知多市で注文住宅を建てるなら知っておきたいポイント!

177 view

知多市は、太平洋沿いにある自然に恵まれた豊かな地域です。注文住宅を建てようか検討している人もいるでしょう。商業施設なども充実していて、愛知県内の地域の中でも、犯罪率が低いなど、住みやすいポイントがたくさんあります。この記事では、知多市で注文住宅を建てる前に知っておきたい地域の特徴として交通網や子育てに向いているかどうか、気をつけるポイントなどを解説していきます。

 

愛知県の知多市ってどんな街

知多市は、愛知県の知多半島北西部にあり、名古屋と中部国際空港の間にある地域です。太平洋に面している地域で、1970年に知多町から知多市となり、時代が進むにつれて市街地が発達してきました。高度経済成長期以降には、つつじが丘などの団地が造られ、たくさんの住宅が立ち並ぶようになりました。知多市では「住むのにちょうどいい」をテーマに、地域一体となって街づくりに取り組んでいます。そのため、商業施設や病院なども充実していて、生活をしていくうえで必要になるものは全て揃っています。知多市は、緑の豊かさを感じることができる綺麗な街で、都会の良さと、田舎の良さを兼ね備えた住みやすい環境といえるでしょう。

知多市では、住むのにちょうどいい街づくりを目指すだけでなく、市政や警察を中心に安心して生活できる環境になるように取り組んでいます。そのため、愛知県内でも犯罪率が低く、治安のいい住みやすい地域になっています。知多市に住み続けたい人も多く、市民に愛されている街です。

 

知多市の人口や交通網について

知多市の人口は、平成31年時点で8万5190人、3万5502世帯となっています。知多市では、昭和45~55年にかけて急激に人口が伸び、平成22~31年の人口はほとんど変わっていません。(知多市役所ホームページ「統計」を参照)

日本の中心部に位置する知多市は、交通網も発達しています。鉄道では、市の西部を通過する名古屋鉄道の常滑線に寺本駅、朝倉駅、古見駅などから乗車することが可能です。同じく名古屋鉄道の河和線は市の東部を通過し、巽ヶ丘駅から乗車することができます。その他にも、知多駅からは、名古屋臨海鉄道の南港線を利用することが可能です。知多市は、市内のどこからでも鉄道を利用することができるため、市外や他県にアクセスしやすい環境が整っています。

知多市には、知多バスや知多市コミュニティ交通あいあいバスがあるため、市内を移動する際には便利でしょう。マイカーで遠方に移動したいときには、国道155号や国道247号を利用することが可能です。知多市内には、高速道路の有料道路は通っていませんが、最寄りに東浦知多IC、阿久比ICがあります。

 

知多市にはどんなグルメがある?

知多市は、太平洋の海岸沿いにある地域のため、海の幸を楽しむことができるグルメスポットが数多くあります。知多半島の近辺ではさまざまな魚介類の水揚げがされていますが、その中でもエビの漁獲高が高くなっています。名古屋名物として有名なエビフライは、知多半島発祥の名物でもあるのです。そのため、知多市では、エビフライを食べることができるお店が数多くあります。知多半島では、大きなエビを使って通常サイズよりも大きいジャンボエビフライを提供しているお店も多いです。その他にも、市場から直接仕入れた魚介類のお刺身や海鮮丼、ハモ料理といったグルメも楽しむことができるでしょう。

その他にも知多市は、綺麗な街並みに合う、オシャレなレストランやカフェも多くあります。肉料理がおいしいバルやイタリアンレストラン、スペイン料理店など、さまざまなグルメを楽しめるでしょう。

 

知多市の子育てしやすさは?

