築34年の建売住宅を「一軒家まるごとリノベーション」

今回は、築34年の建売住宅を「一軒家まるごとリノベーション」!
老朽化が進んでいたため、リノベーションによって見違えるほど明るく開放的な美しい家に生まれ変わりました。

BEFOREの外観の様子

こちらがリノベーション前の外観写真。
リノベーション後の写真と比較すると、窮屈で暗い印象です。築34年の建売住宅で、見た目からも老朽化しているのが伝わります。

リノベーションによって、明るく開放的な外観に生まれ変わったこちらの住宅。内観はどのように変わったのか、さっそく見ていきましょう!

ストリップ階段で開放的な明るいLDKを実現!

こちらがリノベーション後のLDKです。
白い壁×明るい色の木という組み合わせでインテリアコーディネートし、室内を軽く明るい印象に仕上げています。

階段部分は吹き抜け&ストリップ階段にすることで、室内に開放感を演出しました。

階段エリアは吹き抜けにして、上部からの光を室内に取り入れています。
リノベーション前はあまり広くない階段室でしたが、隙間をつくることで明るくあたたかな日差しが入り込み、余裕のある空間になりました。

窓際にウッドデッキテラスを設置し、外からの採光を確保

以前は窓側が塀や木に囲まれていたのですが、窓際にウッドデッキテラスを設置して外からの光を室内にうまく取り入れ、明るいLDKに仕上げています。

「ダイニングテーブルで食事ができる」理想のキッチンエリアが実現!

はじめは対面型キッチンをご希望だった奥様。
対面型キッチンでは場所をとってしまうため、LDKの広さを考えるとどうしても窮屈になってしまうという問題がありました。

本当に対面型キッチンが最善なのか?もう一度キッチンエリアに求めるものを考えてみることに。

そのなかで出てきたのが「ダイニングテーブルで食事がしたい」という要望。
ダイニングテーブルを置くスペースがなく、LDKのローテーブルで床に座ってご飯を食べているとのことでした。

そこで対面型キッチンではなく、ダイニングテーブルが置けるような広くゆとりのあるキッチンにプラン変更。使い勝手もとても良いと奥様もご家族も大満足です。

キッチンエリアのリノベ前の様子がこちら!

上の写真と同じ空間だったとは思えないほど、暗く窮屈な印象のキッチン。
収納も十分とはいえませんでした。

リノベーション後はキッチンと壁を白基調に変更したことで、この写真にあるような重たさを無くしています。

REDESIGN(リデザイン)にした決め手は「3Dパース」!

実は、他のリノベ会社さんにも間取りの依頼をしていたという施主様。

「どれもピンとこないな・・と迷っていた時、リデザインの設計士さんが持ってきてくれたこの3Dパースを見て、我が家はこんなに変わるのか!と感動しました。希望していた通り、明るくて、開放的なLDK。

ここなら理想の暮らしが実現できる、と具体的なイメージができたんです。」

キッチンエリアについての提案にも、リデザインにした決め手があったそう。

「他のリノベ会社さんでは、私たちが希望した通りの対面型キッチンの間取りを提案いただいていましたが、リデザインはダイニングテーブルが置けるキッチンという新たな視点での提案でした。

私たちの生活に深く向き合っていただいたおかげで、実際とてもゆとりがあって生活がしやすいので本当によかったと実感しています。」

3Dパースでリノベーション後の我が家の様子をイメージすることができたことが、安心につながっていったようですね。

「子供部屋を平等に」という想いから始まった間取り

リノベ前の家の間取りでは2つある子供部屋の大きさに差があり、「子供たちは全て平等にしたい」という想いから同じ大きさの子供部屋をつくりました。
部屋の大きさや収納スペースはもちろん同じ。ハンモックも両部屋に同じように設置しています。

こうして築34年の建売住宅が生まれ変わり、新たな「理想の暮らし」が実現したのです。

いかがでしたか?

いかがでしたか?今回は老朽化した建売住宅のリノベーション。
間取りの変更だけでなく、今まで屋根裏になかった断熱材を入れるなどしてより住みやすい環境へ変えていきました。

ご紹介した物件は、フリーダムが提供する中古マンションのフルリノベーション【REDESIGN】が設計しています。お得な定額プランもご案内中!気になった方はぜひ公式HPをご覧ください♪

 フリーダムの手掛けた住宅デザイン集を今なら無料でお届けします
◆◆フリーダム公式HP
◆◆フリーダム公式Instagram