和室の収納スペースを考えよう!収納ノウハウ特集

19,338 view

和室の収納スペースを考えよう!収納ノウハウ特集

収納のことをあまり深く考えずに和室を作ってしまうと、実際に使い始めたときに、使い勝手の悪さが気になるかもしれません。和室の収納といえば押入れを思い浮かべる人が多いはずですが、配置を間違えると使えない押入れになってしまいます。
例えば、出入り口、窓、床の間、押入れで4辺すべてが埋まってしまうと、部屋のどこにも物を置けなくなってしまう可能性があるからです。
そこで、和室の収納スペースをどのように活かしたら良いのかを解説します。

和室向けの収納!収納スペースの種類は?

和室の収納

和室の収納スペースの代表格は押入れです。もともと布団を収納するスペースですから、洋室の収納よりも奥行きがあるのが一般的です。
押入れには「江戸間」「京間」「中京間」と異なるサイズがあり、それぞれ収納できる荷物の量に差があります。幅1間サイズの押入れの扉は引き違い戸になっていることがほとんどですが、幅によっては観音扉や開き戸になることもあります。腰の高さに中板があり奥行きもあるため、布団収納には便利ですが、衣服をしまうスペースとして使う場合は工夫が必要です。
押入れ以外にも長押の上のスペースには天袋という小さな戸棚を設けることもあります。奥行きのある戸棚で、押し入れと同じ幅に作ります。
床の間の脇や窓の下には地袋を設置することもあります。地袋は上面を飾り棚として利用できるため、和室をおしゃれに演出するアイテムとしても役立ちます。天袋も地袋も普段はあまり使わないものを収納するのに便利なスペースです。
和室ならではの収納としては、畳の下のスペースを利用する方法もあります。畳を扉にして、その下に収納庫を設ける方法です。
頻繁に出し入れするものよりも、出し入れが年に1~2回程度で済む、使うシーズンが限られている物の収納におすすめです。

綺麗な和室に見せるために!すっきりとしまえる収納方法

和室の収納方法

和室は畳の上にあれこれ置くとすっきり見えません。また、扉の前に物を置くと収納した物の出し入れができなくなってしまいます。それゆえ、たんすなどの収納家具が置きにくいという難点があります。
ですから、和室の収納は押入れや天袋など作りつけの収納がメインです。しかし、押入れのサイズが昔の布団を基準にしている場合、長さも幅も大きい現代の布団がうまく収まらない可能性もあります。
そこで、注文住宅の和室に押入れを作る際には、押入れの中をあらかじめ使いやすいようにアレンジしてもらっておくのもひとつの方法です。
例えば、左右の片側を布団の幅に合わせた棚収納スペースにして、もう片側をクローゼット代わりに使える中板のないハンガースペースにしてもらうようにすると使い勝手がよくなります。
ただし、そのためには、押入れに入れたい物を具体的にリストアップして、どのくらいのスペースが必要かを前もって考えておく必要があります。押入れは、総体積だけを考えても使える収納にはなりません。
形や重さの違うものをどこに納めるかを考えることが大事です。具体的に収納するものを決めて、それにぴったり合う収納スペースを用意できれば、すっきり収まるというわけです。
もしも、初めから押入れの形やサイズが決まってしまっているのであれば、逆に、どこにどんなものが収まるかをよく考えてから収納していきます。

