刈谷市で注文住宅を建てるなら知っておきたいポイント!

152 view

刈谷市は東京都や神奈川県、大阪府などに次ぎ、全国でも人口の多い愛知県にあります。県庁所在地の名古屋市からは南東方向の西三河地域に位置し、愛知県の主要産業のひとつである自動車産業を支える街でもあります。そんな刈谷市で注文住宅を建てることを検討している人に向けて、刈谷市の基本情報はもちろん人気のスポットやグルメまで詳しく紹介します。

 

刈谷市ってこんなところ!基本情報を紹介

#刈谷市の基本情報
愛知県は県の西側が尾張地域、中央部分が西三河地域、東側が東三河地域というように、大きく3つの地域に分かれています。刈谷市があるのは西三河地域のなかでも南西の一角で、市の西側を流れる境川の対岸に隣接する豊明市や大府市、知多郡東浦町はもう尾張地域というロケーションです。人口は2013~2018年にかけて15万人前後、世帯は66,000世帯数で推移しています。(※1、2)刈谷市の地形は南北に長く、面積は50.39平方キロメートルです。

※1:刈谷市市勢情報を参照
※2:刈谷市人口の資料(住民基本台帳)を参照

#刈谷市の交通事情
JR東海道本線と名鉄名古屋本線が刈谷市内を横断し、名古屋方面と刈谷市以東の西三河地域、東三河地域を結んでいます。また、名鉄線では隣接する知立市にある知立駅から、刈谷市の南部を通って碧南市までつながる名鉄三河線も通っています。名鉄名古屋本線で刈谷市内にあるのは富士松駅と一ツ木駅の2駅です。この2駅は普通電車しか停車しませんが、富士松駅から1駅名古屋よりの豊明駅や2駅名古屋よりの前後駅で急行・準急に乗り換えると30分程度で名鉄名古屋駅までアクセスできます。(※3)JR東海道本線では刈谷駅など全部で市内に4駅です。そのうち刈谷駅は快速や新快速、特別快速も停車し、普通電車でも約30分、新快速なら20分あまりで名古屋駅までアクセスできます。(※4)

※3:NAVITIME乗換案内 富士松 ⇒ 名鉄名古屋を参照
※4:NAVITIME乗換案内 刈谷 ⇒ 名古屋を参照

 

刈谷市の学区と医療施設

#刈谷市内の学区
刈谷市内には中学校が6校あります。市役所のある市街地周辺に立地しているのは刈谷東中学校と刈谷南中学校の2校です。JR我妻駅の東に位置する刈谷東中学校は市役所の西側やJR東海道本線の北側に広がるエリアをカバーしています。JR刈谷駅の南に位置する刈谷南中学校は刈谷駅周辺とその東側が校区です。名鉄・富士松駅の東側に位置する富士松中学校は主に市内の富士松以北のエリアをカバーしています。その南の国道23号線が通るエリア周辺は、市内築地町の刈谷市総合運動公園に隣接する雁が音中学校の学区です。刈谷市内でも南部の地域には依佐美中学校と朝日中学校の2校があり、依佐美中学校は主に南部の西側、朝日中学校は南部の東側の地域が学区になっています。小学校はさらに細かく、市内に15校があります。

#地域医療の拠点となる総合病院が立地する刈谷市
刈谷駅や市役所の少し南に立地する「刈谷豊田総合病院」は、刈谷市とその南に隣接する高浜市、トヨタグループ8社が共同で運営している総合病院です。29の診療科目と脳卒中センターや循環器センター、周産期母子医療センターなど複数の特殊診療部門も備え、半径10キロ圏内の地域医療をカバーしています。また、救命救急センターもあり、災害拠点病院としての指定も受けています。刈谷市では中核病院としての役割を持つ刈谷豊田総合病院と地元のかかりつけ医との間で連携を図り、症状や時期に応じた適切な医療が受けられる制度が整っています。

 

刈谷市内にあるスポットは!?

#刈谷ハイウェイオアシス
伊勢湾岸自動車道には、刈谷市内に「刈谷ハイウェイオアシス」があります。高速利用者だけではなく一般道からでも施設を利用することが可能です。施設内には刈谷市をはじめとした東海エリアのお土産が買えるショップやフードコートのほか、入浴や足湯ができる天然温泉もあります。また、ゴーカートや大型複合遊具のある岩ヶ池公園、ランドマークにもなっている大観覧車などもあり、ショッピングや食事はもちろん、遊ぶこともでき、癒しも得られる場所です。刈谷ハイウェイオアシスは高速を利用する人に人気があるのはもちろん、地元の人にとっても子どもから大人まで楽しめる施設として知られています。

#歴史と産業にまつわるスポットが多い刈谷市
刈谷市内には企画展やイベントが開催される「刈谷市歴史博物館」や「郷土資料館」など、地元を知ることができる施設が複数あります。国の登録文化財としての認定を受けている歴史ある建物を活用した郷土資料館では、さまざまな刈谷市にまつわる資料がみられるほか本格的なはた織り体験もできます。また、産業にまつわる施設が多いのも産業が盛んな街・刈谷市ならではの特徴。たとえば、イベントも開催される「刈谷市産業振興センター」や、通信施設の資料を保存・展示している「依佐美送信所記念館」、アイシングループの自由見学型の施設「コムセンター」などがあります。

