岡崎市で注文住宅を建てるなら知っておきたいポイント!

152 view

愛知県岡崎市に注文住宅を建てようかと悩んでいる人もいるでしょう。注文住宅を建てるには、まずその土地のことを知ることが大切です。どのような地域なのか、住みやすいかどうかを見極めてから建てるのがおすすめです。ここでは、愛知県岡崎市はどのような地域なのか、岡崎市のグルメ情報や観光スポット情報も含めて紹介していきます。

 

岡崎市の基本情報

岡崎市は愛知県のほぼ中央に位置する市であり、面積は387.20平方キロメートルです。愛知県の豊田市とともに「西三河」という愛知県の中部を代表する都市であるといわれています。また、法定人口が20万人以上の都市を対象にした「中核市」の指定を受けるだけでなく、東京圏以外の地域の経済や住民の生活を支える拠点となる都市である「中枢中核都市」にも指定されているのが特徴です。愛知県の経済を支える都市の1つともいえるでしょう。岡崎市における平成25年~30年の平均人口は約38万人で、豊田市に次ぐ人数となっています。(岡崎市統計ポータルサイト1.人口・世帯数・人口動態(各月1日現在)を参照)

愛知県全体では第3位の人口であることからも、多くの人が住む経済の中心地となっていることが分かるのです。岡崎市では、市の西側を中心として鉄道網とバス路線網が発達しています。また、市の中心部には国道1号が通っています。岡崎市の中心となる駅は東岡崎駅と岡崎駅で、特に東岡崎駅は市役所の最寄り駅となっているほか、駅の北口には大手企業の支店が立ち並ぶオフィス街として栄えています。交通網に関しては、岡崎市にはJR東海の東海道本線、名古屋鉄道の名古屋本線、愛知環状鉄道の愛知環状鉄道線の鉄道会社3社による計3路線が乗り入れています。

また、路線バスは、岡崎市内だけを巡回する地域に根付いたものだけでなく、愛知県豊田市や安城市、西尾市までつながっている路線もあります。便数も豊富なので、岡崎市からそれらの都市に行きたいという場合も、鉄道やバスなどの公共交通機関を利用して出かけることが可能です。そのため、岡崎市は近隣の都市で働く人のベットタウンとしても重要な役割を果たしています。

 

岡崎市はどのような地域なのか?

古くは城下町として栄えた場所であり、豊田市によって自動車関連産業が盛んになると、人口がさらに増加しました。その結果、中核市や中枢中核都市として指定されるような都市に変化していったという歴史があります。岡崎市では農業や商業、工業などが発達していて、農業に関しては、平野部で水稲や大豆の栽培、いちごなどの施設園芸がおこなわれ、丘陵地では果樹栽培のほかに畜産業も盛んにおこなわれているのです。また、商業においては江戸時代から生産が盛んであった石製品や八丁味噌などの伝統産業に加え、東海地方最大規模といわれるショッピングモールや小売店が多くあり、賑わいを見せています。

工業においては、戦後発展を遂げた重化学工業の中でも特に輸送機器関連産業が発展しているほか、最先端産業も岡崎市に進出しているなど、さまざまな企業が軒を連ねています。医療施設に関しては、岡崎市中央地域福祉センターをはじめとして、北部地域福祉センターや東部地域福祉センターなど、東西南北に地域福祉センターがあります。また、岡崎市民病院や岡崎歯科総合センター、岡崎市総合子育て支援センターなどの医療施設も充実しているので、岡崎市に注文住宅を建てた場合、子育てや老後も安心できるでしょう。

また、交流施設としては「岡崎市北部地域交流センター・なごみん」や「岡崎市西部地域交流センター・やはぎかん」などが福祉センター同様、岡崎市の東西南北にあります。また、芝生広場やアスレチックがある「岡崎市こども自然遊びの森 わんPark」や、中央図書館を中心とした複合施設である「岡崎市図書館交流プラザ」など、地域の人と交流を深められる施設もあります。

 

