成田市で注文住宅を建てるなら知っておきたいポイント!

953 view

成田市といえば海外への玄関口である成田空港がよく知られています。一方で、緑豊かな土地柄でもあるため、子育てにはよい環境がそろっているといえるでしょう。ここでは、成田市内で注文住宅を建てることを検討している人に、周辺の土地事情や交通アクセス、住みやすさ、レジャーや観光などについて事前に確認しておきたいポイントについて紹介します。

 

自然豊かな成田市!人口や交通アクセスは?

成田市の面積は213.84平方キロメートルで、人口は約13万人です。世帯数は約6万2000世帯となっており、千葉県のなかでも中核都市のひとつです。(市政情報「成田市ってどんなまち」参照)

成田市は千葉県の北部に位置しており、北は利根川を挟んで茨城県と接しています。市の西側は根木名川、東側には大須賀川が流れているため、川が多い土地柄です。そのため、河川を利用した畑や水田が広がる田園風景がいたるところにみられます。さらに、なだらかな自然の丘も多く緑が豊富な場所でもあります。西側には県立自然公園に指定されている印旛沼があり、水と緑の風景が美しい土地です。さらに、市の南側には成田国際空港があることから、海外・国内各都市へのアクセスだけでなく、首都圏からの交通アクセスもよいのが成田市の特徴のひとつです。田園風景と国際的な雰囲気が楽しめる場所といえるでしょう。

交通アクセスも良好で、東京方面からはJR線の総武線快速が乗り入れており、成田駅・空港第2ビル駅・成田空港駅などが利用可能です。京成本線を利用する場合は公津の杜駅・京成成田駅・空港第2ビル駅・成田空港駅などの複数の駅が利用でき、スカイライナーを利用すれば都心へのアクセスも早いでしょう。そのほかには成田スカイアクセス線で成田湯川駅・空港第2ビル駅・成田空港駅などの駅に停車します。成田空港内からはリムジンバスも出ているため、都心へのアクセスだけでなく、都内の観光地や関東近郊のエリアにも気軽に行くことができます。

 

成田市で注文住宅を建てるときに注意したいポイントは?

成田市は自然が豊富な土地柄なので、のびのび子育てできる環境といえるでしょう。

一方で、市内の一部の地域には自然の崖があります。そのため、成田市では土砂災害警戒区域等の指定を行い、326カ所のエリアを警戒区域と定めています。市は市民の生命を守る事業として、急傾斜地崩壊対策事業を進めています。たとえば、勾配が30度以上ある高さが5メートル以上の崖については、崩壊などの恐れがあるために対策を行っているエリアがあるので注文住宅建築を検討するときには注意が必要です。

土地に詳しい建築会社に確認したり、市に情報を問いあわせてみたりすることも大切なポイントといえるでしょう。また、河川が多い土地柄でもあるため、市が公表しているハザードマップを確認して台風や大雨などによる洪水対策を事前に考えておくことも大切です。

 

快適な子育て環境はそろっている?

子育てにはさまざまな悩みがつきもので、育児中の家庭では市でどのようなサービスが受けられるのか気になるものです。「成田市子ども館」では子育てに関する相談が受けられます。さらに、保護者同士で交流ができるような取り組みや支援を行っているため、施設で遊びながら同じような子育て世代の人と知り合えるような工夫がされています。「なかよしひろば」では、気軽に立ち寄れるコミュニケーションスペースを提供しています。天気が悪いときは室内で子供と一緒に遊ぶことができるため便利です。

「なりたファミリーサポートセンター」では有料ボランティアのサービスが受けられます。たとえば、帰宅が遅くなる予定があり、子供のお迎えができないときには、ボランティアがサポートしてくれます。また、出産後に家事援助などのサポートが受けられるのもありがたいポイントといえるでしょう。成田市社会福祉協議会が運営しているため、安心です。さらに市内の公民館では育児サークルがあったり、子育てサポーターに気軽に相談できる場所があったりと、さまざまな子育て支援環境が整っています。また、市の保育課では保護者のやむを得ない事情により一時的に保育ができないときには、週に2日から3日を限度に子供を預かってくれます。

保育園入園前の子供がいる場合には、入園前に親子で保育園を見学できます。子供と一緒にほかの園児と遊ぶことができるので、入園前の不安が事前に解消されるでしょう。

 

歴史ある寺院と参道を訪れてみよう!

