稲沢市で注文住宅を建てるなら知っておきたいポイント!

154 view

自分の希望どおりの家を建てることができる注文住宅ですが、実際に建てたいとなった際にどのようなことを調べて検討すれば良いのかわからない部分もあるのではないでしょうか。この記事では、稲沢市に注文住宅を建てたいときに、どの地域に建てるべきか、周囲の環境はどうか、子育てしやすいかどうかなど、知っておきたいポイントについて詳しく紹介します。

 

大都市と自然の両方を感じられる稲沢市

愛知県稲沢市は県西部の濃尾平野の中央に位置しており、名古屋市から近いうえに自然にも恵まれています。稲沢市の2015~2020年までの平均人口は13万6496人(【GD FREAK】稲沢市 愛知県「人口と世帯」を参照)です。また、面積は79.35平方キロメートルで、東西に約14.6km・南北約9.2kmとなっています。(【稲沢市】位置・地勢を参照)

地味肥沃なので野菜の栽培にも向いていますが、稲沢市は植木や苗木の産地として有名です。

交通面では、市東部にあるJR稲沢駅が多く利用されています。ただし、稲沢駅は通過する列車も多めなので、停車する列車本数が多めの市役所の最寄り駅「名鉄国府宮駅」を利用する人のほうがより多くなっています。JR名古屋駅・名鉄名古屋駅からの所要時間と運賃を考えるとJRを利用するほうが節約できるので、状況によって使い分けるのも良いでしょう。安い運賃で乗ることができるコミュニティバスや限られた停留所のみ利用可能になるコミュニティバス接続便もあります。どちらも基本的に200円で乗車可能です。小学生は100円、障がい者手帳を持っている人は5割引・小学生以下は大人もしくは小学生1人につき、2人まで無料で乗れます。

 

稲沢市で食べておきたいグルメ

稲沢市にはおいしいと評判になっているものがいくつもあります。おすすめのグルメをいくつか紹介します。

#銀杏
稲沢市の特産物として、銀杏があります。市内には樹齢100年以上のイチョウの木が数多くあり、毎年そぶえイチョウ黄葉まつりも開催されています。稲沢市祖父江町の「祖父江銀杏」を使用したものが、麺や刺身こんにゃく・ういろなどです。祖父江銀杏はもっちりとして苦味が少ないのが特徴となっており、このもっちりさを活かしたういろです。同じく、ようかんやだんごなどもあります。和菓子は、銀杏のほんのりと感じる苦さと和菓子ならではの甘味をバランスよくとった素朴な味わい。麺は祖父江銀杏と郡上の天然水である「粥川の水」で練りこんであります。腰がある麺で自然の風味を活かした麺となっています。

#よりぼし漬
稲沢市の特産である「よりぼし大根」を使用したよりぼし漬は、すべて手作りで作り手も少ないため貴重となっています。よりぼし大根は宮重大根の中でも質が特に良いものを細かく切った状態で吊るし、伊吹おろしにさらして干したものです。伊吹おろしはこの地方特有の寒風で、伊吹山から吹き降ろす季節風のことをさします。よりぼし大根を作る際には伊吹おろしにさらす・天日に干すことを1カ月間ほど繰り返し、引き締まったものをよれば出来上がりです。よりぼし大根を椎茸やゴマ・昆布・ナス・しその葉などを加えた醤油に漬け込んだものが「よりぼし漬」となります。

#あしたば
稲沢市では、青汁の原料としても有名なあしたばが特産の1つとなっています。あしたばはミネラルやビタミンが豊富に含まれており、稲沢市では夏場はあしたば入りひやむぎ、冬場はあしたばうどんなどが販売されているのです。また、パウダーも販売されているので、青汁として飲むこともできます。

 

稲沢市の1度は行きたいおすすめスポット!

稲沢市で注文住宅を建てることを考えた際、せっかくなので周囲にどのようなお出かけスポットがあるのか知っておくのも良いのではないでしょうか。

#桜ネックレス
稲沢市平和町にある全長2800mも続く桜並木「桜ネックレス」は、お花見シーズンにゆっくり散策できるおすすめスポットです。桜ネックレスでは約60種類1400本ほどの桜を眺めることができます。これだけ多種の桜を眺めることができる並木は、全国でも非常に珍しいものです。3月上旬から5月上旬頃まで約2カ月間にわたって、美しい桜を楽しめます。

#善光寺東海別院
稲沢市祖父江町にある善光寺東海別院は郊外の住宅地にあり、名鉄尾西線森上駅から車で5分ほどの距離です。こちらは「極楽をこの世で拝める善光寺」として知られています。極楽かいだんめぐり(戒壇めぐり)を目的に訪れる人が多く、本尊下の回廊を念仏を唱えながら巡ります。参拝自体は無料ですが、戒壇めぐりは有料で、リーフレットや手首につける蛍光バンドをつけて歩くのです。ちなみに、バンドはそのままもらえるので記念にもなります。こちらの寺では「おびんずるさま」と呼ばれているなでぼとけ(十六羅漢の1人)をなでることで病気が治るといわれています。

 

稲沢市は子育てに向いている?

