こだわりのある3階建の注文住宅!ポイントや注意点は?

186 view

注文住宅を建てようと考えた場合、階数は大きなポイントになります。戸建住宅の多くは2階建ですが3階建の建物がないわけではありません。特に、地価の高い都心部などでは根強い人気があります。ただ、3階建の戸建住宅は2階建と比べると特殊な点がいくつか存在します。そのため、事前のチェックが重要になってくるのです。そこで、3階建の注文住宅を検討している人のために、建てる際のポイントや注意点などについて解説をしていきます。

 

3階建の注文住宅にするメリット

家を建てる場合、重要なポイントとなるのが床面積です。できるならば、ゆったりとした生活空間を築きたいものですが、敷地面積が決まっている以上、確保できる床面積にも限りがあります。そこで、2階建の住宅を3階にすれば床面積を一気に増やすことができます。たとえ、狭い土地であっても、それを最大限に活かして十分な生活空間を確保することができるのは大きな魅力です。仮に、都心部に職場がある人が、限られた予算で家を建てようとしたとします。2階建の家なら、都心部から離れた地域で安い土地を探すしかないかもしれません。一方、3階建なら狭い土地でも十分なので、土地取得費用を抑えて地価の高い都心部でも家を建てることが可能となるわけです。

また、階数ごとに用途を細かく分けられるのも3階建ならではの利点だといえるでしょう。たとえば、1階を事務所や店舗にして2階と3階を居住スペースにするといった活用方法も可能になります。あるいは、1階をガレージにして2階3階を居住スペースにすることもできます。これが2階建だと居住スペースが極端に狭くなるため、こういった活用方法は困難でしょう。さらに、完全2世帯住宅の場合でも3階建なら、人数に応じたスペース配分が可能です。親世帯が2人で子世帯が4人であれば、1階を親世帯、2階と3階を子世帯のスペースとして区分することができます。もし、両者が同人数であれば、各世帯が1階と3階に分かれて2階を共有のLDKとして使用するのもよいでしょう。

その他の利点としては窓の有効活用が挙げられます。当然、3階建の家の窓は2階建よりも高い位置にあるため、眺望のよい家にしやすくなります。それに、総床面積が同じなら2階建と比べて1フロアあたりの部屋は少なくなる点も見逃せません。それだけ、窓の配置がしやすくなるため、工夫次第で自然光や風の入りやすい家にできるというわけです。

 

3階建の注文住宅にするデメリット

家を3階にすると総床面積が増えるのはいいのですが、階段も1つ多くなることになります。そうなると、そのスペースが無駄に感じてしまいますし、視覚的にも邪魔になる場合があります。また、若い人はともかく、年齢を重ねてくると、3階まで登るのがつらくなるのもデメリットだといえるでしょう。ちなみに、家族で暮らしている場合、子どもが独立したら家を売って利便性の高いマンションを購入するといったケースもあります。あるいは、老後は田舎で暮らしたいと考えている人もいるでしょう。ただ、3階建ての家はあまり一般的でないため、どちらかといえば売れにくく、資産価値も下がりがちです。そのため、家を建てる際には、いかにして資産価値の高い建物にするかといった視点が重要になってきます。

そして、忘れてはならないのが耐震性の問題です。3階建の家とは単純にいえば、2階建の家にもう1階分の建物が乗っている形になります。当然、建物にはそれだけ大きな負担がかかっているわけです。おまけに階が高くなると、地震の際には揺れやすくなります。そうした面を考慮しながら家を建てなければならないのもデメリットの一つです。

 

3階建の注文住宅は割高?

