安城市で注文住宅を建てるなら知っておきたいポイント!

16 view

愛知県中部に位置する安城市は、明治時代から盛んだった農業と、高度経済成長期から続く自動車産業の発展によって人口が増加傾向にあります。交通アクセスもよいことから、注文住宅を建てて新生活を始めるのにおすすめなエリアといえるでしょう。そこで、この記事では安城市に住む際に参考になる自治体の子育て支援やグルメ・人気スポット情報、市内に注文住宅を建てるときのポイントについて解説していきます。

 

安城市の人口や交通アクセスなどのエリア情報を知ろう

#安城市の人口は?
2015年~2019年までの5年間で安城市の人口は少しずつ増えています。5年間の平均人口は約19万人。愛知県内において7番目に人口が多い都市です。(安城市公式サイト「人口統計」を参照)

中心部は北部の安城駅と新安城駅の周辺となり、自動車産業の発展とともに宅地や商業施設などの開発が進められています。市内には緑地や田畑も多く見られ、豊かな自然のなかで都市生活をおくることができるでしょう。世帯数も増加しており、人口の増加傾向はこれからも続くことが予想されます。

#安城市の面積はどのくらい?
安城市は東西10.6キロメートル、南北13.7キロメートルと少し縦に長い形をしています。市の面積は86.05平方キロメートル。(愛知県公式Webサイト「県市区町村別推計人口と世帯数」を参照)

市域の半分弱は田畑となっており、米や野菜、果物などの生産が盛んです。市内の人口増加に対応する形で、北部地域では宅地が増えています。

#安城市の交通網を解説
安城市では東海道本線と名鉄名古屋本線が市内を東西に横断しています。東海道新幹線の三河安城駅もあることから、県内外へのアクセスは鉄道を利用すると良好です。自動車での移動は、国道1号と国道23号が主要道路となっています。市内には名鉄バスとコミュニティバスである「あんくるバス」が運行しており、地域住民にとっては手軽に利用できる便利な交通手段です。

 

安城市は子育てに向いている土地なのかを検証

#育児を応援する行政サービスガイド「ママフレ」
安城市では、国や自治体の子育て支援情報をまとめたサイト「ママフレ」を運営しています。自治体が子育て支援対策を打ち出しても、その情報が子育て家庭に届かなければ利用者は増えません。子育て世帯に向けた専用サイトが開設されていれば、子育て支援の内容がわかりやすくなるでしょう。ママフレには、出産前後に必要となる行政手続きの流れや子育ての悩みに応じた相談先、子どもといっしょに参加できるイベント情報などがまとめられています。

#子育て親子に交流の場を提供
安城市は、子育て中の親子が気軽に集まることができるような交流の場を設けています。「子育て支援センター」は、子育て相談や子育てサークルの育成などを目指して市内5カ所で活動しています。こういった集まりになかなか参加できない乳幼児とその両親には、子育てアドバイザーに相談できて、いっしょに講習なども受けられる「つどいの広場」がおすすめです。また、「あんじょうファミリーサポートセンター」は、一時的に子どもを預かってくれて、保育園や幼稚園への送迎などにも対応しているため、支援が必要な人は積極的に利用しましょう。

#子育て中の人が利用できる医療費助成制度
安城市では子どもの通院や入院の際にかかる医療費について、保険診療分の自己負担額を助成しています。通院は満15歳まで、入院は満18歳まで助成が受けられます。また、母子・父子家庭あるいは両親のいない子どもの場合、満18歳までの医療費が助成の対象です。こちらの助成制度では所得に応じた制限額が設定されているため、自分が制度を利用できるのかわからない場合には窓口で相談してみましょう。

 

安城市のグルメ情報をチェック

#地元の名物料理「和泉そうめん」
愛知県のご当地料理といえば、八丁味噌をふんだんに使った味噌カツや味噌煮込みうどん、高い生産量を誇るうなぎ料理のひつまぶしなど、全国的に有名なものが多くあります。安城市でもそういった料理は食べることができますが、地元の名物料理である「和泉そうめん」を味わってみるのはどうでしょうか。和泉そうめんとは、市南西部の和泉町で作られている手延べ半生めんです。和泉そうめんの歴史は古く、江戸時代に周辺地域をききんが襲ったときに、食べるものに困窮した和泉町の農民がそうめんの製法を伝えたといわれています。丁寧に作られた和泉そうめんは、腰のあるモチモチとした独特の食感が魅力です。