稲沢市には児童公園・ちびっこ広場・地区広場などが96カ所ほどあり、子どもと一緒に気分転換をする場所には事欠きません。また、イベントなどが行われる際、稲沢市から「移動式赤ちゃんの駅」というテントもレンタルすることができます。「移動式赤ちゃんの駅」は、授乳やおむつ交換をできる小さなテントで、折り畳み式チェアが2つほど設置されているものです。利用も無料なので、稲沢市開催のイベントに参加したいときにも安心して出かけられます。白いテントに赤いハートと赤ちゃんの絵が描かれているのが目印です。

また、「PaPaノート」と呼ばれる子育てノートも用意されています。母親が中心となって行われることが少なくない子育てですが、稲沢市では父親にも子育てに参加し、夫婦の絆を深めてほしいという目的をもってPaPaノートを提供しているのです。子育てで困ったことやアドバイスなどが随所に記載されており、我が子の手形・足形を記載できるページなどもあります。アドバイスは赤ちゃんカレンダーに記載されており、「夫が妻にどう接したらよいのか」「赤ちゃんの成長の目安」などについて知ることができます。

子育て家庭優待事業として、「はぐみんカード」も用意されています。妊娠中や18歳未満の子どものいる子育て家庭が対象で、全国の協賛店舗や施設で提示することで、それぞれの店舗や施設の優待サービスが受けられるのでお得です。18歳未満の子ども1人につき1枚配布されるので、たとえば、3人子どもがいる場合は3枚配布されることになります。各小中学校や保育園・幼稚園で配布されますが、未就学児の場合は市役所や保健センター、市民センターなどいくつかの場所で受け取れます。その際には、対象者であるとわかるものを持参しましょう。本人の場合は子ども医療費受給者証や生徒手帳・健康保険証など、保護者が受け取ることも可能です。

両親が忙しい家庭ではファミリー・サポートセンターを利用できます。保育園や幼稚園などへの送り迎えや産前産後の手伝い、突発的出来事が起きた際の一時的な育児、医師から許可が出ている場合は病児・病後の子どもの預かりもしてくれるのです。対象となるのは稲沢市在住の0歳~小学6年生までの児童をもつ親となっています。産前産後のケアについては稲沢市内在住・在勤で、妊娠8カ月~産後2カ月(多胎児は12カ月)までの人です。ちなみに、病児や病後の子どもの預かりをしてもらうときには、稲沢市が1時間あたり400円の補助をしてくれます。

 

子育てしやすい環境がある稲沢市

稲沢市は自然豊かな反面、名古屋市にも近いというメリットがあり、非常に便利です。また、子育て支援を積極的に行っているため、注文住宅を建てて住み始めた後も安心です。次に気になるのは注文住宅にどのような設備を取り入れるのかなどではないでしょうか。

建築設計事務所「フリーダムアーキテクツ」では土地探しはもちろん、注文住宅のデザインについてのアドバイスももらえるので、1度相談してみるのも良いでしょう。

 

◆◆フリーダムアーキテクツの詳細はこちら

◆◆資料請求はこちら

◆◆家づくり無料相談会の詳細はこちら

◆◆土地探し無料相談会の詳細はこちら

 

愛知県の他地域を見てみる

◆◆豊田市の詳細はこちら

◆◆名古屋市の詳細はこちら

◆◆西尾市の詳細はこちら

◆◆東海市の詳細はこちら

◆◆一宮市の詳細はこちら

◆◆春日井市の詳細はこちら

◆◆安城市の詳細はこちら

◆◆豊橋市の詳細はこちら

◆◆瀬戸市の詳細はこちら

◆◆豊川市の詳細はこちら

◆◆刈谷市の詳細はこちら

◆◆小牧市の詳細はこちら

◆◆岡崎市の詳細はこちら

◆◆大府市の詳細はこちら

◆◆知多市の詳細はこちら

◆◆尾張旭市の詳細はこちら

◆◆豊明市の詳細はこちら

◆◆北名古屋市の詳細はこちら

◆◆豊中市の詳細はこちら

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事