一宮市で注文住宅を建てるなら知っておきたいポイント!

141 view

愛知県の一宮市は、名古屋市内へのアクセスがよく、多くの人が暮らすベッドタウンとして栄えています。ここでは、一宮市とはどういった街であるか、エリア別の特徴や有名スポットなどの情報をまじえて説明します。一宮市で暮らすなら知っておきたいグルメ情報も紹介するので、注文住宅を検討中の人は、ぜひ参考にしてください。

 

一宮市ってどんな街?

一宮市は、愛知県の北西部の尾張地方、岐阜との県堺に位置する木曽川沿いの街です。名古屋への通勤通学に便利なことからベッドタウンとして栄えています。平成25~30年の人口は約38万人、面積は約114平方キロメートルです。(2015年国勢調査「人口・世帯数報告書(確報値)」を参照)

市内にはJR、名鉄名古屋本線、名鉄尾西線が通っており、名古屋方面だけでなく岐阜方面へのアクセスも抜群といえるでしょう。なかでも、市内中心部に位置するのがJR尾張一宮駅と、名鉄一宮駅で、連日大勢の利用者で賑わっています。また、駅前発着のバスが多く、市内を行き来するのに役立っています。このように公共交通機関が整備されている一宮市ですが、車を使うとより快適に過ごせるでしょう。市内には名神高速道路、東海北陸自動車道、名古屋高速道路の3つの高速道路が走っており、インターチェンジの数も多いです。簡単に高速道路に乗り入れできるので、ドライブや日帰り旅行などに便利です。

 

一宮市をエリア別に見てみよう!

一宮市を、南北2つのエリアに分けて紹介します。

#南部エリア
南部エリアには、一宮市を支える機能が集中しています。尾張一宮駅、名鉄一宮駅周辺には、連日人通りが絶えません。そして、その賑わいの中心にあるのが駅ビル。尾張一宮駅前ビル「i-ビル」は、2012年に建て替えられました。モダンな白黒のストライプが特徴的なビルには、図書館や子育て支援センター、交番など、あらゆるサービスが入っています。また、これらのサービスを通勤通学のついでに利用できる手軽さが、駅ビルの魅力といえるでしょう。

駅付近には、昔ながらの商店街も見られるほか、個人経営の飲食店から、全国展開の大型チェーン店まで、さまざまなお店が軒を並べています。歴史あるものと、新しいものが混ざりあった面白さを楽しめるのも、南部エリアの魅力ではないでしょうか。さらに、駅の南側に位置する一宮高校周辺は高級住宅地として知られ、注文住宅などの一戸建てや、マンションが豊富です。医療機関や教育施設、公園なども充実しているので、若い世帯や子育て世帯、シニア世帯のように、あらゆる世代におすすめできるエリアといえるでしょう。

#北部エリア
北部エリアは、岐阜県側木曽川方面に広がるエリアです。自然が多くのびのびした環境で、大きな公園もあります。子どもとお出かけしやすいという声や、お祭りや自治会のイベントも盛んであるという声などが寄せられており、子育てに適したエリアといえるでしょう。また、国道沿いには大型商業施設である「イオンモール木曽川」、「アピタ木曽川」などがあり、買い物にも困りません。さらに、古墳群などのように、文化的なスポットが見られるところも、北部エリアの魅力です。このように、自然体験と文化的体験を重視して子育てしたい人にとって、北部エリアは魅力的な環境といえるでしょう。また、名古屋方面へのアクセスの良さにも注目しましょう。木曽川駅から鉄道を使うと、名古屋まで30分程度で行けます。加えて、エリア内には木曽川ICがあり、名古屋市内だけでなく県外への車移動にも便利です。

 

一宮市の人気スポットを紹介!

