注文住宅の土地探しの方法。ハウスメーカーに依頼する時の内容や注意点まとめ

68,635 view

ハウスメーカーに土地探しを依頼する時の内容や注意点まとめ

家を新築する際、ハウスメーカーに依頼するのは建物を建てる段階になってからだと思っている人が多いのではないでしょうか。
土地を用意した上で、どんな家を建てるかを相談するのがハウスメーカーだと思っている人がほとんどかもしれません。
しかし、ハウスメーカーに土地探しを依頼することは可能ですし、ハウスメーカーに依頼することにはメリットもあります。
ここではどのような条件のときにハウスメーカーに土地探しを依頼するとよいか解説します。

土地探しは自力とハウスメーカーならどちら?それぞれのメリットは?

まずは、実際に土地探しをした人がハウスメーカーを利用したかどうかアンケートを取ってみました。

【質問】
土地探しはハウスメーカーに頼みましたか?

【回答数】
依頼した:81
自分で探した:87

調査地域:全国
調査対象:【年齢】20 –
調査期間:2017年03月31日~2017年04月06日
有効回答数:168サンプル

土地探しはハウスメーカーに頼みましたか?

自力で探した人もハウスメーカーに依頼した人もほぼ同数

今回のアンケートでは、自分で探したという人が若干多いという結果になりました。

・土地とハウスメーカーがセットだったので自分で選んだ(40代/会社員/男性)
・購入したいエリアが決まっていたので、その中で売りそうな土地を散歩がてら探していました。(40代/専業主婦・主夫/女性)
・知り合いに専門の人がいたのでその人と相談しながら(20代/会社員/女性)

今回のアンケートでは、「自力で探した」と答えた人でも、最初から最後まで自分の力だけで探し人は案外少ないようでした。
自力だけで情報を集めた人もいましたが、ハウスメーカーではなく、知人や地元の不動産屋に依頼したという人が目立ちました。また、自分で探し歩いた結果、ハウスメーカーが売りに出していた土地を購入したという人も少なくありませんでした。
一方、ハウスメーカーに土地探しを依頼したという人のコメントは次の通りです。

・個人だとあまりにも情報が少ないし、依頼する方がその後の手続きなどもスムーズだと思うし、何より全くの素人なので、プロの方に教えてもらいながらの方が間違いが少ないだろうと思いました。(50代/専業主婦・主夫/女性)
・ハウスメーカーから土地探しも出来ると言う話を聞きましたので、私の要望を提出した後メーカー側から提案された数ヵ所の土地から選びました。(50代/会社員/男性)
・土地販売も手掛けているハウメーカーに依頼すれば、これから開発する予定の土地まで紹介してくれるので、売り出し中の土地を探すよりも数多くの土地を見て回ることができるから。(40代/パート・アルバイト/女性)

依頼したと答えた人のコメントを見ると、プロは多くの情報を持っているため、頼んだほうが早く見つかるという声が目立ちました。
建売用に土地を造成したり、土地の売買も手掛けたりしているハウスメーカーを利用すると、候補が多くなって良い物件が見つかりやすいという意見は説得力があるように感じられます。

今回のアンケートでは、ハウスメーカー以外の専門家に土地探しを依頼していたり、ハウスメーカーに依頼していなくても、結果的にハウスメーカーが分譲していた土地を購入したりした人がいました。
土地探しには多くの情報が必要であることから、素人が自分だけの力でよい土地を探すのは難しいようです。
では、ハウスメーカーに土地探しを依頼することのメリットについて見ていきましょう。

ハウスメーカーに土地探しを依頼した方がいいのはどんなとき?その理由は?

ハウスメーカーに土地探しを依頼した方がいいのはどんなとき?その理由は?

