薄暗かった中古一軒家を海外ホテル風に大変身!!理想の暮らしをどうやって実現させたのか・・!?詳しくご紹介します♪

購入したのは、三階建ての難あり!?中古物件

リノベ用に購入した3階建ての戸建て住宅は、1階は天井が低く、窓も小さく暗い空間。2階も天井は低いのですが、道路側に面して連続窓がありました。
3階は勾配天井になっており眺望の開けた空間。上階にいくにつれて開けた構成だったのです。

一番明るい3階にロフト付きLDKを!

上記のような物件条件だったため、1番明るい空間の3階に、家族みんながいつも使うLDKを計画!
屋根裏部屋だった場所をロフトに改装し、頭上の広がりを持たせることで、開放感のある明るい空間にしています。

白と明るいウッディな素材でナチュラルクラシックな内装に

内装は白とナチュラルなウッディ素材を使った明るい空間に。ブルーのソファーを合わせて、西海岸をイメージしたリラックス感を演出しています。

「たっぷり収納できる場所」の確保

施主様からのご要望は、たっぷりの収納スペース。LDKを3階にしたので、1階にはアウトドア用品用の大容量の収納室と、お子様のプレイルーム兼ゲストルームを計画!スキップフロアで小上がりを作り、お子様やゲストが安心してくつろげる空間にしています。

海外風な内装が飛び切りおしゃれな各部屋!

2階は主寝室と子供部屋に加え、水回りと大きなリネン庫を配置。各エリアも海外ホテルのような内装にし、1つ1つの生活の動作を快適に心地よく暮らす工夫をしています。

こいらはホテルライクな洗面化粧台!!シンクが2つあり、朝の忙しい時間でも待たずに洗面台を使えます。LDK同様、白×ホワイトの配色に。

おしゃれなタイルを敷き詰めたトイレルーム!備え付けの棚をつけて、収納力も確保しつつおしゃれに見せています。

いかがでしたか?

いかがでしたか?条件が厳しい一軒家でも、リノベーションによって快適で理想通りの暮らしを実現することができます。自分たちのこれからの暮らしで絶対に叶えたいポイントを明確にしておくことも大切です。REDESIGNともに、本当に求めている理想の暮らしを見つけていきましょう♪

◆◆REDESIGN公式HP

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事