おしゃれでモダンな平屋の家!デザインの参考になる事例5選

12,424 view

新築の住宅と聞くと、総二階建ての家を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。しかし近年は、生活動線が楽であることや管理のしやすさから平屋の人気も高くなってきています。
中でもデザインに重点を置いたモダンな平屋は、人気の高い住宅の一つであるといっていいでしょう。
平屋は、デザインの自由度が高いこともあり、住む人の生活スタイルや趣味、嗜好を十分に取り入れた建築も可能です。これから平屋を建てようと考えている人へ、デザインの参考になるよう事例を紹介していきます。

 

【事例1】自然素材にこだわった和モダン

平屋は、古くから日本の住宅として馴染みがあり、和風デザインとの相性も抜群です。中でも、モダンな外装や内装に和のテイストを取り入れた和モダンの平屋は、世代を問わず人気があります。
家の中央に大きなウッドデッキを設け、その周りを囲むように居住空間を配置したコの字型のレイアウトは、家族の暮らしを緩やかにつなぎます。
内装には無垢の木や漆喰など相性のいい自然素材を使用することで、古くから伝わる日本家屋のような安らぎのある空間を実現しました。

庭に向かって設けられた大きな開口部は、採光性の向上とともに家の中と外の隔たりをなくし、ゆったりとくつろげる空間の立役者となっています。平屋ならではの高い天井も、日々の生活にゆとりと解放感を与えてくれるでしょう。
広々としたリビングは細かに用途を限定せずに活用できるため、将来的な生活スタイルの変化にも対応してくれます。プライバシーを守りつつ居住空間からダイレクトにウッドデッキへ出入りできる和モダンの平屋は、子育て世代やペットがいる家庭も満足できる心地よい住まいです。

 

【事例2】安心感のあるモダンスタイル

平屋での暮らしには、シンプルで安心感のあるデザインが似合います。自然素材をふんだんに使用したナチュラルなリビングダイニングは、木材の柔らかな雰囲気が特徴的です。
一歩和室へ入ると、心地いい藺草の香りとシンプルなデザインの薩摩中霧島壁が出迎えてくれます。窓から広がるウッドデッキは和室と庭をダイレクトにつなぎ、癒しのある空間をさりげなく演出し、シンプルでありながらも機能性も兼ね備えています。

ワークトップに天然の御影石を使用したキッチンは、本物ならではの高級感と天然素材特有の安心感が同居する空間です。機能性、デザイン性ともに優れているため、毎日の家事も心安らぐ時間となるでしょう。
庭に植えられた1本の木は、この家のシンボルツリーです。外が暗くなると部屋の明かりでシンボルツリーが照らされるよう計算されており、一日の終わりを粋な演出で迎えます。
リビングとシンボルツリーの間には日本家屋特有の縁側を思わせるウッドデッキが設けられており、くつろぎのスペースとして活用することも可能です。平屋ならではのどっしりとした安心感で、安らぎのある毎日を送れるでしょう。

 

【事例3】ナチュラルでスタイリッシュなモダン

中庭を中心とした平屋は、居心地のよさと機能性を兼ね備えており、ナチュラルで開放的な毎日を演出してくれます。住空間は中庭を囲むように設計しているため、玄関ホールやリビングなど、いる場所を選ばずに庭を眺めることも可能です。中庭にシンボルツリーを配置すれば、木の成長とともに家の経年を楽しめるでしょう。
シンプルな内装ですっきりと仕上げられたリビングは、現代的でスタイリッシュな空間です。天気がいい日は窓を開けてリビングと中庭をつなぎ、吹き抜ける風を感じられます。

リビングから続くダイニングは、間仕切りこそないものの、つながりが緩やかになるよう工夫されていて安心です。外観はベージュとブラウンを基調とし、落ち着きのある和のテイストを取り入れつつも、すっきりとした端正な佇まいを実現しました。スローライフに合うイメージが強い平屋でありながら、都会的な生活スタイルにもしっくりとなじむ家となるでしょう。

