住宅会社探しは設計事務所がいい?特徴や注文住宅を依頼するメリット

23,230 view

家を建てるというと、依頼先はハウスメーカーか工務店を思い浮かべるかもしれません。
しかし、注文住宅を建てるのであれば、設計は設計事務所に依頼するという選択肢もあります。
最初からある程度建てる家の形が決まっているハウスメーカーや工務店とは異なり、設計事務所は独自性のある設計で勝負します。そのため、オンリーワンの家に仕上がる可能性が高まります。
ここでは設計事務所の特徴や注文住宅を依頼するメリットなどについて解説します。

設計事務所ってどんな特徴がある?ハウスメーカーや工務店との違い

設計事務所とハウスメーカーや工務店との大きな違いは、どんな基準で設計をするかという点です。
設計事務所では設計だけを専門に行い、施工は工務店に依頼します。それに対して、ハウスメーカーの場合は、所属の建築士や設計士が設計した図面をもとに、下請けの工務店に施工を依頼します。工務店は工務店に所属する建築士や設計士が設計した図面に合わせて施工を行います。
施工をするのが工務店という点はいずれも同じですが、どのような設計をするかという点がまるで違います。設計事務所に依頼した場合は、依頼者の希望を聞いたうえで、依頼者の希望にできるだけ合うように設計を行い、それを形にできる工務店を選定して施工を依頼します。
それに対して、ハウスメーカーや工務店は、いくつかのパターンの中から依頼者の希望に近いものを選び、修正を加える形で設計することがほとんどです。
わかりやすく言えば、設計事務所は依頼者の希望を聞いて、依頼者側の立場で設計するのに対して、メーカーや工務店の設計担当者はあくまでも施工者側の立場で設計をするという点が大きく違っているということです。
施工者の立場で設計したものに対する依頼者の意見を聞いて、修正を加える形で家を仕上げていくという点が設計事務所の設計と大きく違っています。

設計事務所に住宅の建設依頼をするメリットは?デメリットはあるの?

設計事務所に注文住宅の設計を依頼すると、自由度が高くデザイン性の優れた家になりやすいという点がいちばんのメリットです。
法令と予算の範囲内であれば、どんな工法を取り入れることも可能です。制約がほとんどないため、依頼者の希望だけでなく、土地の広さや形にも合わせた家にすることもできます。
また、設計事務所の設計士が、施工に際して設計図面通り建てられているかどうかをチェックする「管理業務」を行うため、手抜き工事をされにくく、欠陥住宅になりにくいというメリットもあります。
ただし、設計事務所に依頼すると、設計料だけでなく監理料もかかるため、コストが割高になる点はデメリットと言えます。また、ローンを組む際には、自分で融資の段取りをして、タイミングを見計らって手続きを取らなければならない点もデメリットと言えるかもしれません。
とはいえ、満足度の高さならやはり設計事務所のほうがおすすめです。

依頼者が考える設計事務所の魅力!最大のメリットは何?

ここで、注文住宅を建てるとき、メーカーや工務店ではなく設計事務所を選ぶ決め手は何なのか、街の声を聞いてみました。

希望に沿ったオリジナルの家になるのが最大の魅力

・設計士さんと直接話し合い、希望を聞いてもらえるところです。(40代/専業主婦・主夫/女性)
・設計者に自分の理想とする住宅イメージを伝えることが出来る。(40代/会社員/男性)
・自分の要望を可能な限り叶えてくれるところだと思います。(20代/会社員/女性)
・自分のライフスタイルにあった設計をしてもらえることだと思います。(20代/会社員/男性)
・常識にとらわれないデザインを期待できる点です。(30代/パート・アルバイト/女性)
・様々な注文を聞いてくれるので、オンリーワンな住宅設計ができること。(30代/会社員/男性)

【質問】
設計事務所に注文住宅を依頼する最大の魅力は何だと思いますか?

【回答結果】
フリー回答

調査地域:全国
調査対象:20 歳以上の男女
調査期間:2017年03月31日~2017年04月06日
有効回答数:150サンプル

アンケートのコメントをまとめると、設計事務所を選ぶ最大の魅力は、自分の希望に沿った自分だけのオリジナルの家になる点にあるということになりそうです。
わざわざ注文住宅の形で家を建てるわけですから、皆さんそれなりのこだわりや希望があるはずです。その希望を聞き取って、設計に活かしてくれるのが設計事務所であると感じている人が多いようでした。
では、最後にどんな条件で注文住宅を依頼する住宅会社を選んだらよいかを考えてみましょう。

住宅会社選びには欠かせない!依頼する際に忘れてはならない条件は?

注文住宅を建てるなら、最初に自分が家に盛り込みたい条件をすべて書き出すところから始めましょう。
実現可能かどうかにとらわれず、どんな家にしたいのかという理想をすべて書き出すようにします。次に、その理想を叶えられそうな住宅会社を複数ピックアップします。
メーカー、工務店、設計事務所と幅広く対象にして、その中から選ぶようにすると妥協する部分が少なくて済みます。
住宅会社によって、それぞれ得意とする工法や構造が異なり、かかる費用にも差があります。とりあえずは予算を考えずに、自分の希望通りの家になりそうな住宅会社を選んでみましょう。
いくつかに絞ったら、その時点で相見積もりを依頼します。注文住宅ですから、最も自分の希望が通りやすいところを選ぶと後悔せずに済みます。
もちろん、予算とかけ離れていると実現が難しくなります。希望通りの家からどの部分を削っていくかを相談し、できるだけ希望に沿った形で決着するように持って行くと満足感の高い家になるでしょう。
そういった点からも、注文住宅を建てる際には設計事務所を選ぶとメリットが大きいと言えます。

まとめ

設計事務所に注文住宅の建築を依頼することの魅力は、自分の理想を現実の形にしやすいという点に尽きるでしょう。
設計事務所では依頼者の希望に基づいた設計をするため、依頼者と設計士がきちんとイメージを共有できれば、理想に近い家に仕上がります。
また、図面に基づいて施工を行うのは工務店ですが、工務店の作業に対する監理は設計事務所が行います。
作業者による手抜き工事を防ぐことにも繋がるため、欠陥住宅になるのを防げる点も魅力的です。

◆◆フリーダムでは家づくりのプロによる「家づくり無料相談会」をご希望の方はこちら。

◆◆建築設計事務所フリーダムアーキテクツのHPをみる

関連記事:

適切な住宅会社選びのために!種類と選び方を知ろう!

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事