岡崎市のグルメ情報

岡崎市では古くから八丁味噌が作られていることで有名です。八丁味噌を食べてみたいという人は「まるや八丁味噌」に訪れてみるとよいでしょう。「まるや八丁味噌」は愛知環状鉄道の中岡崎駅近くにある八丁味噌の工場です。工場直売所には、八丁味噌そのものが販売されているのはもちろん、八丁味噌を使って作った数々のおみやげが販売されています。なお、工場を見学することもでき、八丁味噌の歴史や味噌蔵の特徴など、そこでしか聞くことのできない貴重な話を聞くことができるのです。

また、八丁味噌の味見もできるので、食べたことがない人もその味を楽しむことができるでしょう。ほかにも名鉄線の岡崎公園前にある「大正庵釜春本店」では、八丁味噌を使った愛知県グルメの「八丁味噌煮込みうどん」をはじめ、「もろこしうどん」というトウモロコシの粒が入った珍しいうどんなど、種類豊富なメニューがある点が特徴的です。子供用メニューもあるので、家族みんなで食事を楽しめるでしょう。上和田町にある「三河ラーメン日本晴れ」ではラーメンを食べることができます。

ここで提供しているラーメンは、ほかのラーメン屋さんと少し違うのが魅力です。八丁味噌を練りこんだ肉みそをトッピングしていたり、三河の食材にこだわったメニューを楽しむことができます。愛知県ならではのこだわりラーメンが食べたいという人の食欲を満たしてくれるラーメンに出会えるでしょう。

 

岡崎市の観光スポット情報

岡崎市には「平成18年度日本100名城」の1つに選ばれた「岡崎城」があります。徳川家康が誕生した城といわれ、3層5階建てで中に入れるようになっています。城の中は歴史資料館として、江戸時代の岡崎について3つのテーマに分けて展示が行われています。5月になると、藤棚も見頃を迎え、城と藤の花を堪能できるでしょう。また、八帖町にある「八丁味噌の郷」も八丁味噌作りが盛んな岡崎市ならではの観光スポットとなっています。ここでは無料で八丁味噌を作っている工場を見学でき、作りかたなど、八丁味噌について学ぶことができます。

ほかにも子どもがいる家庭や犬好きの人におすすめの「わんわん動物園」があり、137犬種、450頭の犬と出会える犬のテーマパークともいうべきスポットとなっています。好きな犬を選んで一緒に散歩をしたり、大型犬や小型犬と触れ合えたりできるのが特徴です。犬のレースが開催されることもあるので、そのようなショーを見るのもよいでしょう。わんわん動物園には、飼っている犬を連れて入ることもできるため、犬を飼っている人も飼っていない人も楽しむことができます。このほかにも、岡崎市には動物園や菖蒲園を併設している公園や企画展・収蔵品展を開催している美術博物館など、大人も子どもも楽しめる観光スポットがあるのが魅力です。

 

注文住宅の相談はフリーダムにしてみよう!

岡崎市には医療施設や地域交流センターが数多くあります。また、子育て支援センターもあるので、これから子どもをもつことを考えている世代にもおすすめの都市といえるでしょう。八丁味噌グルメが食べられるお店や、大人も子どもも楽しめる観光スポットも多くあるのが岡崎市の魅力です。

そのような魅力ある岡崎市での土地探しや注文住宅の建築設計は「フリーダムアーキテクツ」に相談してみましょう。

 

◆◆フリーダムアーキテクツの詳細はこちら

◆◆資料請求はこちら

◆◆家づくり無料相談会の詳細はこちら

◆◆土地探し無料相談会の詳細はこちら

 

愛知県の他地域を見てみる

◆◆豊田市の詳細はこちら

◆◆名古屋市の詳細はこちら

◆◆西尾市の詳細はこちら

◆◆東海市の詳細はこちら

◆◆一宮市の詳細はこちら

◆◆春日井市の詳細はこちら

◆◆安城市の詳細はこちら

◆◆豊橋市の詳細はこちら

◆◆瀬戸市の詳細はこちら

◆◆豊川市の詳細はこちら

◆◆刈谷市の詳細はこちら

◆◆小牧市の詳細はこちら

◆◆稲沢市の詳細はこちら

◆◆大府市の詳細はこちら

◆◆知多市の詳細はこちら

◆◆尾張旭市の詳細はこちら

◆◆豊明市の詳細はこちら

◆◆北名古屋市の詳細はこちら

◆◆豊中市の詳細はこちら

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事