フリーダムの注文住宅 人気ランキングベスト10 2021年6月版

76,425 view

フリーダムアーキテクツのホームぺージでお客様によくご覧頂いた注文住宅の実例をランキング形式で発表します。
集計期間:2021年6月

第10位 CASE665 LUCE

旗竿敷地の住まいに光が降り注ぐ。

2060views

閑静な住宅地の旗竿敷地に計画された住宅。比較的暗くなる1階部分にリビングを設けたいというご要望を受け、3階部分に大開口窓とトップライトを設置。3階、2階と吹抜けを連続して設けることにより1階まで自然光が降り注ぎます。光を拡散させ空間を広く見せる効果を期待し、リビングの壁一面をガラス張り、各部屋へは室内窓を設けています。敷地のデメリットを解消しつつ、柔らかな光に包まれた室内空間を叶えました。

CASE665 LUCE

CASE665 LUCE

事例を詳しく見る

第9位 CASE717 光土間の家

吹抜け土間と中庭がある住まい。

2253views

住宅街に計画された住まい。玄関を開けると、開放感を高めてくれる2層分の吹抜け土間が出迎えてくれ、視線の先には中庭があり光と風が通る空間に。玄関に隣接するリビングには、吹抜けからの柔らかな光が拡がる心地よい空間になっています。LDKは、リビングとダイニング・キッチンに分け、2つの空間を中庭で繋ぐことで、のびやかで拡がりのある空間と家族の気配を感じられる繋がりのある空間に仕上がりました。

CASE717 光土間の家

CASE717 光土間の家

事例を詳しく見る

第8位 CASE632 H邸(社長の邸宅)

ご家族への感謝の気持ちが生み出した邸宅

2261views

親孝行のために、両親に家をプレゼントしたいという想いから始まった家づくり。そのため、「両親想い」を設計のコンセプトに進められました。LDKや屋上テラスは、ご兄弟も含めてご家族全員が集まった際に、誕生日会やバーベキューなど、心ゆくまで歓談を楽しめるようにプランを描くなど、家全体を通してご両親、そしてご家族への感謝が詰まった住まいとなりました。

CASE632 H邸(社長の邸宅)

CASE632 H邸(社長の邸宅)

事例を詳しく見る

第7位 CASE720 S×S

広がりのある都市型狭小住宅。

2282views

公園や学校が近く、子供達の声や木々の葉擦れの音が聴こえる温かい雰囲気のエリアに計画された狭小3階建ての住宅。細い道路が密集している住宅街のため、1 階は通風用の窓のみにし、2階と3 階にバルコニーと大きな開口部を設け、プライバシー性と周囲の環境との一体感を両立しています。また内装は木を多く使い、自然との一体感を高めました。光や風だけでなく心地よい環境音をも内部に取り込み、お施主様の温かい雰囲気で包まれた柔らかな時間の流れる住まいに仕上がりました。


CASE720 S×S


CASE720 S×S

事例を詳しく見る

第6位 CASE687 “□×□×和 (ハコニワ)”

心落ち着く静かな時に癒される住まい。

2863views

開口部の少ない閉鎖的な印象の外観。宅内に入ると、空へと視線が抜けていくように計画された窓の配置で、開放感ある空間になっています。また、古民家を彷彿とさせる濃い色味の木材で包まれた落ち着きのある空間に仕上げ、温かな雰囲気に。家族との時間をゆったりと過ごせる、「離れの宿」のような心を開放させてくれる穏やかな時間を刻みます。

CASE687 □×□×和 (ハコニワ)

CASE687 □×□×和 (ハコニワ)

事例を詳しく見る

第5位 CASE678 K邸(社長の邸宅)

都会での暮らしを優雅に楽しむ邸宅

2869views

アーバンリゾートをテーマに計画された邸宅。リビングとキッチンに隣接するように設けられたバルコニーは、ご家族やゲストとの食事を快適に楽しめるように、6m×6mの広大な空間を設けています。また、屋上テラスには、プールやデイベッドを配置し、都心を一望できる景観を楽しみながら優雅なひとときを過ごせる空間に仕上げています。

CASE678 K邸(社長の邸宅)

CASE678 K邸(社長の邸宅)

事例を詳しく見る

第4位 CASE605 切妻のsign

シンプルに力強く発信するsign(標識)住宅

3033views

構造設計者のお施主様と目指したのは、ランドマークでもシンボルでもなく、ただそこに建ち単純な形でメッセージを力強く発信するsign(標識)のような建築。よくある形、本物の素材を採用し、素材そのものの魅力を最大限に引き出すこと、また「枠は縦勝ち」「チリは○○ミリ」などの建築の定石と言われるような手法すらも一つ一つ吟味し、細部を納めています。単純な矩形に切妻屋根の外観、杉板貼りの玄関引き戸を開けると裏庭の植栽越しに借景でもある公園が見渡せる開放的な玄関エリア。玄関正面の壁から続くシナの壁をたどっていくと、2階の明るいリビングへと導かれます。太陽が降り注ぐテラスには、鯉のぼりなど季節の飾りが置かれ、この家に暮らす家族の「暮らし」のsignになります。

CASE605 切妻のsign

CASE605 切妻のsign

事例を詳しく見る

第3位 CASE631 こやのいえ

「無骨さ」と「無機質な色彩」が調和する住まい。

3446views

ノスタルジックな風景がのどかな雰囲気を演出する敷地。その風景に馴染むように佇む、白壁の住宅。内部は、レッドシダーや無垢材、墨モルタル、珪藻土、漆喰、鉄などの素材をあえて剥き出しにすることで、「無骨さ」と「無機質な色彩」がそれぞれの魅力を活かすように調和しています。素材の魅力に満ちた空間に心癒される、そんな住宅に仕上がりました。

CASE631 こやのいえ

CASE631 こやのいえ

事例を詳しく見る

第2位 CASE706 Re:load

倉庫のようなシンプルさが暮らしを豊かにしていく住まい。

3940views

桜の並木道にたたずむ倉庫のような住宅。 コンパクトな設計ながら、桜並木を切り取るピクチャーウィンドウや空間をつなぐ吹抜け、プライバシーを守り空へと視線を導く中庭、長い廊下がメリハリを創出し、心地よい広さを感じられる空間に仕上がっています。暮らしていく中で、住まい手が好みに合わせてカスタムするインテリアが日々を彩り、ライフスタイルに合わせて住まいをリロードしていく。使い勝手を制限しないからこそ生まれた豊かな住宅です。

CASE706 Re:load

CASE706 Re:load

事例を詳しく見る

第1位 CASE707 IGNIS

ホームキャンプを楽しめる住まい。

4433views

山の麓に「自宅の庭でホームキャンプをしたい」という要望から出来た住宅。草木が生い茂る原風景の面影を残していた広大な敷地を活かし、最小限の範囲だけを切り開きキャンプ場のような雰囲気を創出し建物を建築した。空間構成はシンプルながら建物内部には、杉の足場板や縞鋼板など無骨な印象に仕上がる素材を採用し、お施主様こだわりのキャンプ用品が空間を彩っています。ラテン語で篝火(かがりび)という意味を持つ「IGNIS」。古から人々が篝火の元で集ったように、この場所に仲間と集い共にキャンプを楽しむ暮らしが始まっています。

CASE707 IGNIS

CASE707 IGNIS

事例を詳しく見る

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事