春日井市で注文住宅を建てるなら知っておきたいポイント!

16 view

愛知県春日井市は、豊かな自然に囲まれながら都市の便利な生活ができる土地です。自治体やNPO法人は子育て支援に積極的な取り組みを行っており、これから注文住宅を建てて生活を始める家族にとっては望ましい環境といえるでしょう。名古屋市への通勤・通学に便利なところも魅力です。この記事では、春日井市の基礎情報や子育て支援対策、注文住宅を建てる際のポイントなどを解説していきます。

 

春日井市ってどんなところ?市内の基礎情報を解説!

#春日井市の人口は?
愛知県春日井市の人口は、2016年~2020年までの5年間を見ると増加傾向にあります。5年間の平均人口は約31万人。(春日井市公式ホームページを参照)

県内では6番目に人口の多い都市です。県内で人口が30万人を超えているのは6つの市のみとなり、都会の住みやすさを求める人には有力な候補地の一つになるでしょう。(愛知県公式Webサイト「県市区町村別推計人口と世帯数」を参照)

人口とともに世帯数も増加傾向にあることから、人口減少に悩んでいる自治体が多いなかで春日井市は持続的な成長を実現しています。

#春日井市の面積や地形は?
春日井市は、名古屋市や小牧市をはじめとした愛知県内の5つの自治体と、岐阜県多治見市に接しています。市の面積は92.78平方キロメートル。南北に13.7キロメートル、東西に15.7キロメートルで少し横長の形です。春日井市は古来より庄内川を中心に発展しており、市内には内津川や繁田川など、庄内川水系の支流が多く見られます。市の最高峰は、岐阜県との県境にある高さ437メートルの弥勒山。自然歩道が整備され、一年を通して登山やハイキングを楽しむことができます。(春日井市公式ホームページを参照)

#交通アクセスの良さは住民にとって大きなメリット
春日井市から名古屋市までの交通アクセスは、市内を東西に横断するJR中央本線を利用すると便利です。市の中心部である勝川駅から名古屋駅までは、乗り換えなしで約20分。名古屋市の中心部栄駅までは、市営地下鉄の東山線に乗り換えて最短約17分で到着できます。また、国道19号が春日井市を横断しているため、市内各所からの車移動も便利です。東名高速道路や名古屋第二環状自動車道を使えば、遠くへの車移動も快適に行うことができるでしょう。県外へ向かう際には、市西部に位置する県営名古屋空港を利用できます。東北から九州まで8空港に定期路線が就航しています。空港までは、JR勝川駅からバスや車で約20分の距離です。

 

春日井市で子育てすることのメリットとは?

#春日井市の子育て支援「子はかすがい、子育ては春日井」
春日井市で注文住宅を建てる場合には、新しい土地での子育てをイメージしている人も多いでしょう。市では、これから子育てを始める家庭に対して、手厚い子育て支援を行っています。「子はかすがい、子育ては春日井」という宣言のもと、自治体やNPO法人、子育て支援団体などが市内各地で開催しているイベントを、「春日井ハッピーマムズ」という情報発信サイトで一元管理しています。サイトを閲覧すると開催予定のイベントが一目でわかるのは便利です。イベントの種類は、子どもとのふれあいを目的とした講演や体験型教室、フリーマーケットなど多岐にわたっており、自分の好みに合ったものを選ぶことができます。

子育てママの就労を支援する「ママインターン」も好評です。結婚や子育てのために仕事を辞めたが、機会に恵まれればもう一度働きたいと考えている子育てママは少なくありません。そういった女性に就労体験を提供することで、働くためのきっかけにしてもらおうという取り組みがママインターンです。本格的に仕事を始める前に、子育てと両立できるかを確認しておくのは貴重な経験になります。市内の企業や事業者から話を聞く「ママのお仕事見学バスツアー」も定期的に開催しています。

乳幼児を抱えている保護者が、公立保育園に集まって情報交換ができる「子育て支援コミュニティーカフェ」も多くの子育てママが参加しています。同じ悩みを抱えている子育てママと話をしたり、保育士に育児相談したりすることで、心に余裕が生まれる人も少なくないでしょう。また、春日井市では、子どもが中学校を卒業するまで、入院・通院にかかる医療費を助成しています。子どもの病気やケガへの心配が緩和されることで、保護者の負担軽減につながります。