 

刈谷市で味わえるご当地グルメ

#刈谷市ならではのご当地グルメ「いもかわうどん」
刈谷市にはほかにはない「いもかわうどん」というご当地グルメがあります。いもかわうどんは、かつて東海道を旅する人のために現在の三河国芋川(刈谷市一ツ木町あたり)でふるまわれていた郷土料理で、きしめんのルーツとして有力です。江戸時代の書物にもたびたび登場したいもかわうどんですが、明治に入ってからは姿を消してしまいました。

しかし、地域活性化のきっかけになるものとして、また食文化の継承という観点から復活させようという運動が起こり、再現されて徐々に知名度も上がっています。いもかわうどんの麺は当時と同様に地元産の小麦粉を使って平打ちし、スープも地元の溜まりを使っていることが特徴です。地元の石臼碾きそば・味噌煮込みうどんのお店「きさん」が再現に協力し、お店でも提供しています。また、地元の小学生が毎年いもかわうどんの手打ち体験をしたり、アイデアレシピを考えたりなど、子どもたちも郷土料理として学ぶ機会が設けられています。

#愛知県のご当地グルメを味わえるお店も多数
いもかわうどん以外にも愛知県には味噌煮込みうどんや手羽先、味噌カツなど有名なご当地グルメがあり、市内のお店でも提供されています。また、伊勢湾岸自動車道の刈谷ハイウェイオアシスには、愛知県はもちろん東海エリアの名物を食べたり買い物したりできるお店が集まっています。

 

子育てに向いた環境が整う刈谷市

#子育て支援が充実
刈谷市内には子育て支援センターが4カ所あります。そのうちひとつは病児・病後児保育も兼ねており、働くパパ・ママにとって子どもの体調が悪いときでも安心です。また、7カ所の児童館と15カ所の放課後児童クラブがあり、子育てに関する情報交換ができたりスタッフと遊んだりできる子育て広場も4カ所設置されています。さらに、会員登録しておけば、かりやしファミリー・サポート・センターの援助会員が子どもを預かってくれる仕組みも整っています。

#子どもが楽しめる施設が豊富
「ウォーターパレスKC」はごみ焼却で出る熱を利用した温水プールやジムがある施設で、大人も子どもも楽しめる多彩なプールやクアコーナーがあります。もともと交通ルールを学ぶ施設としてオープンした「交通児童遊園」は入場料が無料なうえ、ゴーカートなどの乗り物が低料金で乗れて親子連れに人気です。また、プラネタリウムがあり、サイエンスショーや体験講座が開催される「夢と学びの科学体験館」も刈谷市内のスポットとして人気があります。

#自然環境も豊か
刈谷市北部の洲原公園は洲原池周辺の自然を残して遊歩道やキャンプ場、スポーツ施設などが整備され、春は桜が美しいスポットして有名です。また、刈谷城(亀城)跡を整備した「亀城公園」も、一部にお城があった当時の面影を残しながら日本庭園やスポーツ施設が整備され、桜の名所にもなっています。刈谷市とは姉妹都市であるカナダ・ミササガ市をモチーフとしたミササガパーク(猿渡公園)は遊具やデイキャンプ場があり、特にバラが美しいことで有名です。さらに、刈谷市には日本三大カキツバタ自生地のひとつ「小堤西池のカキツバタ群落」があります。

#子育てに向いている刈谷市
刈谷市は刈谷城の城下町であったほか、市内を通る国道1号はかつての東海道と重なっています。国道1号線沿いの今川町には、現在でも当時の面影を残す落ち着いた町並みが広がっています。市街地を少し離れると田畑が広がる田園風景も見られ、四季折々に花が美しい公園も複数あるなど自然環境も豊富です。そのため、刈谷市は注文住宅を建てて子育てしながら生活するのにも適した場所だといえるでしょう。

 

産業が発展しながら子育てしやすい環境も充実した刈谷市

刈谷市は愛知県の主要産業である自動車関連の企業が多くなっていますが、城下町や東海道が通る街として昔ながらの面影も残しています。また、カキツバタの自生地や桜の名所として有名な公園もあるなど、豊かな自然も残された地域です。

子ども連れで出かけられるスポットも多く、子育て支援も充実しているため、これから愛知県で注文住宅を建てようと考えているならば、刈谷市を候補に加えてみてはいかがでしょうか。

 

◆◆デザイン住宅設計事務所フリーダムアーキテクツの詳細はこちら

 

愛知県の他地域を見てみる

◆◆豊田市の詳細はこちら

◆◆名古屋市の詳細はこちら

◆◆西尾市の詳細はこちら

◆◆東海市の詳細はこちら

◆◆一宮市の詳細はこちら

◆◆春日井市の詳細はこちら

◆◆安城市の詳細はこちら

◆◆豊橋市の詳細はこちら

◆◆瀬戸市の詳細はこちら

◆◆豊川市の詳細はこちら

◆◆岡崎市の詳細はこちら

◆◆小牧市の詳細はこちら

◆◆稲沢市の詳細はこちら

◆◆大府市の詳細はこちら

◆◆知多市の詳細はこちら

◆◆尾張旭市の詳細はこちら

◆◆豊明市の詳細はこちら

◆◆北名古屋市の詳細はこちら

◆◆豊中市の詳細はこちら

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事