耐震性能が住宅を守る!種類と特徴を解説

6,275 view

住宅の安全性を確保するうえで、耐震性能は重要な役割を持ちます。
耐震性能というと、地震の揺れに耐える性能を思い浮かべる方が多いことでしょう。
しかし、地震による被害を免れる性能は1種類ではありません。地震の被害を最小限に留めるためには、住宅や土地に合った性能を選ぶことがポイントです。
今回は、住宅を地震の被害から守る3つの性能について解説します。

住宅を建てる際には決まりがある!耐震基準とは

住宅を建てる際には決まりがある!耐震基準とは

住宅を建てる場合、間取りや室内設備などは自由に選ぶことができます。
しかし、一から住宅を建てる場合であっても、守らなくてはいけない決まりがあります。それが、建築基準法です。
建築基準法とは、建物の安全性を確保するために守るべき決まりのことです。1950年に初めて施行された建築基準法ですが、日本で大きな震災が発生する度に改正が行われてきました。
一定基準の耐震性能を守るため建築基準法の中で定められているのが「耐震基準」です。建物を建てる際に、ある程度の地震に耐えられるよう耐震性能を備えておくことが基準として定められています。
もしも耐震基準が定められていなければ、一定基準の耐震性能を全ての建物が保つことは難しいです。なぜならば、建物の規模や間取り、用いる材や工法によって、もともと持っている地震への耐久性が異なるためです。
建築基準法内で定められている耐震基準では、建物の規模や工法、材によって守るべき項目が分けられています。当てはまる項目の基準を守ることで、一定の耐震基準を保つことができるのです。
耐震性能の高さは、3つの種類に分類される耐震等級で表されます。耐震等級は、等級1、等級2、等級3で表され、等級が上がれば上がるほど耐震性能は高くなります。ちなみに、耐震等級1は建築基準法で定められている耐震基準と同程度の性能を持つことを指します。
等級2は等級1の1.25倍の地震に耐えられ、等級3は等級1の1.5倍の地震に耐えることができます。

詳しくは、注文住宅を検討する前に… 知っておきたい耐震基準の基礎をご参照ください。

地震への備えを!耐震住宅を建てるメリット

地震への備えを!耐震住宅を建てるメリット

耐震住宅を建てるメリットをご紹介する前に、その定義について解説しましょう。
結論からいうと、耐震住宅の定義は法律などで明確に定められていません。新しく住宅を建てる際には、建築基準法の耐震基準を守ることが必須になります。
そのため、どの住宅にもある一定の耐震性能は定まっており、これらは耐震住宅に当てはまります。しかし耐震基準を守ってはいても、全ての建築物の耐震性が一定であるわけではありません。
中には、特別な工法を用いることによって耐震性を高められている建築物もあります。よって耐震住宅とは一般的に、耐震等級が2以上の住宅を指し示すことが多いです。
それでは、耐震等級がより高い住宅を建てるメリットとは何でしょうか。1つめに、「台風や強風などの影響を受けにくくなること」です。耐震性能とは、建物で地震の揺れを受け止め耐える性能のことを指します。
この性能は台風や強風の揺れに対しても効果を発揮するため、台風や強風が発生しやすい地域にも向いていると言えます。
2つめの耐震住宅を建てるメリットは「施工費用がリーズナブルであること」です。
一度耐震住宅を建ててしまえば、その後地震対策にかかる費用が発生することはあまりないでしょう。
また、工法を工夫することによって耐震性能を高めれば、リーズナブルに地震へ備えることもできます。

詳しくは、耐震住宅のメリットとデメリットを解説をご参照ください。

優れた性能を発揮!免震住宅を選ぶメリット

優れた性能を発揮!免震住宅を選ぶメリット

耐震住宅が「地震に耐えるための性能」であるのに対し、免震住宅は「地震の揺れから免れるための性能」を指します。住宅の下の地盤部分に免震装置を取り付けることで地震の揺れを逃がす働きがあります。
一般的な免震装置は、積層ゴムを使用するものが多いです。他にもボールを使用した装置や、平面をスライドすることによって揺れを吸収する装置などがあります。
免震装置を取り付ける大きなメリットとして挙げられるのが、「地震の揺れを建物に伝わらせないこと」です。
耐震や制震性能を住宅に採り入れた場合、地震の揺れが建物に伝わること自体は予防できず、壁や構造にダメージを与えたり家具が転倒したりする原因になります。
地震が起こった際、住居に住む人がけがをしたり、亡くなったりする事故は、多くが家具の転倒や建物の倒壊が原因です。免震装置を取り付けることによって、これらの二次被害を予防できます。
一方で、住宅に免震性能を取り入れるにはデメリットもあります。免震性能は、耐震・制震性能よりも設置コストが高額になりやすいです。住宅に免震装置を設置する場合、施工の費用が数百万円にも上るケースは少なくありません。
また、地盤の状態によっては免震装置を設置できない場合もあり、耐震・制震性能よりも制限が生まれやすい部分もあります。免震装置を設置する際には機能とコストのバランスが釣り合っているのかどうかを考えてみるのもポイントです。

