機能性を徹底的に比較!断熱材は何にすべき?

1,787 view

断熱材を設けるのであれば、より断熱効果の高いものを選ぶべきです。そうすることで、室内を適温にコントロールしやすくなるとともに、光熱費も抑えられます。住まいを快適にするのに、断熱材の選択はとても重要といえるでしょう。そこで、この記事では、どのような断熱材・断熱工法があるのか、比較しながら紹介します。やや専門的な知識が必要となる断熱材ですが、業者任せにしないで選ぶことで、理想のマイホーム作りに役立てられるでしょう。

 

そもそも断熱材の役割って?

断熱材の役割は、家の中の快適さを保つことです。つまり、外の寒さ・暑さを家の中に伝わらないようにする役割が断熱材にはあります。より具体的には、エアコンなどの冷暖房機器や、石油ファンヒーターなどの暖房機器が、効きやすくなるということです。しかしながら、優れた断熱材を多く用いれば快適な住宅となるのかといえば、必ずしもそうではありません。解放感がある住宅を望む人は、断熱効果がある壁より広い窓を選ぶこともあります。また、省エネを重視するなら、断熱材で気密性を高めることもあるでしょう。もちろん、建売住宅などでは自由に設計できないこともありますが、注文住宅ならこうした希望に沿って断熱材を選べます。

 

断熱工法の比較

断熱工法には内断熱と外断熱があります。内断熱は施工しやすいポピュラーな工法で、98%以上の住宅が内断熱工法を採用しています。そのため、どの住宅会社でも施工できるといえ、価格も安いのが特徴です。一方、外断熱は施工の手間がかかります。壁の外や屋根で断熱する特殊な施工性があるため、施工に慣れている業者を選んだほうがよいでしょう。施工費用も内断熱に比べて高額です。しかし、性能面では外断熱が優れています。内断熱は気密・通気がしっかりとしていないと壁の内部で結露が発生してしまうのに対し、外断熱は躯体部分の結露の防止ができます。また、壁の外や屋根で断熱しているので、小屋裏や床下も室内と同じように利用できるメリットもあります。

光熱費は内断熱工法のほうが少ない場合があります。外断熱の場合、壁の内部や小屋裏まで暖めたり、冷やしたりしなければなりません。断熱性が高い外断熱工法は一度適温にすれば温度が維持されやすいですが、適温にするまでの光熱費が内断熱工法よりかかることがあるからです。内断熱工法は、構造部材間の空間にグラスウールなどの断熱材を入れているので、一定の広さであれば適温にしやすいのが特徴です。

 

断熱材の種類別に比較

断熱材にはたくさんの種類があります。どの断熱材が適しているのか判断するには、専門的な知識も必要となるので、業者に任せる人もいるでしょう。しかし、快適な住宅のためには断熱材が重要なので、住居にこだわりを持つ人なら代表的な断熱材の種類を知っておきたいところです。「グラスウール」は、リサイクルガラスなどを繊維状に加工した断熱材です。繊維糸が細いほど優れた断熱性能があります。「ロックウール」は、鉄炉スラグや玄武岩などを高温で加工して繊維状にして作られています。断熱性だけでなく、耐熱性・撥水性・耐久性・防音性にも優れているため、床・壁・天井など広範囲に使われる断熱材です。

「ビーズ法ポリスチレンフォーム」は、ポリスチレン樹脂に発泡剤と難燃剤を加え、ビーズ状にしたものを蒸気で発泡させた断熱材です。ビーズという名のとおり、1つ1つの粒に気泡を持ち、水を通しにくい性質を持ちます。また、耐久性があり、施工が容易で価格が安いのも特徴です。「押し出しポリスチレンフォーム」は、ポリスチレン樹脂・難燃剤・発泡剤を混ぜ合わせて連続発泡させる断熱材です。薄くても断熱効果が高く、水を吸水しにくい特徴があります。そのため、ボード状にして住宅の基礎工事で使われることも多い種類です。