一宮市の人気スポットを紹介します。

#真清田神社
「真清田神社」は、一宮市の名前の由来にもなった由緒正しい神社です。一宮駅からほど近い住宅街にたたずむ真清田神社は、地元の人に親しまれています。毎年さまざまな神事やイベントが開催され、「桃花祭」の流鏑馬神事のように、伝統的な催しを数多く見られるでしょう。ほかにも、市民主催の手作りマーケット「杜の宮市」などの会場にもなっており、毎年3万人もの人が参加します。このように、真清田神社は信仰の対象として奉られるとともに、地元住民の暮らしに密着した神社といえるでしょう。

#138タワーパーク
愛知、岐阜、三重の3県にまたがる、日本一広い国営公園である「木曽三川公園」。13もの施設で構成されており、「138タワーパーク」は、そのなかの一つの公園です。138タワーパークの目印は、高さ138メートルの美しい2つのアーチを持つ展望タワー「ツインアーチ138」です。タワーからは木曽川沿いの美しい風景が一望でき、春には見事な桜並木を鑑賞できるでしょう。パークでは、広々とした芝生の上で、大型遊具などを使って遊べます。また、自然体験プログラムなど体験型イベントも豊富です。

木曽川沿いには面白いスポットがずらりと並ぶので、併せて楽しんでみてはいかがでしょうか。たとえば、木曽川を越えてすぐのところには、世界最大級の淡水魚水族館である「アクアトト岐阜」があります。また、一宮市側の川沿いを東に進んだところには、「大野極楽寺公園」もあります。

#大野極楽寺公園
「大野極楽寺公園」は、木曽川沿いにある広大な公園です。桜並木を始めとする四季折々の植物を眺め、のんびりすごすことができるでしょう。サイクリングやグラウンドゴルフ、バーベキューなど、広い敷地を生かしたアウトドアが楽しめます。環境保全の目的で開催されるイベントも多く、ホタルの観察などが開催されています。さらに子育てや教育関連のイベントにも注目してみましょう。預かり野外保育の「森のようちえん」や、園内の池での生き物採集イベント「水辺の生き物調査隊」のような子育て世帯におすすめのイベントが、数多く開催されています。

 

一宮市発祥グルメ!喫茶店モーニングとは?

一宮市は、「モーニング」の発祥地として知られています。モーニングとは、朝の時間帯限定の喫茶店サービスです。通常のモーニングセットでは、トーストやゆで卵など簡単なものが振舞われることでしょう。一方、一宮市を含む愛知県のモーニングは、大変豪華な内容となっているのです。食べ応えのあるパンやサラダが出てくる場合もあれば、おみそ汁とおにぎりなど和風のセット、麺類のモーニングセットまで多種多様です。

市内には、駅など繁華街以外にも、多くの喫茶店があります。一宮市では、毎年「モーニング博覧会」というイベントが開催されており、「一宮モーニングマップ」には、100店舗以上のお店が掲載されています。住宅街にあるお店もあるので、喫茶店巡りを楽しんでみてはいかがでしょうか。市内では、街をあげてモーニング文化が浸透しており、それぞれの家庭ごとに、馴染みの喫茶店があるほどです。一宮市に注文住宅を建てた際は、ぜひ、喫茶店モーニングを楽しんでみてください。

 

一宮市は古いものと新しいものが混ざりあう街

一宮市には、駅ビルなど便利で新しいスポットが多い一方、昔ながらの商店街や由緒正しい神社など、歴史あるものも数多く見られます。また、駅ビルや郊外のショッピングセンターなど、生活に役立つサービスも豊富です。さらに、名古屋や岐阜方面へのアクセスの良さも、魅力といえるでしょう。

一宮市内の土地探し、注文住宅の建築設計を検討中の人は、建築設計事務所「フリーダムアーキテクツ」へ相談してみましょう。

 

◆◆フリーダムアーキテクツの詳細はこちら

◆◆資料請求はこちら

◆◆家づくり無料相談会の詳細はこちら

◆◆土地探し無料相談会の詳細はこちら

 

愛知県の他地域を見てみる

◆◆豊田市の詳細はこちら

◆◆名古屋市の詳細はこちら

◆◆西尾市の詳細はこちら

◆◆東海市の詳細はこちら

◆◆岡崎市の詳細はこちら

◆◆春日井市の詳細はこちら

◆◆安城市の詳細はこちら

◆◆豊橋市の詳細はこちら

◆◆瀬戸市の詳細はこちら

◆◆豊川市の詳細はこちら

◆◆刈谷市の詳細はこちら

◆◆小牧市の詳細はこちら

◆◆稲沢市の詳細はこちら

◆◆大府市の詳細はこちら

◆◆知多市の詳細はこちら

◆◆尾張旭市の詳細はこちら

◆◆豊明市の詳細はこちら

◆◆北名古屋市の詳細はこちら

◆◆豊中市の詳細はこちら

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事