詳しくは、家具の転倒も防ぐ免震住宅!仕組みとメリットが知りたいをご参照ください。

2階以上に伝わる揺れを軽減!制震住宅を選ぶメリット

2階以上に伝わる揺れを軽減!制震住宅を選ぶメリット

制震性能とは、住宅に伝わる揺れを緩和できる性能のことを指します。制震性能は、耐震・免震性能よりも認知度が低いといえますが、地震の揺れを緩和することに優れています。
制震装置は柔軟性のある金属の材を、柱や壁付近に組み込むことで効果を発揮します。免震と制震は、揺れを吸収するメカニズムが似ているため混同してしまう方もいるようです。
しかし、免震と制震はそれぞれ全く違う性能であるため注意しましょう。住宅に免震装置を設置した場合、地震の揺れは住宅に伝わりません。
しかし制震装置を住宅に取り付けた場合、建物に揺れは伝わります。地震が建物に与えるダメージを全て取り除くことはできませんが、上階に上るにつれ揺れは軽減されていく仕組みです。
また、制震装置には「施工が完了している住宅にも後付けができる」、「免震装置よりも施工費用がリーズナブルである」などのメリットがあります。
免震装置は住宅の下の地盤に装置を埋め込むため、免震性能は施工前の住宅にしか設置することができません。
制震装置であれば住宅の内側に設置できるため、既存の住居にも取り付けられます。
耐震性能を兼ね備えた家に制震装置を取り付ければ、地震による影響を最小限に留めることもできます。
耐震・制震性能を併用することで、コストを抑えつつも揺れに強い住居を実現できるなどメリットが多いです。

詳しくは、揺れをエネルギーに変える!制震住宅のメリット&デメリットをご参照ください。

耐震と免震と制震… 地震への備えとして人気の性能はどれ?

地震への備えには、耐震や制震、免震などさまざまな性能があります。
それぞれ全く異なる特徴を持ちますが、皆さんの住居にはどの性能が設置されているのでしょうか。
今回は、地震に対する備えの中でも、人気が高い性能についてアンケートをとってみました。

【質問】
住宅を建てる(建てた)際、住宅に導入したいのはどの性能ですか?

【回答結果】
耐震 : 61
免震 : 29
制震 : 10

調査地域:埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 愛知県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 和歌山県 福岡県
調査対象:【年齢】30 – 39 40 – 49 50 – 59 60
調査期間:2017年09月15日~2017年09月22日
有効回答数:100サンプル

住宅を建てる(建てた)際、住宅に導入したいのはどの性能ですか?

人気が高いのは耐震性能!

アンケートの結果、得票数1位を獲得したのは「耐震性能」でした。
それでは、1番人気が高かった耐震性能を支持する方の意見をご紹介しましょう。

・どんな地震が来ても半壊程度までに抑えられるような頑丈な家が欲しいですね。(30代/男性/正社員)
・免震と制震は何となくまだピンときませんので。(50代/男性/正社員)

耐震を支持する方の中には、「頑丈な家なら安心できる」・「免震や制震について良く知らない」という方も多くいました。
耐震性能の重要性は幅広く認知されているようです。
次に、免震を選んだ方の意見をご紹介します。

・費用を気にしなければ免震が一番。他は、揺れても耐えるか、揺れを軽減させるが、免震はそもそも揺れを伝えないので、家具の転倒などを防げる。(30代/男性/個人事業主・フリーランス)

免震を選んだ方の中には、地震に対し優れた機能を発揮する点に着目している方が多いようです。
しかし、コスト面が気になって実際には設置できないと回答する方も多くいました。
最後に、制震を選んだ方の意見をご紹介します。

・極力地震に耐えられる建物が理想。その意味では高台で制震構造の建物がいい。(60代/男性/無職)

耐震や免震よりも得票数がかなり少ない結果となった制震性能。
しかし、制震を支持する方の中には地震の揺れに対する効果の高さに言及している意見が多くみられました。

今回のアンケートでは「耐震」が人気を集める結果となりました。
しかし、免震や制震についてよく知らないという方がいるのも事実です。耐震設備に費やせるコストや望む機能によって、選ぶべき性能は変わってくるといえます。

地震が多い日本だからこそ… 耐震性能について知ろう

住宅を地震の被害から守る耐震性能。その種類は1つではなく、それぞれ特徴や揺れに対するアプローチの方法も変わってきます。
住宅を建てる際には「耐震」、「制震」、「免震」のどの性能が適しているかを考える必要があります。
機能面に目を向けるだけではなく、施工費用は予算内に収まるのか、土地や住居の環境に適しているのかなども踏まえて検討しましょう。

◆◆「フリーダムが手掛けたデザイン住宅の作品集を今なら無料でお届けします。

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事