成田市のなかでもよく知られている観光地は「成田山新勝寺」です。1080年あまりの歴史があり、初詣には大勢の人が訪れます。節分の時期には豆まきなどの行事があります。年間を通して1000万人を超える人が参道で買い物をしたり、公園のなかで散歩をしたりしているため活気がある観光スポットです。また、成田空港に近いことから、海外の航空会社で勤務しているスタッフもたくさん訪れています。「成田山新勝寺」の敷地のなかには、パワースポットと呼ばれるようなご利益が得られそうな場所があったり、写経などの体験ができたりするアクティビティも豊富です。敷地が広大なので、歩き疲れてしまいそうになることもあるでしょう。そのようなときは、ボランティアガイドの方が無料でお寺の周辺を案内してくれるので利用してみるのもひとつの方法です。個人で訪れたときには予約は不要なので、困ったときには頼ってみましょう。

「成田山新勝寺」へのアクセスはJR線や京成線を利用できるので便利です。最寄はどちらも成田駅で徒歩10分ほど歩けば到着します。途中の道も参道が続いているので楽しみながら歩くことができます。あまり歩きたくないときにはバスを利用すると便利。千葉交通バス「吉岡・佐原粉名口車庫」行で乗車して成田山門前で降りれば、お寺にすぐに到着できます。JRバスを利用するときには「三里塚」行・「八日市場駅」行で乗車して成田山前で降ります。徒歩2分ほどで到着できるでしょう。

 

成田市は地元グルメの宝庫!

成田市の「成田山新勝寺」には成田駅前から長く続く表参道があります。江戸時代から続くこの参道には150店以上の飲食店や土産店がひしめきあっていて、お寺にたどり着く前にたくさん寄り道したくなるような雰囲気です。成田駅前から花崎町周辺の参道は国際的な雰囲気と日本の歴史が感じられる雰囲気が共存しているエリアです。上町界隈には成田山名物のスイーツなどが楽しめるお店があります。100年以上営業している老舗のお店も多くなっています。栗羊羹や手作りの団子、ピーナツを使用したお菓子など、いろいろな味を楽しめます。さらには、成田の牧場スイーツとしてチーズケーキやソフトクリームなども新たな名物スイーツとして人気を博しています。

さらに、仲町・幸町界隈では、成田名物のうなぎ料理店が数多くみられます。江戸時代から営業している老舗のお店があるので、店のたたずまいも江戸の風情を感じられるでしょう。お正月の時期には、多くの参拝者が名物のうなぎ料理を求めて店が混雑します。

 

自然豊かな成田市で注文住宅を建てよう!

交通アクセスにも恵まれ、水と緑が豊富な土地柄である成田市は、歴史ある建物と観光地としての顔をもつ国際都市でもあります。恵まれた環境で子育てができる成田市に注文住宅を建てれば、家族でさまざまなアクティビティを楽しむことができます。

自然災害に対する対策や建築場所についてはしっかり事前調査をしておくことも大切なポイント。注文住宅の建築設計は「フリーダムアーキテクツ」に相談してみてはいかがでしょうか。

 

◆◆フリーダムアーキテクツの詳細はこちら

◆◆土地探し無料相談会の詳細はこちら

◆◆まずは資料請求からという方はこちら

 

千葉県の他地域を見てみる

◆◆流山市の詳細はこちら

◆◆八千代市の詳細はこちら

◆◆印西市の詳細はこちら

◆◆市原市の詳細はこちら

◆◆我孫子市の詳細はこちら

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事