土地探しに失敗はつきもの?失敗例と回避ノウハウ

13,864 view

土地探しに失敗はつきもの?失敗例と回避ノウハウ

土地には表面を見ただけではわからない点がたくさんあります。しかし、ただリスクをおそれているだけでは土地探しなどできません。土地探しにはリスクがあるということを理解したうえで行動する必要があります。
リスクがある以上は避けること、または減らすことを考えましょう。
あらかじめどんな失敗が起こりやすいかを知り、起こりやすい失敗に適した対策を練っておくことで、リスクに備えることができます。
ここでは土地探しの失敗例とリスクの回避方法について解説します。

土地探しの失敗例!ありがちなケースは?

土地探しの失敗例!ありがちなケースは?

土地探しをする際に起こりやすい失敗例はいくつかあります。その中でも特に多いのが、土地と建物を別々に考えたために起こる失敗です。例えば、とりあえず土地だけ用意しておこうと、土地探しを始めた場合です。
そんなときに、土地の面積と立地だけを条件にして購入してしまうと家を建てる段階で失敗に気付くことになるかもしれません。
購入した土地のある区域によっては、法令によって規制が設けられている可能性があります。
厳しい規制がある場合は、土地を有効に活用できないことも覚悟しておかなければなりません。
建ぺい率や容積率が低すぎて敷地面積の一部しか建物に使えなかったり、3階建てを建てるつもりが平屋建てになってしまったりするケースもあります。
また、資金についてしっかり考える前に建築条件付きの土地を購入してしまうと、家を建てる前に手放さなければならなくなるかもしれません。
着工までの3ヶ月という期限内に資金繰りが間に合わないと、土地購入をあきらめざるを得なくなるケースもあります。

失敗しないために!土地探しのポイントやコツ

失敗しないために!土地探しのポイントやコツ

土地探しをするなら、どんな土地にどんな家を建てるか、そこでどんな生活をするかというイメージをはっきりさせてからにしましょう。
具体的な土地の購入を考える前にローンのことを考える人は少ないかもしれませんが、それでも、家を建てた後のローン返済のことまである程度考えたうえで土地探しを始めれば失敗しにくくなります。
また、実際に家を建てて住んだときに何が必要になるのかをリストアップすること、法令による土地の制限などについてもどんな制限があるのかを前もって知っておくことなど、リスクを回避する手段はたくさんあります。
特に、すべてを業者任せにしないということは重要です。実際の土地に出向いて、土地の状態を目で確認し、近所の人に質問して耳で確認するという作業をするかしないかはとても大きな差になります。

土地探しのルールを知ろう!いい土地を見つけるためのチェックポイント

土地探しのルールを知ろう!いい土地を見つけるためのチェックポイント

土地探しは家を建てて生活するという目線で選ぶことが重要なポイントになります。どんな形の土地に、どのようなデザインの家を建てられるかということも重要ですが、生活環境を重視した土地選びをすることで失敗を回避できます。
例えば、売り出されてすぐ売れる土地はどのような土地なのかを考えてみましょう。おそらく、通勤通学にも生活にも便利な立地で、建ぺい率も容積率も十分あり、日当たりや風通しもよい。閑静な住宅街だけど前方の道路幅は十分あるという土地ではないでしょうか。つまり、環境がよく条件も厳しくないところということになります。
しかし、なかなかすべての条件が揃った土地を見つけるのは難しいかもしれません。そこで納得できる土地を探すためには、外せない条件をいくつかピックアップして、その条件に優先順位を付けて探すという方法が一番です。
自分でチェックリストを作っておき、それをもとに土地探しを行うようにしましょう。

土地探しで失敗を避ける方法!最もこだわるべきこととは?

最後に、実際に土地探しをした経験のある人が、どのような点に最もこだわったのか、アンケートを取って調べてみました。

実際に生活することをどれだけイメージできるかがポイント

・土地柄、学校の近さ、家の前の道の交通量、こどもが小さいので飛びだしたりした場合のリスクとか考えた。(30代/会社員/女性)
・土地が軟弱地盤の有無と液状化が起こらないかを重視しました。(50代/会社員/男性)
・日当たりです。まわりの建物との近さや方位も気にしました。(30代/専業主婦・主夫/女性)
・近隣の方々の雰囲気もきちんと調査して住みやすさを確認することです。(40代/専業主婦・主夫/女性)
・場所です。家族の年齢や、子供達の成長と共に変わってくる行動範囲に、出来るだけ影響が少ない場所がいいと思いました。(50代/専業主婦・主夫/女性)
・土地そのものは特殊形状でもない限り問題はほぼ無い。むしろ付随する近所の環境(住人や店舗、時間帯での変化)にこそ気をつけるべき。(40代/会社員/男性)

【質問】
土地探しで失敗しないために最もこだわったことは何ですか?

【回答結果】
フリー回答

調査地域:全国
調査対象:20歳以上の男女
調査期間:2017年03月31日~2017年04月06日
有効回答数:167サンプル

人によってこだわった部分に若干の差はありますが、いずれも実際に生活することを考えて、欠かせないと感じている部分であることがわかります。
土地そのものの形や広さにこだわったという意見は案外少なく、住み始めてから住みやすいかどうかという点に着目した意見が目立ちました。
また、住み始めてすぐではなく、将来のことも考えた土地選びをしている人も多かったことから、一生住み続けられるような土地を選ぶことが失敗を避けるためには大事なように感じられました。
また、家族で住む家であることから、自分にとって便利かどうかだけでなく、家族全員にとって便利かどうかという点にこだわった人が多かったように感じられました。
すべてのメリットを網羅した土地選びは難しいように思われますが、住み始めた後の満足感は、土地選びの段階である程度決まってしまっているようです。しっかりと計画を立てて土地選びをする必要があることは確かでしょう。

まとめ

一般の人にとって、土地は一生に一度の買い物になることがほとんどです。
何度も買い直すものではありません。
それなのに、土地探しにはリスクが潜んでいます。
ですから、できるだけ失敗のリスクを減らす努力をしましょう。
土地選びの際にどんな失敗のリスクがあるのかをあらかじめ把握しておけば、失敗を回避しやすくなります。
土地を実際に選び始める前の準備をしっかりすることがリスクを減らすことに繋がるため、準備を怠らないようにしましょう。

 

 

◆◆フリーダムアーキテクツデザインが開催しているデザイン住宅無料セミナーと住宅見学会の開催スケジュールはこちら。

関連記事:

これで土地探しはバッチリ?土地選び成功間違いなしのノウハウと注意点特集

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事