アイテムを活用しよう!和室に使える収納アイテム

和室の収納スペース

和室の収納は、押入れだけでなく、天袋も地袋も奥行きがあるという点が特徴です。一見たっぷり入って便利そうですが、奥に収納したものは出し入れしにくいため、入れっぱなしになってしまうことが少なくありません。
ですから、和室の収納はいかに奥まで出し入れしやすい形で有効活用するかがポイントになります。文字通り、どんどん押し入れてしまうと、出し入れがしづらく見た目も汚い収納になってしまいます。
そこでうまく利用したいのが収納アイテムです。押入れ用の収納アイテムには以下のようなものがあります。
・押入れ用衣装ケース
高さや幅、奥行きに合わせて組み合わせて使います。引出しタイプのものは、引出しが柱などに引っかからないようにサイズをよく考えて配置します。
・押入れラック
収納スペースの高さを区切って使うのに便利です。複数の押入れラックを置いて、上に布団を、下にそれ以外の物を収納するという方法と、一部だけにだけ押入れラックを入れて高さを区切るという方法があります。
・押入れ用ハンガーラック
押入れにもハンガーラックを置けば洋服をハンガーにかけた状態で収納できます。奥に向かってハンガーを並べる方法と、横向きにハンガーを並べる方法があります。
・押入れたんす
押入れのスペースにすっぽり収まるたんすです。奥行きの短い引出しを前後に置き、季節ごとに入れ替えて使うタイプもあります。
これ以外にも、キャスター付きの衣装ケースや、すき間用のワゴンを押入れの下段に入れて使うという方法も考えられます。ただし、押入れで使う収納アイテムは、スペースぴったりに詰め込んでしまうと、実際に使うときに、引出しなどが敷居や柱などに引っかかって使えないことがあります。
特に、ふた式の収納ケースは、あまり上にたくさん積むと下に置いたものを取り出すときに苦労します。使うときのことを考えて配置するようにしましょう。

和室の収納スペースの活かし方!しまうべきものは?

最後に、和室の収納にはどんなものをしまっている人が多いのか、アンケートを取って調べてみました。

普段は使わないものの保管がメイン

・上段には来客用の寝具。下段には石油ストーブやミシン、予備のトイレットペーパーやティシュなど。(40代/専業主婦・主夫/女性)
・押入れには、上段に普段あまり使用しないもの(お雛様等)中段には布団を中心に各種寝具類、下段には収納ボックスを利用し、下着肌着類を収納しています。(50代/会社員/男性)
・使用する頻度の少ない書類やショップバック。お盆用のかざり一式。(20代/会社員/女性)
・客用布団一式、こたつ布団、座布団等常時使用するわけではないが、保管しておく必要があるものを収納している。(50代/会社員/男性)
・布団、季節の変わり目にタンスの中身と交換した衣類、未使用のタオル、季節の飾り物(クリスマスツリー等)(60代/専業主婦・主夫/女性)
・和室には、着物タンスや押入れには布団や座布団など収納しています。あとは、こたつとこたつ布団も収納しています。(50代/パート・アルバイト/女性)

【質問】
和室の収納スペースには主にどんなものを収納していますか?

【回答結果】
フリー回答

調査地域:全国
調査対象:20歳以上の男女
調査期間:2017年03月31日~2017年04月06日
有効回答数:265サンプル

今回のアンケートの回答者は、ほとんどの人が和室を客間として考えていました。また、和室の収納スペースはほぼ全員が押入れをイメージして回答しています。
そのため、布団や座布団を収納するという回答が圧倒的に目立ちました。自分たちが寝るときに使う布団ではなく、来客用の寝具を保管しているという声が多く、和室が普段から使われていない様子がうかがえます。
雛人形や五月人形、クリスマスツリーといった出す時期が決まっている飾り物や、扇風機、ストーブ、こたつ布団など、使う季節が限られている生活用品を収納しているという人が多かったのも、和室が日常的に使われていない部屋だからなのかもしれません。
重いものやかさばるものをしまうスペースとして使っている人が多かったことから、家の中でも特に大事な収納スペースになっていることは間違いなさそうです。

◆◆フリーダムの和室デザインの実例をチェック

まとめ

和室の収納スペースは、内部をどのように区切ってどこに荷物を配置するかによって、収納量も使い勝手も大きく違ってきます。特に、奥行きのある押し入れなどは、奥に入れたものを出し入れしやすいようにすると、それだけで実際に使えるスペースが広がります。
和室の収納を上手に利用すれば、すっきりするのは和室だけではありません。家中から和室に収納したい物を持ってきてしまっているのですから、家中がすっきり片付くことになります。

◆◆フリーダムアーキテクツが開催しているデザイン住宅無料セミナーと住宅見学会の開催スケジュールはこちら。

関連記事:

新築の注文住宅で満足するために!和室の役割を考えるべき理由

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事