3階建の家は2階建よりも重量面で大きな負担がかかっているため、より強固な構造にしなければいけません。しかも、単に丈夫にすればよいというわけではなく、建築法規によって構造計算書の提出が義務付けられており、審査に合格する必要があります。そのためには、柱や梁、壁面などの量を2階建のそれよりも増やさなくてはならなくなるケースもあり、建設コストが高くなる場合があるのです。それに、建物の安全性や資産価値などを考えると、耐震等級も3を取得しておきたいところです。耐震等級とはどの程度の地震なら耐えられるかを示したランクであり、等級3の場合は想定される1.5倍程度の地震に耐えられるといわれています。ただ、それを取得しようと思えば、当然、建築コストもよりアップしていくというわけです。

また、建物の重量が大きくなれば、構造強化だけでなく地盤改良工事も必要になります。どの程度の工事になるかは地盤の状態によって異なってきます。たとえば、軟弱地盤が2メートル以内の場合は、地盤そのものの強度を上げてその下にある良好地盤と一体化させる表層改良工法を用いるのが一般的です。もし、軟弱地盤が2メートル以上8メートル未満の場合は、コンクリートの柱を良好な地盤と繋げる柱状改良工法が行われます。そして、それよりも良好地盤までの距離が深いケースでは、コンクリートの柱の代わりに鋼の杭を打ち込む鋼管杭工法が採用されることになります。ちなみに、工事費用は軟弱地盤が深いほど高くなる傾向にあり、仮に鋼管杭工法を採用したとすると、予想される工事費用は100万円以上です。

さらに、3階建の家は階段が2つあるので手狭になりがちです。それをカバーしようと思えば、間取りを工夫する必要があります。うまくいけばよいのですが、失敗すると無駄ができるなどしてコストアップの要因となってしまいます。

 

3階建の注文住宅のポイント

3階建の家を建てるとなると、どうしても強度面が問題になってきます。実際、そういった問題をクリアするために鉄骨造や鉄筋コンクリート造の住宅が増加しています。しかし、それらの家は木造住宅に比べると割高です。したがって、なるべく安い費用で強度面も安心な家を建てようと思えば、3階建住宅の建築実績が多い業者に依頼するのが賢明です。実績が多ければ、3階建住宅に関するノウハウが蓄積されているため、より安全でリーズナブルな家づくりが期待できるでしょう。

また、土地購入の前には地盤調査は必須です。なぜなら、購入したあとに地盤が軟弱なことが判明すると、地盤改良工事にかなりの費用がかかってしまうからです。事前に調査を行い、地盤が良好な土地を購入することで、余計な費用を使わなくてすむようになります。ちなみに、プロの調査会社に地盤調査を依頼した場合の費用相場は5~10万円程度です。もし、すでに自分の土地を所有している場合は、地盤調査を無料で行ってくれるハウスメーカーも存在するため、そういったところを探してみるのも一つの手です。

そして、具体的にどのような家を建てるかを検討する際には、生活動線を考慮した間取り設計が重要になってきます。3階建の家は2階建に比べて間取りが複雑になりがちです。それなのに、各自の要望をただ詰め込んだだけの家にしてしまうと、移動が不便で生活がしにくいといったことにもなりかねません。たとえば、洗面所は1階なのに洗濯干し場は屋上のバルコニーにあるといった具合です。このような失敗をしないためにも、日常生活において各自がどのような動きをするのかを入念にシミュレーションし、その上で間取りを考えていく必要があります。

 

納得のいく注文住宅にしよう!

3階建の注文住宅にはコストがかかるというデメリットがあります。しかし、その一方で、たとえ狭い土地であっても広い生活空間を確保できるのは大きなメリットです。その他にも、3階建の注文住宅には多くの魅力が存在します。ただ、3階建ならではの間取りの工夫が求められるので、よく検討を重ねた上で、住み心地に納得のいくような家にしていきましょう。

 

フリーダムには「家づくり」に関する各種相談窓口がございます。
家づくりを検討されている方、土地をお探しの方、新築・中古問わず住宅の購入を検討されている方、すでにフリーダムとご契約されている方など、
どのようなご相談にも無料でお答えいたしますので、お気軽にご相談ください。

◆◆「フリーダムが手掛けたデザイン住宅の作品集を今なら無料でお届けします。

カテゴリー:

あなたにおすすめ

新着記事

おすすめ記事