建築条件は要チェック?土地探しをする際のポイントまとめ

5,073 view

建築条件は要チェック?土地探しをする際のポイントまとめ

売り出されている土地の中には、建築条件付きの土地もあります。この建築条件は法令による規制とは違い、ハウスメーカーなどが独自に決めているものです。
土地を購入する場合は指定のハウスメーカーや工務店で建物を建てることが条件になっていて、契約、着工までの期限も設けられているのが普通です。そのため、知らずに購入すると希望の家を建てられない可能性もあります。
ここでは土地探しの際に注意が必要な建築条件付きの土地について解説します。

建築条件なしってよく聞くけど… 一体どういう土地のこと?

建築条件付きの土地がある一方で、建築条件なしの土地もあります。あらかじめ施工業者が決められている土地が建築条件付きの土地ですから、建築条件なしとは施工業者を自由に選べる土地ということです。
建築条件付きの土地は土地と施工業者がセットになっているため、土地だけ購入して施工は他の業者に頼みたいと思ってもできません。その点、建築条件なしの場合は自由に施工業者を選べます。
ですから、このハウスメーカーのこのプランがいいというものがあるなら、土地探しの際は建築条件なしの土地を探す必要があります。また、建築条件付きの土地は購入から着工までの期間が3ヶ月以内に決められていることがほとんどです。
ですから、もし土地の購入を決めても、期限内に建物の契約に至らなかった場合には土地の購入自体がなかったことになります。これが建築条件なしの土地であれば、契約を急かされる心配がなくなります。
ただし、自力で施工業者を探す必要があるため、特にこだわりのない人にとっては面倒に感じられるかもしれません。
どんな家を建てたいという明確なイメージがあり、どこの施工業者に工事を頼みたいということも決まっているのであれば、建築条件なしの土地が魅力的ですが、特にこだわりがなくすべてを業者に任せたいという人にとっては、建築条件付きの土地は魅力的に感じられるかもしれません。

注文住宅が建てられない!?条件付きの土地探しをする注意点

注文住宅が建てられない!?条件付きの土地探しをする注意点

条件付きの土地の場合、注文住宅を建てられないケースが少なくありません。土地と施工業者がセットになっているだけなら、その施工業者に工事を依頼すれば、プランは自由に選べると考えるのが普通です。
しかし、プランに関しても制約があることも珍しくないのです。もちろん、建築条件付きの土地を販売している施工業者の中には、間取りを自由に選ぶことができるプランを用意しているところもあります。
しかし、多くの場合は、実際に施工業者が設計した複数のプランの中からひとつを選んで契約するというパターンになります。ですから、完全に一から自分でプランニングしたいという場合には建築条件付きの土地はおすすめできません。

どれくらいの人が失敗している?建築条件のチェックの重要性

では、実際に土地を購入したことのある人の中、どれくらい建築条件によって困った経験のある人がいるのでしょうか?アンケートを取ってみました。

【質問】
土地を購入した際、建築条件のチェックを怠って困ったことはありますか?

【回答数】
ある:34
ない:133

調査地域:全国
調査対象:20歳以上の男女
調査期間:2017年03月31日~2017年04月06日
有効回答数:167サンプル

土地を購入した際、建築条件のチェックを怠って困ったことはありますか?

建築条件で困ったことのある人は5人に1人

今回のアンケートでは、約2割の人が建築条件によって困った経験があると答えています。

・建ぺい率の知識があまりなく、予想以上に隣家と近いこと。オープン外構で統一されているが、後から改修などが難しいこと。(30代/専業主婦・主夫/女性)
・建築条件付きは、業者のいいなりになるのが怖いです。(60代/自営業(個人事業主)/男性)
・建てたい家を建てる事ができなかった。(30代/会社員/男性)

建築条件で困ったことがあると答えている人のコメントからは、多くの人が建築条件を法律による規制と間違えていることがうかがえます。日照権や建ぺい率、容積率などの規制に引っかかったことを挙げる意見が目立ちました。
しかし、建築条件付きの土地だったことで、建てようと思っていた形の建物を建てることができなかったという声や、せっかくの注文住宅なのに、自分の意見が反映されなかったという声も聞かれました。
一方、建築条件で困ったことはないと答えた人のコメントは次の通りです。

・建築条件は、メーカーから提示されていたのでチェックしていた。(40代/会社員/男性)
・建築条件もしっかりと把握したうえで購入できたので困りませんでした。(40代/専業主婦・主夫/女性)
・ハウスメーカーの建築条件付きの土地だったが、特に困ったことはありませんでした。(30代/パート・アルバイト/女性)

こちらの選択肢を選んだ人のコメントにも、建築条件と法令による規制を取り違えている回答が多く見られました。
また、建築条件付きの土地であることを理解して土地を購入している場合には、ハウスメーカーやプランが限られることにあまり不満はないようにも感じられました。

注文住宅を建てるのであれば、邪魔になるのが建築条件です。そこで、最後に建築条件を外すテクニックについてご紹介します。

裏ワザ大公開!?建築条件付きの条件を外すテクニックとは

裏ワザ大公開!?建築条件付きの条件を外すテクニックとは

施工を担当する業者が限られている点以外は理想的な建築条件付きの土地があった場合、建築条件を外す方法がないわけではありません。
ただし、そのためには、絶対にこの施工業者に工事を頼みたいという明確な考えがなければなりません。というのも、施工を頼みたい業者に建築条件を外す交渉をしてもらうからです。施工業者は、土地の建築条件さえ外せれば自分のところが工事を請け負えるため、真剣に交渉をしてくれます。
しかし、売主側のハウスメーカーや工務店が簡単に条件を外してくれることはまずありません。いくらか価格を上乗せすることで交渉するというのが一般的です。
もちろん、必ず交渉で条件が外れるというわけではありませんが、売主がすぐにでも土地を売りたいと考えている場合には建築条件が外れやすくなります。あきらめる前に交渉してみる価値はあるでしょう。

まとめ

住宅用地として売られている土地の中には、建築条件付きの土地と建築条件なしの土地があります。建築条件付きの土地は、施工業者があらかじめ決まっているうえに、着工までの期間に縛りがあるため、じっくりプランを練ることができません。
自分の希望通りの注文住宅を建てたいというのであれば、やはり条件なしの土地がおすすめです。建築条件なしの土地を選んだほうが住宅を建てる際の不便がないため、できるだけ建築条件なしの土地を探すようにしましょう。

◆◆フリーダムアーキテクツデザインが開催しているデザイン住宅無料セミナーと住宅見学会の開催スケジュールはこちら。

関連記事:

これで土地探しはバッチリ?土地選び成功間違いなしのノウハウと注意点特集

 

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事