 

【事例4】ネイビーとホワイトのシンプルモダン

余計な装飾を施さず、シンプルでモダンな住まいは、海外にある一軒家の雰囲気を醸し出します。リビングには勾配天井を活かした中2階を併設しており、平屋でありながら用途を分けた空間づくりを可能にしました。
ダイニングキッチンはスキップフロアで1段高い場所に配置し、奥行き感のある空間になっています。平坦な印象が強い平屋ですが、あえて段差を取り入れることで壁に頼らない間仕切りが可能となり、生活にメリハリが出るでしょう。

壁紙は白、キッチンはネイビーの壁紙を使ってアクセントを付けていることも、平坦な印象を軽減するポイントです。水回りを同じエリアにまとめることで効率的な家事動線となり、シンプルな暮らしが実現できます。
天候に左右されず洗濯物を干せるサンルームや、帰宅後すぐに手を洗える玄関ホールの水栓など、随所に暮らしやすさを考えた工夫が施されているのもポイントです。平屋のよさを十分に生かしつつも、さまざまな工夫をほどこすことで生活スタイルが異なる家族も心地よく過ごせるでしょう。

 

【事例5】懐かしさを感じる大屋根の和モダン

伝統的な日本家屋の特徴でもある大屋根は、和モダンの平屋にもぴったりです。鮮やかな漆喰の白と本焼杉の黒のコントラストは重厚感のある外観のアクセントとなり、モダンな雰囲気を醸し出します。
和の趣あふれる玄関は、正面に和室を配置するといったこだわりのレイアウトです。和室は襖と障子に囲まれた本格的な造りで、大切なお客様のおもてなしにも活躍してくれるでしょう。
リビングとダイニング、和室は緩やかにつながっており、ワンフロアならではの解放感があります。一方、リビングとダイニングの天井高には段差が設けられており、メリハリのある空間です。

高級な隠れ宿を思わせるバスルーム周りは自然素材にこだわった内装です。暖かみのある床材は素足の心地よさを実感できるでしょう。すべての内装を上品に仕上げることで、こだわりのある個性的な家具や和風のインテリアも自然になじみます。今後、変化するであろう生活スタイルにも柔軟に対応できる、機能的な住まいです。

 

モダンな平屋の家に住もう!

家を建てるときは、目先の生活スタイルを重要視しがちになります。しかし、人間の生活スタイルは生涯変化しないわけではありません。今は子供部屋が複数ある家が理想だけれど、数十年後にはワンフロアで夫婦穏やかに暮らせる家が欲しくなることも考えられるでしょう。
家はそう何度も建てられるものではないため、将来の生活スタイルも見据えた計画が必要になります。従来、日本の住宅は部屋ごとに用途を限定せず、フレキシブルに空間を活用していました。これは、長きに渡り同じ住まいで暮らしていくための工夫といえるでしょう。

一方、現代の生活は共働き世帯の増加や家族構成の多様化が進み、効率化が求められることも少なくありません。それは家においても同じことがいえるでしょう。
昨今のモダンな平屋には、伝統の住まい方と現代の生活様式を融合させた魅力があります。大人も子供も、世代を超えて自分と家族の生活を楽しめる家を建てたいと考えるのなら、平屋は現実的な選択肢です。
おしゃれでモダンな平屋のデザインは豊富にあります。紹介した事例を参考に、家族が幸せに暮らせる理想の家を考えてみましょう。

 

フリーダムには「家づくり」に関する各種相談窓口がございます。
家づくりを検討されている方、土地をお探しの方、新築・中古問わず住宅の購入を検討されている方、すでにフリーダムとご契約されている方など、どのようなご相談にも無料でお答えいたしますので、お気軽にご相談ください。

◆◆「フリーダムが手掛けたデザイン住宅の作品集を今なら無料でお届けします。

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事