アイランドキッチンにリノベーション!費用や注意点は?

2,166 view

住宅のリノベーションにあたって、キッチンにこだわりたいという人も多いのではないでしょうか。キッチンにはさまざまなタイプがあります。
中でも、アイランドキッチンはデザイン性、機能性ともに優れているため、憧れる人も少なくありません。一方、他のキッチンタイプと比較してアイランドキッチンは事例が少ないことも事実です。
アイランドキッチンには、他のキッチンタイプとは異なる特徴が多いので、事前の情報収集が必要不可欠になります。そこで、アイランドキッチンへのリノベーションをする際にかかる費用や注意点を紹介します。

 

アイランドキッチンの特徴って?

アイランドキッチンとは、作業台のどの側面も壁から離れた場所に設置されたキッチンのことをいいます。フロアの上に島が浮かんでいるように見えることから「アイランド」と呼ばれるようになりました。
シンクや天板などを組み入れた作業台が独立しており、ダイニングやリビングにいる人と対面しながら作業ができます。日々の炊事における作業動線の効率化や見た目の向上に適したキッチンです。

 

アイランドキッチンにリノベーションするメリット

アイランドキッチンにはさまざまなメリットがあります。中でも、見た目のよさに注目する人は多く、キッチンをおしゃれにしたいという人から高い支持を得ています。なぜそれほどまでに外観が魅力的かというと、第一に解放感があることが挙げられるでしょう。アイランドキッチンは作業台で作業する人の視線を遮るものがありません。
いずれの側面も壁に接していないため、まるでインテリアのように作業台が置かれている状態になります。そのため、作業をしている側から見ても、リビングやダイニングから見ても、キッチンが非常に解放感のあるスタイリッシュな空間になるのです。

作業台が壁に接していないということは、左右どちらからでも人の出入りが可能ということでもあります。壁に接しているタイプのキッチンでは、作業台に入る人の数はかなり限られるのが一般的です。一度作業台に入ると身動きが取りにくく、複数人よりも1人のほうが効率的に作業ができると考える人も多いでしょう。
しかし、アイランドキッチンであれば、作業台への出入りが制限されないため、複数人でキッチンを広々と使えます。夫婦で一緒に料理をするときも、子供に手伝ってもらうときも、窮屈さを感じることがありません。一緒に同じ作業をすることで、家族間のコミュニケーションが取りやすいのもうれしいポイントです。

そして、アイランドキッチンにしたことで思いがけないメリットを実感することもあります。これまでは見えないからといって疎かになっていたキッチンの掃除をこまめにするようになったというケースも少なくありません。
また、使わない調理器具などを捨てられず物があふれていたけれど、収納が少ないアイランドキッチンにして物を減らすことができたという話もあります。一見、不便に思えるようなことでも結果としていい方向に向かうのであれば、それもアイランドキッチンのメリットといえるでしょう。

 

アイランドキッチンにリノベーションするデメリット

アイランドキッチンはメリットばかりではありません。その特徴ゆえ、デメリットとなることもあります。まず、アイランドキッチンを設置するためには広いスペースが必要になります。
壁から離して設置するため、単純計算でも人が通れる幅が他のキッチンタイプよりも倍必要になるということです。アイランドキッチンを設置したくても、物理的に無理がある場合は諦めざるを得ないこともあります。これは、左右どちらからでも人が出入りできるというメリットに対するデメリットといえるでしょう。

また、開放的である反面、キッチンが丸見えになるという問題もあります。片付け忘れなどは悪目立ちするため、日々のお手入れが必要です。キッチンに対する意識は人によって違いがあり「台所は人に見せてはいけない」「炊事は1人で集中してやりたい」と考えている人もいます。
キッチンを「隠す場所」と認識していたり、人との会話やテレビの音などがあると集中して炊事ができなかったりする人は、意識の切り替えが必要になるでしょう。家族の中にこのような意識を持っている人がいるのであれば、しっかりと話し合うことが大切です。また、費用面のデメリットではコストが高いことが挙げられます。
アイランドキッチンは四方をインテリアとして見せられるデザインになっているため、他のキッチンタイプと比較して本体価格が高価であるのが一般的です。
電気の配線や水道管の設置など、アイランドキッチンの構造は想像以上に複雑になることもあり、総合的に高いコストがかかってしまうこともあります。アイランドキッチンへのリノベーションは、これらのデメリットを把握したうえで行うことが大切です。

 

リノベーションにかかる費用相場は?

アイランドキッチンへのリノベーションには、本体価格とリノベーション工事費用が必要です。最低でも、150~200万円程度はかかると思っていいでしょう。
アイランドキッチンは、商品によって金額は異なるものの、本体で100万円を超えるケースも少なくありません。そうはいっても、部材や機能によって価格差があることも事実です。
多機能なキッチンは確かに便利ですが、必ずしもその機能がすべて必要だとは限りません。自分が求める機能やデザインなどを総合的に考えて、予算に合うものを選びましょう。

忘れてはいけないのが、アイランドキッチンにリノベーションするにあたって、既存のキッチンをどこまで生かせるか、という問題です。
単純に本体を取り替えるのみで済むわけではなく、場合によっては壁の内部や床材などを工事する必要も出てきます。そのための工事費用がかかることも考慮してリノベーションの計画を立てましょう。

 

アイランドキッチンを設置する場合のポイントは?

アイランドキッチンは、ダイニングの中に作業台が置かれるため、換気システムを完備することがとても重要になります。しっかりと吸気できる換気システムでなければ、部屋中ににおいや煙が充満したり、周辺に油分が付着してしまったりする可能性も否めません。
また、コンロや作業台、シンクの前に背の低い目隠しを設置すると、油や調味料、食材の飛び散りを防ぐことができます。目隠しが本体に付属していない場合は、忘れずに設置しましょう。

一般的にアイランドキッチンには天井からの吊戸棚はありません。加えて、比較的狭いスペースでも設置できるよう、コンパクトな設計になっている商品もあります。
そこで起きる問題が、収納スペースの少なさです。調理器具を多数保有している場合は、できるだけ収納スペースの多いアイランドキッチンを選ぶ必要があります。
どうしても必要な収納スペースを確保できない場合は、アイランドキッチンに並行する壁側に大きめの収納スペースを設けるなど工夫が必要になるでしょう。

 

アイランドキッチンにリノベーションしよう

アイランドキッチンは、他のキッチンタイプとは特徴も見た目も大きく異なります。もちろん、実際の使用においても使い方や見えることに対する意識はかなり変化すると考えたほうがいいでしょう。
一方で、おしゃれなキッチンになる、家族で一緒に炊事を楽しめる、こまめに掃除をするようになるなど、多くのメリットがあることも事実です。予算の問題がクリアできるのであれば、アイランドキッチンへのリノベーションを検討してみましょう。

 

フリーダムには「家づくり」に関する各種相談窓口がございます。
家づくりを検討されている方、土地をお探しの方、新築・中古問わず住宅の購入を検討されている方、すでにフリーダムとご契約されている方など、どのようなご相談にも無料でお答えいたしますので、お気軽にご相談ください。

◆◆「フリーダムが手掛けたデザイン住宅の作品集を今なら無料でお届けします。

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事