リノベーションで理想を叶える!住宅会社選びのポイント

130 view

物件を購入し、自分たち好みの住まいにリノベーションをする際、大きな鍵を握るのが家づくりパートナーに選んだ住宅会社にあります。新築注文住宅を検討する際、工務店・ハウスメーカー・設計事務所の大きく3つに分類されるように、リフォームやリノベーションを手掛ける会社も、「不動産会社・リフォーム・リノベーション専門会社(工務店や建設会社)・設計事務所」の大きく3つに分類することが出来ます。ここでは、その分類された住宅会社ごとの特徴を解説していきます。

不動産会社の特徴が知りたい!

「不動産会社は土地や建物の仲介だけではないの?」と、疑問に思われたかもしれませんが、不動産会社の中には、社内にリノベーションを扱う部署を有している会社があります。もともと、不動産会社は中古マンションを購入しリノベーションをしてから販売する再販物件を主に扱うことが多かったのですが、近年のリノベーションへの関心が高まるにつれ、オーダーを受けてのリノベーションも取り扱う会社が増えてきました。

不動産会社は、中古の建売物件である『再販物件』を手がけている会社が、自社で設計施工舞台を持っていることが多く、その社内リソースをつかって一般のお客様からもお仕事をもらうようにしています。どちらかというとリノベーションより、フルリフォームを得意とする会社が多く、魅せる空間をもつ住まいを叶えやすいのが特徴です。また、再販物件や建売のような間取り提案を得意とするため、暮らしを一新させるようなサプライズ性の高い間取り提案を苦手とする会社が多いようです。

依頼を検討する際には、完成見学会やセミナー等のイベントに積極的に参加するとよいでしょう。また、その際にチェックしておきたいポイントは、①工事を自社で行うのか、②担当者のこれまでの経歴です。工事を自社で行っていない場合は、工事会社を決めるタイミングで施工事例を確認させてもらい、仕上がりのできを確認しておくことがおすすめです。担当者の経歴は、建築士資格の有無や、これまでに手掛けた物件で一番多い構造体の種類を聞いておくことがポイントです。リノベーションには、構造体に傷みが生じていたなどの不測の事態が発生することは少なくないですが、その際でも安心して任せられる担当者なのかの見極めがしやすくなるでしょう。

リノベーション専門会社の特徴は?

リフォーム・リノベーション専門会社といっても、どのような会社なのかイメージが湧かないという方も多いのではないでしょうか。リフォーム・リノベーション専門会社は、リノベーションやリフォームに特化した工務店や設備・職人店、大手ハウスメーカーのメンテナンス事業が独立した会社などの総称です。

リフォーム・リノベーション専門会社の特徴は、大手ハウスメーカーから独立した会社の場合、グループ会社が手掛ける物件の構造体を熟知しており、そのグループ会社が建てた物件の際に力を発揮します。工務店や設備・職人店の場合は、もともとの業種分野を得意としていることが多く、部分的なリフォームを依頼するとコスト面や仕上がりの良さを期待することができます。どちらも共通して間取りの変更など、設計業務は苦手としていることが多い為、大規模になるリノベーションは依頼する側の空間イメージや使いたい素材などの指定、議事録など、施主主導で進めることが重要なポイントになります。また、大規模なリノベーションでは、得意分野以外のコストを下げるポイントを知らないために、コストメリットが得られないこともあります。

依頼を検討する際には、完成見学会や構造見学会など、実際にリノベーションを手掛けた物件は必ず見ておきましょう。完成見学会では、施工箇所の仕上がりの質を確認し、構造見学会では、工事資材の整頓や掃除の状況など周辺への配慮がなされているかもチェックポイントです。

設計事務所の特徴とは?

設計事務所は、物件をフルスケルトンにし、ヒアリングした暮らしのイメージをデザインして形にしていくことを得意としています。そして、オンリーワンな住まいを叶えられることが特徴です。しかし、一般的に新築を手掛けることが多く、リノベーションを専門としている事務所は少数です。専門ではない事務所に依頼することも可能ですが、新築と設計監理費用が異なることもありますので、事前に確認してみるとよいでしょう。

依頼を検討する際には、設計着手から引き渡しまでにかかる目安期間や施工する工務店について確認することがポイントです。フルスケルトンでのリノベーションは、小規模なリノベーションに比べ、期間が長くなります。入居までの目安期間を把握せず進めてしまうと、ローンと家賃の支払いが被るなど、費用面での負担が発生することがあります。また、工務店の質で完成度が左右されることもありますので、事前に確認しておくことで安心して任せることが出来ます。さらに、担当者との相性も重要になりますので、面前で相談し担当者の雰囲気など、信頼し任せられるかも大切なチェックポイントです。

ワンストップ型の会社とは?

ワンストップ型とは、もともと不動産会社やリノベーション専門会社、設計事務所であったそれぞれの業態が、社内に事業部を増やす、関連会社・協力会社をつくるなどで、それまでにできなかった業務を一連で行えるようにしたサービスフローのことです。そのため、大きな特徴はそれぞれ、どの業態から派生したのか、元をたどることで把握できます。

住宅会社はどうやって選ぶといいの?

まずは、自身の状況を整理してみましょう。物件の購入が必要な場合は、中古住宅探しから入居までに必要な流れを知ることが出来るセミナーに参加するなど、疑問や不安点の把握と情報収集を行うことがおすすめです。ネット検索をすれば、多くの情報を得られますが、「自分に必要な物件の条件」はプロが見ている目線とで異なることがあるからです。何社か訪問することを繰り返し、会社や担当者の雰囲気、叶えたいこだわりポイントとの相性、資金計画を総合的にみて判断すると上手くいくことが多いようです。物件を所有している場合は、どの程度の規模で工事を行いたいのかが、ポイントになります。

 

最終的には、「この人に任せたい。」という想いが大切になりますので、最低でも2社以上の比較検討をしていくことも重要です。

 

理想の暮らしを叶える「REDESIGN」はこちら

「REDESIGN]の最新インベント情報をチェックする

カテゴリー:

あなたにおすすめ

新着記事

おすすめ記事