#都会の便利さと豊かな自然を満喫できる生活環境
勝川駅や春日井駅などの駅前は開発が進み、暮らしに便利なサービスや施設が充実しています。買物に便利な大型ショッピングセンターとともに、昔ながらの商店街も残っているため、住民は好みのライフスタイルを選ぶことができるでしょう。こうした都会の便利な暮らしに加えて、春日井市は緑豊かな土地でもあります。「日本の都市公園100選」に選ばれた落合公園を代表として、市内中心部には大小の公園や緑地が点在し、岐阜県との県境の弥勒山周辺では登山やハイキングを楽しむこともできます。便利な暮らしと豊かな自然を満喫できる春日井市は、家族が子育てをするには適した場所です。

 

春日井市のグルメ・特産品情報をチェックしよう

#春日井市のグルメ情報
愛知県には、味噌カツや手羽先、ひつまぶしなど、その土地ならではの名物料理がたくさんあります。知多半島で育てられたブランド牛である知多牛も絶品で、春日井市内にもグルメ雑誌やネットなどで高い評価を得ているお店が軒を連ねています。他の地域に住んでいる人にあまりなじみのないのは、郷土料理である味噌煮込みうどんでしょうか。愛知県名産の八丁味噌で作られた濃厚なスープは、一度食べるとやみつきになります。

#春日井市の特産品はサボテン!料理にも使う?
春日井市は日本有数のサボテン苗生産地です。実生サボテンの生産では日本一を誇り、市のゆるキャラにもサボテンが登場します。市内ではサボテンにちなんださまざまな商品が販売されていますが、サボテングルメに取り組んでいる店舗もあります。サボテンラーメンやサボテンアイス、サボテンういろうなど特徴的な商品も多く、春日井市に立ち寄ったときにはサボテングルメに挑戦してみるのも楽しそうです。

 

春日井市で注文住宅を建てるときの3つのポイントを解説

#業者への相談や資料請求を通してその土地の相場を知る
注文住宅を建てるときに、土地の場所と面積は重要な問題です。春日井市は、東京や大阪、名古屋といった大都市ほど地価は高くありませんが、それでも地域に応じて価格差はあります。まずは、予算を考慮に入れて、土地の相場を見極めていきましょう。また、すでに土地を保有している場合には、その土地の広さや形に応じてどのくらいの予算で希望の家が建つのかを知る必要があります。家を建てる土地の周辺環境もチェックしながら総合的な判断をしていきましょう。

#優先事項をできるだけ明確にする
外観や室内の機能性、全体的なデザインなど、家を建てる際には気になることがたくさんでてきます。注文住宅は自由度が高いこともあって、自分の理想に近づけていく努力は必要ですが、すべての希望がかなえられるわけではありません。土地の制約や予算の都合なども考えながら、自分が住居にもっとも望んでいることをできるだけ明確にしておきましょう。そうしないと、業者の都合に合わせる形で、施主の要望とは異なる条件を渋々ながら認めてしまうといったことも起こります。必ず通したい要望と、状況に応じてあきらめるつもりの要望とを区別しておきましょう。

#実際に面談してから業者を選ぶ
資料請求や電話、メールでのやりとりだけで業者を絞り込むのはおすすめしません。数社の担当者と実際に会って面談してから、信頼できる業者を見極めていくべきです。注文住宅は建売住宅とは異なり、業者と何度も打ち合わせを重ねることによって、どのような家にするのかを決めていきます。土地探しから始める場合には、その業者と数カ月間、何度も会って話し合うことになるでしょう。そのときに、見積額が少し安いからといって、こちらの要望を相談しにくい相手では円滑な情報交換が行えません。丁寧な対応をしてくれる業者を選びましょう。

 

春日井市に注文住宅を建てるなら「フリーダムアーキテクツ」

春日井市は、都市の便利さと豊かな自然を満喫できることから、子育て世代が生活を始めるのに魅力的な土地です。

土地探しから注文住宅の建設を行いたい人は、土地と設計をまとめて提案できる建築設計事務所「フリーダムアーキテクツ」をおすすめします。年間400棟以上の注文住宅を手がける実績は、顧客のさまざまな要望に対応してきた結果です。

デザイン性に優れた注文住宅を希望する人は資料請求をしてみましょう。

 

◆◆フリーダムアーキテクツの詳細はこちら

◆◆資料請求はこちら

◆◆家づくり無料相談会の詳細はこちら

◆◆土地探し無料相談会の詳細はこちら

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事