平屋の外観を考える!デザインのポイントまとめ

3,462 view

平屋を建てるとき、外観をどのようにするかは簡単には決めにくいものです。できれば、平屋ならではの特徴を最大限に活かしたいところですよね。平屋は敷地の広さがある程度必要ですので、2階建てに比べると数は少ない傾向です。しかし、だからこそ希少性があり、他の人とは違うオリジナリティが発揮できるでしょう。
平屋の外観で気をつけるべきポイントは屋根、窓、外壁などが主になります。ここでは外観デザインで失敗するパターンをまず紹介し、平屋の外観で押さえるべきポイントを解説していきます。

 

平屋の外観デザインの失敗例

平屋住宅の外観を決める際に、失敗しがちなパターンを4点紹介します。まず、全体のイメージが固まっていない段階で、外観をパーツで決めてしまう場合です。外壁を決める前には必ず、全体像のイメージができあがってからにしましょう。
素材や色で良いものが見つかると、それを使いたくなる気持ちはわかりますが、パーツだけで選ぶと失敗する確率が上がります。平屋は統一感が大事なのです。

次に、テラスに実用性がないパターンです。当たり前の話ですが、平屋住宅には2階がありません。そのため、洗濯物は1階に干すことになります。おしゃれさを求めるあまり、テラスを不要に感じる人も少なくはないでしょう。
また、テラスを一応作ったものの、庇がほぼ無いような作りにしてしまう人もいます。庇をしっかりと用意しなければ、雨や鳥の糞などを防げないこともあるでしょう。デザイン重視も悪くはないですが、その家で生活する上での実用性を考慮することが大切です。

3点目のポイントとして、屋根の大きさにも注意しましょう。平屋住宅は1階の面積が広くなるため、それに比例して屋根も大きくなります。大きな屋根を利用して、太陽光発電のソーラーパネルを設置するのも良いアイディアです。
しかし、屋根が大きいのはメリットだけとはいえません。たとえば、大雨が降った際には、その雨を受け取る面積が大きいです。雨を大量に受けすぎると、どこかの箇所で雨漏りする可能性が高くなります。

最後に、窓の大きさについてです。屋根と同様、窓についても平屋は大きな作りにしやすいでしょう。ただし、あまりに大きな窓を作るのは考えものかもしれません。
大きな窓は開放感があるものの、家の中が外部から見えやすくなります。人によっては、常に誰かから見られているような感覚を持つ場合もありますよね。家の前の人通りが多い場合は、窓の大きさはよく考えましょう。

 

外観デザインを考えるときのポイント

平屋住宅の外観を考えるときは、まず屋根の高低を意識しましょう。平屋の外観デザインは屋根の低い形がオーソドックスです。屋根が低いと、外から見える屋根の面積が広くなるため、その家の外観を印象づける重要ポイントになります。
つまり、平屋住宅の印象は屋根の外観で決まるといっても過言ではありません。屋根を低くすると和風な雰囲気になりやすく、逆に屋根が高いと洋風チックなデザインになるでしょう。

平屋は面積が広いため、日当たりの良さがバラバラになったり、風通しが悪い部分ができたりすることが多いです。日当たり、風通しに関しては工夫をしましょう。
日当たりの良い所は、リビングなど、長い時間くつろぐ部屋に割り当てるのが基本です。洗濯物を干す場所やバルコニーも優先的に日当たりの良い、建物の影にならないところに用意しましょう。
風通しを良くしたいときは、家の中心部に吹き抜けを用意したり、開口部をS字の形に設計したりすることで、調節できます。ただし、これらの工事はやや複雑ですので、それなりの費用を準備しなくてはなりません。

窓のサイズは外部からの視線を考慮して決めましょう。外からの視線が入りやすくなると、プライバシーの面で問題が出てくる可能性があります。生垣で視線を遮断できたり、人通りが少なかったりする場合は大きい窓で開放的にしても問題はありません。そうでなければ、窓はやや小さめにするのがおすすめです。

 

外観の色使いはどうすべき?

平屋住宅の外観を印象付ける要素のひとつとして外壁の色はとても大切です。色使い次第で、モダンでおしゃれにしたり、シックでクールな雰囲気にしたりできるでしょう。
一般受けしやすい色はグレーや白色といわれています。しかし、白系統にした場合は汚れが目立ちやすい点を留意しなくてはなりません。また、白は光のあたる角度によっては汚れて見えるケースがあることも覚えておきましょう。

複数の色を組み合わせるときは、白やグレーなどの基本色の割合を大きくすることで、統一感を出すことができます。たとえば、白色8割、黒色2割、肌色1割のような組み合わせにすると、穏やかで、まとまった配色になるのです。全体を引き締まった印象にしたい場合は基本色を多めに使うようにしましょう。
まとまった印象ではなく、きわだった配色にしたいときは、モノトーン系以外の色をメインに使うのがポイントです。たとえば、緑とオレンジ、赤と肌色などの配色がそれにあたります。

色合いは日の当たり方や場所で印象が変わるものです。できれば実際に使用する前に、事前確認はしておきたいところでしょう。色合いを簡単に確認する手段として、塗料メーカーが製作している色見本帳や、塗り板を使う方法があります。家が実際に建てられる場所で、これらを使えば、日当たりによる色の雰囲気も確認が可能です。
色見本帳や塗り板は住宅の営業マンや塗料メーカーに依頼することで、容易に手にいれることができます。気になるようであれば、気軽に問い合わせるとよいでしょう。

 

平屋の住宅デザイン事例

平屋の住宅デザイン事例をいくつか紹介します。まず、越屋根デザインです。越屋根とは大屋根の上についた小さな屋根のことです。昔の家ではよく見るスタイルですよね。
現代だと、少しレトロな雰囲気がしますが、それが逆に人気を集めています。越屋根があれば、室内の熱を逃がしたり、光を取り込んでくれたりするので、いろいろと便利です。

次に横長に変形した形の平屋です。横長に家を拡張し、子どもが走り回れるスペースを広く取り、解放感のある空間を平屋は作り出すことができます。
また、横幅が伸びることで、2階建てよりもどっしりしたイメージに仕上げやすいのも平屋のメリットです。重心が全体的に下がっているところが、かっこよさの秘訣といえるでしょう。アレンジを加えて、室内にロフトを作ったりすると、よりスタイリッシュになります。

最後に大きい一枚屋根の平屋です。屋根を大きくとれるのは平屋の最たる特徴でしょう。そこを最大限に活かすことで、ダイナミックなデザインを実現することが可能です。
平屋は屋根に上りやすいのでメンテナンスがしやすいのも強みといえます。リフォームするときの足場が低くてすむのもメリットでしょう。

 

平屋の外観にこだわろう!

平屋は外観デザインのバリエーションがいろいろあるのが魅力です。平屋の建築実例集をみると、その種類に驚くことでしょう。シンプルな昔ながらの平屋もあれば、大きい1枚屋根で特徴を出したり、子供が遊ぶための空間を広く取るために、変形したりする平屋もあります。
外壁はグレーや白でシックにまとめてもいいですし、赤やオレンジを使用してアクセントをつけてもおもしろいです。平屋ならではの個性を活かして、納得のいくデザインを選ぶようにしましょう。

 

フリーダムには「家づくり」に関する各種相談窓口がございます。
家づくりを検討されている方、土地をお探しの方、新築・中古問わず住宅の購入を検討されている方、すでにフリーダムとご契約されている方など、どのようなご相談にも無料でお答えいたしますので、お気軽にご相談ください。

◆◆「フリーダムが手掛けたデザイン住宅の作品集を今なら無料でお届けします。

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事