#イチジクグルメを存分に味わう
愛知県はイチジクの生産が多いことで知られていますが、そのなかでも安城市は県内一の生産高を誇っています。ビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含むイチジクは、美容のためにおすすめできる食品です。安城市では名産のイチジクを使って、ジャムやワイン、タルトなどのスイーツを提供している店舗があります。レストランやカフェでもメニューにのせているお店も少なくないため、安城市に行った際には味わってみましょう。

 

安城市の観光地や住民に人気のスポットをチェック

#古墳や古城を巡る旅
いにしえの昔から住民が集団生活をおくっていた安城市周辺には、古墳や古城が多く残っています。矢作川流域に位置する規模の大きい「二子古墳」は、全長68.2メートルの前方後方墳です。古墳に興味がある人ならば、発掘調査の結果などを参照しながら、実際の古墳の形を眺めてみるのもよいでしょう。また、古城の発掘調査も行われています。松平氏が徳川家康の祖父の時代まで本拠地とした「安祥城跡」は、戦国時代に利用されていた堀の遺構が発見されました。安城市内をゆっくり巡りながら、古墳や古城を見て往年の姿を想像してみましょう。

#毎年100万人以上が訪れる「安城七夕まつり」
毎年8月、安城駅周辺を歩行者天国にして行われるのが「安城七夕まつり」です。100万人を超える人が訪れる大きなお祭りとなっており、色とりどりの竹飾りが並ぶ姿は見応えがあります。道路脇には多くの屋台が並び、地元の人気店も出店するため、愛知県や安城市で楽しめるグルメメニューをまとめて味わうことができるでしょう。お祭りに訪れた人は、自分の願いごとを短冊に書いて飾り付けを行います。「願いごと広場」に飾られた多くの短冊は壮観です。夕方から夜にかけては大盆踊り大会が開催され、安城駅前ステージ周辺では浴衣姿の参加者たちがにぎわいを見せます。

#市民の憩いの場「堀内公園」「安城公園」「安城産業文化公園デンパーク」
安城市には多くの公園があり、市民の憩いの場となっています。子どもがいる家庭には、遊園地がある「堀内公園」がおすすめです。コンパクトにまとまった園内では、観覧車やメリーゴーランド、バッテリーカーなどを楽しむことができます。「安城公園」は、約170本のソメイヨシノが植えられており、花見の名所として有名です。併設されている動物舎では、クジャクやポニー、フラメンコなどを見ることができます。また、1年を通して美しく手入れされた花々を見ることができるのが、「安城産業文化公園デンパーク」です。花壇や温室には、約3300種類の花々が植えられています。園内のショップでは、手作りのソーセージやアイスクリーム、ハーブティーなどを購入できます。

 

安城市で注文住宅を建てるときのポイントとは?

#信頼できる業者を探す
注文住宅は、自分の理想とする家を予算の許すかぎり追い求めることが可能です。しかし、それを実現するためには、専門的な知識と経験を持った業者の協力が欠かせません。業者選びのポイントとしては、数社に資料請求を行った後、実際に会って話を聞いてみるのがよいでしょう。顧客の要望をあまり聞いてくれず、業者の都合を押しつけてくるような場合は、土地選びから家の設計・施工までの長丁場のパートナーとしてふさわしくありません。顧客の要望に対して丁寧に対応してくれる業者を見つけることができれば、理想の家に近づくことができます。

#どういった保証体制がされているのかを確認
注文住宅を建てる際にはトラブルが起きることがあります。災害などによって工事が中断することもあれば、施工会社が工事途中で倒産することもあるかもしれません。そのときに、注文住宅を発注した業者がどういった保証をしてくれるのかが重要になってきます。追加費用の有無や、工事の継続を円滑に行えるのかなどを事前に契約書で確認しておきましょう。

 

安城市で理想の家を形にするならば注文住宅がおすすめ!

都市の快適な生活と豊かな自然がある安城市は、これから子育てを念頭に新生活を始める人にとって最適な環境といえます。

外観や内装に隅々までこだわった注文住宅を建てたい場合には、建築設計事務所「フリーダムアーキテクツ」がおすすめです。フリーダムアーキテクツは、年間約400棟の注文住宅を請け負っているという実績があり、工事途中にトラブルが起きても「100%住宅完成保証」があるため、安心して任せることができます。

 

◆◆フリーダムアーキテクツの詳細はこちら

◆◆資料請求はこちら

◆◆家づくり無料相談会の詳細はこちら

◆◆土地探し無料相談会の詳細はこちら

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事