「硬質ウレタンフォーム」は、ポリイソシアネート・ポリオールが主原料の断熱材です。「自己接着性」という他の断熱材にはない特徴があります。この自己接着性により、コンクリート、合板、金属などに直接発泡して、接着性の高い断熱層を作れるのが特徴です。「高発泡ポリエチレンフォーム」は独立気泡で発泡された断熱材で、柔軟性が高いため壁や柱の間にも入れやすい特徴があります。柔軟性の高さから、壁や床だけでなく、配管や屋根などに用いられることが多い断熱材です。

「フェノールフォーム」はフェノール樹脂・発泡剤・硬化剤でできています。もともと長期間の使用に適していますが、ph値を調整して壁やビスなどを腐食しないようにした断熱材も使われるようになっています。また、高性能フェノールフォームという最高レベルの断熱性能を持つ種類があるのも特徴です。

 

断熱材選びのポイントとは?

断熱材選びで重要なのは、土地の気候に合わせた断熱材を選ぶことです。そのためには、素材の性質・厚みを比較して選ぶことがポイントとなります。断熱性能は性質と厚みで決まるからです。断熱材には種類によって性質の違いがありますが、断熱性能を比較するときに役立つのが、「熱伝導率(λ(ラムダ)値)」および「熱抵抗値(R(アール)値)」です。

熱伝導率は、材質の熱の伝わりやすさを表した値であるので、値が小さいほど断熱性能が高いことを示します。熱抵抗値とは、ある厚みの材料における熱の伝わりにくさを表す値です。「厚み÷熱伝導率」で計算でき、値が大きいほど断熱性能が高いことを示します。熱伝導率が小さい断熱材を選んでも、断熱材の厚みが薄いと十分な断熱性能にならない場合があります。そのため、断熱性能は熱抵抗値で比較することが重要なのです。一方で、費用の面も考慮しなければなりません。「グラスウール」はコストパフォーマンスが高く、発泡系断熱材の「ビーズ法ポリスチレンフォーム」「フェノールフォーム」の価格の2分の1~3分の1の価格です。費用を抑え、快適な住居とするためには、コストパフォーマンスにも注目しましょう。

 

断熱材を入れる際の注意点

業者によって提案する断熱方法に差が出ることがあります。業者それぞれに違う考え方があるのはもちろんですが、建物の構造や工法が断熱材の選択に影響することもあるからです。また、地域の気候によっても、適した断熱材は変わります。断熱材を選ぶ際は、オーバースペックになっていないかチェックしましょう。住む土地の気候によっては、あまり高い断熱性能を必要としない場合もあります。そのためには、複数の業者に見積もりを依頼して、相見積もりをするのが有効です。同じ断熱材の場合は費用を比較できますし、他の業者と違ったオーバースペックの断熱材を薦められていないかも確認できます。

また、一度施工すると、やり直しが難しいのが断熱材です。正しい施工方法できちんと工事がされているかチェックしましょう。ただ、一般の人が正しい施工方法をしているか見極めるのは難しいこともあります。そのため、業者を選ぶ際は、施工実績をよく確認しましょう。自分で断熱材を選ぶ際も、その断熱材の施工実績が多い業者を選んだ方がよいです。

 

快適な住まいにするために最適な断熱材選びを

快適に暮らすためには、住宅そのものや土地に合った断熱材・断熱工法を選ぶ必要があります。そのためには、やや専門的ではありますが、最適な断熱材を選べるように断熱材ごとの特徴をしっかり把握しておきましょう。ある程度知識を持っていれば、業者に相談しやすいですし、住宅にあった断熱材のアドバイスも受けやすくなります。冬の寒さや夏の暑さ、窓の結露、光熱費などに断熱材は重要な影響を与えるため、慎重に選びましょう。

フリーダムには「家づくり」に関する各種相談窓口がございます。
家づくりを検討されている方、土地をお探しの方、新築・中古問わず住宅の購入を検討されている方、すでにフリーダムとご契約されている方など、
どのようなご相談にも無料でお答えいたしますので、お気軽にご相談ください。

◆◆「フリーダムが手掛けたデザイン住宅の作品集を今なら無料でお届けします。

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事