーム探しの中で困ったことや疑問点にぶつかる方も多いもの。Oさんもその一人でした。

 

「実は、契約寸前までいった物件があったんです。重要事項を説明してもらっているときに、修繕積立金が大幅にショートしている事実に気づきました。
正直、いい物件と悪い物件の差はどこにあるのか、どこをチェックすればいいのかまったく分からなかったので、自分でもよく気づいたなと(笑)。やはり、そういったアドバイスがもらえるパートナーに出会うことも重要だなと感じましたね。」

 

今のマンションを契約する直前に、テレビのニュース番組で特集されていたフリーダムを見て、リノベーションを手がけるリデザインという事業部があることを知り、ちょうど開催されていた構造見学会に参加してくださったご主人。
リノベーションに関するさまざまな質問をぶつけたところ、「一つひとつ丁寧に分かりやすく説明してくれた」と話してくれました。

 

「リデザインは、一級建築士が営業から設計、進捗管理など、すべての工程を責任もって担当すると聞き、ここなら安心できるなと感じたんです。
構造見学会ではリーダーの熱田さんが親身に対応してくれて『ぜひ、一緒に考えましょうよ!』と言ってくださった。ここなら自分の感性も理解してもらえると思い、住まいづくりのパートナーとして選びました。」

 

冒頭にもお伝えしたように、Oさんは家具デザイナー。
新しい住まいの空間づくりには、明確なイメージをお持ちでした。実際にどのようなこだわりがあったのでしょうか。

 

◆◆Oさん邸の建築実例はこちら

 

「イメージしたのは“可変性のある住居”です。決して広い住まいではないので、一つのコンセプトに絞ってつくり込んでしまうと、家族の成長やライフスタイルの変化に合わせられなくなると考えました。
その時々の暮らしに柔軟に対応できる空間づくりが理想でしたね。」

 

そのためにダイニングとリビングを一体化させ、ソファなども置かずにお子様が伸び伸びと過ごせる広々とした空間を希望されました。
また将来、子ども部屋が必要になったときに利用することを頭に入れながら、今、そしてお子様が巣立った後には夫婦の仕事や趣味の場として活用できるロフトスペースも計画されました。

 

「ほんの少しでも階段があると、空間に動きが生まれますね。娘も階段の上り下りの練習をしたり、かくれんぼしたり。
一見、単なるスキップのようですが、そこに親子の楽しいコミュニケーションが生まれて、採用してよかったと感じています。」

 

プランニングをする際、「娘に対して、それは触っちゃダメ!」という暮らしにはしたくなかったというご夫妻。
そのため収納は床に面した場所ではなく、お子様の手の届かない天井に近い場所に配置したそうです。

 

◆◆Oさん邸の建築実例はこちら

 

「これはとてもよかったです。私たち親も娘も、お互いにストレスがないですから(笑)。またリビングの壁はペンキで塗っていますが、これも娘に自由にシールを貼ったりできるようにと考えて採用しました。
もし落書きしてもペンキを塗り直せばいい。怒ることもありませんし、気分が変われば違う色にしてもいいので、楽しいですよね。」

 

可変性のある住居づくりにおいて、欠かせないのがオリジナルの家具。
ご自身はもちろん、家具デザイナー仲間にも声をかけてつくった、サイズ、形、素材感、機能性にこだわった家具は、Oさん邸にしっくりと馴染んでいます。

 

「空間をフレキシブルに生かせるように、ダイニングテーブルや収納を兼ねたベンチなど、仲間たちにもお願いして家具をつくりました。
ベンチは積み重ねが可能なので、必要とあれば間仕切りのように使用することもできますから、空間を自由にアレンジできます。
壁のそこかしこに設えられた自作のロートアイアンや無垢のフローリングは、私たちからの支給品。無理な願いにも快く対応してくれたので、思い通りの空間が完成しました。」

 

◆◆Oさん邸の建築実例はこちら

 

リデザインからの提案にも耳を傾け、それらを採り入れたことで暮らしやすさが増したと喜ばれます。
施工に関してきめ細やかなアドバイスもあり、リデザインをパートナーに選んで正解だったと語ってくれました。

 

「たとえばリビングのフローリングは無垢材を希望したのですが、その場合、緩衝材がないと階下への音漏れが考えられ、それが入居後のトラブルの原因になると教えていただきました。
マンションの規約も詳しく見てくださって、緩衝材を入れることが必須になっていることも分かったんです。今、娘が元気に走り回っている姿を見ていると、本当にいいアドバイスをしてもらったなと喜んでいます。」

 

奥様はフラダンスのインストラクター。この住まいをプランニングする際に希望したことは、ナチュラルな雰囲気が漂う空間にしたいということ。
そしてキッチンの壁にお気に入りのタイルを貼ることだったそうです。

 

「その他は、すべて夫にお任せ(笑)。私がイメージすることを、彼は素敵に形にしてくれるので、他に何もいうことはありませんでした。
完成した住まいはとても心地よく、家事もしやすくてとても気に入っています。広いリビングで娘とフラダンスの練習をするのが楽しくて、楽しくて(笑)。いい家、いい暮らしが手にできて、本当にうれしいです。」

 

奥様の笑顔の先には、ご主人の姿が。お子様も大好きなお父さんに抱きついて、この家がとても気に入っている様子です。
Oさん邸には、あたたかな幸せがこれからもずっと育まれていくことでしょう。

 

◆◆Oさん邸の建築実例はこちら

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事