子どもを育てる親としては、住む地域を選ぶときに安全な環境であるかどうかを最優先に考えるのではないでしょうか。知多市は、愛知県内でも犯罪発生率が最低水準になっているため、小さな子供を育てやすい環境といえます。知多市では、子育てのサポートに力を入れています。たとえば、中学生までの子供には、医療機関の窓口で子ども医療費受給者証と健康保険証とを見せることで医療費の負担を少なくすることが可能です。また、知多市の子育て家庭優待事業では、子育て世代の家庭に「はぐみんカード」というものを配布しています。このカードは全国の協賛店舗や施設で提示することで、割引や特典などのサービスを受けることができます。

知多市は、保育園、公立小学校、公立中学校が市内にバランスよく設置されているため、自宅から通学や送り迎えがしやすい環境です。市内には公園も多く、育ち盛りの子供たちがのびのび遊べる環境が整っているのも知多市の魅力といえるでしょう。

 

知多市で有名な観光スポットについて

知多市には、家族のお出かけやデートで楽しめる観光スポットがたくさんあります。ここからは、知多市で有名な観光スポットについて解説していきます。

#新舞子マリンパーク
新舞子マリンパークは、長さ400mの人工海浜(ブルー・サンビーチ)です。愛知県の県庁所在地である名古屋市からも1番近い海水浴場として知られています。夏には海水浴を楽しむことができ、芝生広場なども設備されているため、1年を通してピクニックやスポーツも楽しむことができます。休日に家族でお出かけするときにピッタリのレジャースポットです。

#旭公園
旭公園は、知多市南部にあり、市民の健康やレクリエーション活動を目的に造られました。とても広い公園になっていて、多目的グラウンドをはじめ、テニスコートや体育館などが設置されています。春には、700本以上の桜が咲き、家族でお花見を楽しむことも可能です。それ以外にも、川のせせらぎや緑の美しさに触れられる場所がたくさんあります。子供や家族連れだけでなく、幅広い年代の人たちが利用できる公園です。

#佐布里池
佐布里池は、愛知県が誇る梅の名所として知られていて、毎年2月中旬~3月中旬には佐布里池梅まつりが開催されるため、多くの観光客で賑わいます。およそ25種類、5800本もの梅の花が一斉に咲く様子は圧倒的な美しさです。

 

知多市で注文住宅を建てる際に気をつけるポイント

知多市は、中部国際空港の近くにあるため、場所によっては飛行機の騒音がうるさく感じられることがあるでしょう。そのため、飛行機の通り道を確認して騒音がうるさくない場所に注文住宅を建てるとよいでしょう。

注文住宅を建てる際には、土地を探さなければなりませんが、知多市で取引される土地の中には、稀に家を建てるのに向かない場所もあります。たとえば、インフラ整備が進んでいないため、追加工事をしなければならないというケースなどです。ですから、注文住宅を建てる際には、知多市の土地に詳しいプロに相談するのがよいでしょう。駅が近い、買い物がしやすいといったことは分かりやすいですが、外見だけでは分からない土地の事情は、詳しい人でなければ気が付きません。

 

子育てがしやすい知多市で注文住宅を建ててみよう!

知多市は、愛知県の中でも犯罪率が低く、治安のいい街です。子育てにも力を入れていているため、どこに住んでも通学がしやすいように、保育園や小学校が市内にたくさんあります。また、自治体が医療費の負担をしたり、子育て世代の家庭に割引を受けられるサービスを行っていたりします。

注文住宅を建てようか迷っている人は、知多市を検討してみてはいかがでしょうか。

 

◆◆デザイン住宅設計事務所フリーダムアーキテクツの詳細はこちら

 

愛知県の他地域を見てみる

◆◆豊田市の詳細はこちら

◆◆名古屋市の詳細はこちら

◆◆西尾市の詳細はこちら

◆◆東海市の詳細はこちら

◆◆一宮市の詳細はこちら

◆◆春日井市の詳細はこちら

◆◆安城市の詳細はこちら

◆◆豊橋市の詳細はこちら

◆◆瀬戸市の詳細はこちら

◆◆豊川市の詳細はこちら

◆◆刈谷市の詳細はこちら

◆◆小牧市の詳細はこちら

◆◆稲沢市の詳細はこちら

◆◆大府市の詳細はこちら

◆◆岡崎市の詳細はこちら

◆◆尾張旭市の詳細はこちら

◆◆豊明市の詳細はこちら

◆◆北名古屋市の詳細はこちら

◆◆豊中市の詳細はこちら

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事