ハウスメーカーに土地を依頼すると、希望通りの建物を建てることが可能な土地を探してくれるのがメリットです。
土地だけを単独で探した場合、実際にその土地に家を建てようとしたとき、建築制限に引っかかって希望通りの建物を建てられないというケースがよくあります。
しかし、ハウスメーカーに土地探しを依頼すると、最初にどのような家を建てたいのかという質問があります。エリアや広さだけでなく、どんな家を建てたいのか、土地と建物トータルの予算はいくらくらいかということを聞かれるのが普通です。
土地だけを探した場合、土地が予算内に収まっていても、希望通りの家を建てようと思ったら建物が予算内で収まらない場合もあるため、トータルの予算で動いてもらえる点はメリットになります。
なかなか不動産屋には出回らないような公有地や、これから造成する土地なども選択肢に入るため、希望に合う土地が見つかる可能性が高くなります。土地購入と建物の建築依頼を同じ窓口でできるため、ローンの窓口を1本化できるのもメリットと言ってよいでしょう。
もうひとつ、ハウスメーカーが売主になっている土地の場合は仲介手数料が割引される可能性があるという点もメリットです。ハウスメーカーが売主の代理人の場合でも、売主の意向で仲介手数料がかからないケースもあります。
ですから、そのような土地を紹介してもらえればメリットが大きくなります。

そもそも土地探しの依頼ってどういうこと?期待できるの?

そもそも土地探しの依頼ってどういうこと?期待できるの?

土地探しの依頼というと不動産会社を思い浮かべる人が多いかもしれません。不動産会社に依頼するのとハウスメーカーに依頼するのとでは、土地をどのように捉えて探すかという点が大きく違ってきます。
不動産屋は更地の状態を考えて土地を探しますが、ハウスメーカーは土地の上に建物を建てることを前提に土地を探します。
自社で建物を建てる可能性が大きいのですから、建物を建てにくい土地は避けますし、建てた後でトラブルになるような条件の悪い土地も避けます。
しかし、そのような無難な土地を探すときより、絶対に手に入れたい土地があるときのほうが、ハウスメーカーの力をうまく利用できるかもしれません。
自力では値下げ交渉などが難しいけれど、狙っている土地があるという場合、その土地を手に入れてくれたら建築を頼むという依頼の仕方をすれば、土地を安く手に入れられる可能性があります。

依頼する時の注意点!関わり方はどうするべき?

ハウスメーカーに土地探しを依頼する際には、本気度を見せる必要があります。本来ハウスメーカーは土地を持っていてすぐに家を建てる人を相手にする業者です。
これから土地を探すという人の場合、最終的には自分のところで家を建ててくれない可能性もあるため、真剣には動いてくれないケースもあります。
ですから、できるだけ具体的にどのような場所にどんな家を建てたいのかということを分かりやすく説明しましょう。そして、条件に合う土地を探してきてくれたら、建築もお願いするとはっきり言っておくことが大事です。
「条件のいい土地があったら購入してもいいかと思っている」とか「土地が見つかったら家を建てるかもしれない」というような曖昧な言い方をしてしまうと、本気で探すつもりがないと受け止められかねません。
あくまでも本気で家を建てる気があること、よい土地を探してきてくれたら契約する意思があることをわかってもらうことが大事です。
また、購入時期についても、見つかったらすぐにでも購入して家を建てたいと伝えておくと真剣に探してもらいやすくなります。土地だけ購入しておいて、建てるのはいつにするか未定などという場合には、ハウスメーカーは動いてくれないと考えておきましょう。

まとめ

ハウスメーカーに土地選びを依頼するときは、ハウスメーカーの立場も考えることが大事です。ハウスメーカーは家を売るのが本業の業者です。
ハウスメーカーに土地探しを依頼してメリットがあるのは、あくまでもそのハウスメーカーで建てる意思があるときです。
土地と建物をトータルで考えられるからこそ、ハウスメーカーを通じて土地選びをする意味があるということを理解して、メリットを活かせるような土地の選び方をしましょう。

 

 

関連記事:

これで土地探しはバッチリ?土地選び成功間違いなしのノウハウと注意点特集

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事