瀬戸市で注文住宅を建てるなら知っておきたいポイント!

208 view

家を建てる条件は、どのような場所を選ぶかによって違ってきます。土地面積や価格を考えることも大切ですが、そこに住むことによってどのような暮らしができるのかを知ることも必要です。住みたい場所が決まったら、まずその土地の情報を収集しましょう。ここでは、瀬戸市の基本的な情報や注文住宅を建てる際に注意しておきたい点などについて紹介していきます。

 

瀬戸市は焼きものの街!学校や病院も充実!

瀬戸市は、1000年以上もの歴史を持つ焼きものの街で、「日本六古窯」の一つとして知られています。日本遺産にも指定されており、どこか懐かしい風景が残る穏やかな雰囲気の街です。子育てにも向いている地域で、瀬戸市の公式サイト「市内の小学校・中学校・特別支援学校」のページを参照すると、市内の小学校は2013年時点で20校、中学校は8校、さらに、障害を抱えた児童生徒に向けた特別支援学校も設置されています。

世代に関係なく生活するうえで欠かすことができないのは病院です。必要な治療を近くで受けられるのは、暮らすうえで安心感につながるでしょう。「瀬戸旭医師会」公式サイトの「医療機関案内」を参照すると、2020年時点で瀬戸市内だけでも内科や小児科、眼科、整形外科といった60の病院があります。また、瀬戸市では休日診療にも力を入れているのが特徴的です。瀬戸旭医師会によって休日専門の診療所が設置されており、日曜日と祝日、年末年始の急な病気に対応可能で、いつでも安心して暮らせる医療体制が整っています。

 

瀬戸市の人口や交通網などのエリア情報

瀬戸市は、県庁所在地である名古屋市から北東へおよそ20kmの位置にあります。ユキサキNAVIの「瀬戸市の鉄道駅」を参照すると、瀬戸市内には瀬戸市駅や瀬戸口駅、山口駅をはじめ8つの駅があり、名古屋市など他の地域へのアクセスがしやすいことがわかります。通勤や通学はもちろんのこと、ショッピングや病院への通院などにも便利です。また、乳幼児の同伴で無料または半額で利用できるコミュニティバスも運行しているので、子育て世帯にも暮らしやすい環境といえるでしょう。

瀬戸市の公式サイトに掲載されている「市の沿革」によれば、市の総面積は111.40平方キロメートルで、標高100〜100メートルの山々が周囲を囲む温暖で暮らしやすい地域です。また、瀬戸市の公式サイト「人口と世帯(町別一覧)」を参照すると、2018〜2020年の瀬戸市の平均人口は約12万9600人で、同じく3年間の平均で5万6200世帯が暮らしています。

 

瀬戸市の名物やグルメは?

瀬戸市では、「せとめし」と呼ばれる地元ならでのグルメが人気です。せとめしには「瀬戸焼きそば」「うなぎ」「ごも飯」「瀬戸豚」の4つがあり、瀬戸市の名物として欠かすことはできません。瀬戸市に住むなら、まずはこの4つの名物を堪能しましょう。

#瀬戸焼きそば
豚の煮汁でダシをとり、しょう油で味付けした焼きそばです。具材はキャベツと豚肉だけというシンプルなもので、地元では長く愛されてきたグルメです。焼きそばはソースで味を整えることが多いですが、醤油味でコクのある味わいが楽しめます。

#うなぎ
うなぎは「土用の丑の日」に好んで食べられるなど、スタミナ食として知られています。瀬戸市では特に好まれており、古くからスタミナをつけるときの食べ物として人気です。瀬戸市には愛知県で1位といわれる有名なうなぎ店があります。

#ごも飯
ごも飯とは五目飯のことです。焼きものの街として知られる瀬戸市には、窯元がたくさんあります。焼きものは1度火を入れると数日間は火を絶やすことができません。そのため、職人さんはそのまま徹夜することも多く、すぐに食べることができる五目飯が好まれたことから、瀬戸市の名物になっています。ごも飯は、瀬戸市内の飲食店でも提供されています。

#瀬戸豚
瀬戸豚は、甘味のある脂身が特徴の、瀬戸市で飼育されているブランド豚です。瀬戸豚にこだわって提供している飲食店も増えているので、瀬戸市に住んだらぜひ味わってみましょう。瀬戸豚は臭みも少なく、食べやすい豚肉です。

 

瀬戸市は子育て世帯から夫婦世帯まで暮らしやすい街

瀬戸市は学校数や病院の数も多く、子育て世帯にとって暮らしやすい街といえます。名古屋市をはじめ近隣の地域へもアクセスしやすいため、通勤やショッピングにも便利な街です。そのため、これから子どもをもうけようと考えている夫婦や高齢者にとっても住みやすい地域といっていいでしょう。観光地でありながら暮らす人も楽しめるスポットも多く、穏やかな中に利便性もある瀬戸市は、都心から田舎暮らしを考えて移住する場所としても向いています。特に、焼きものをはじめ物づくりに興味を持っている人が楽しめる街ではないでしょうか。

 

人気スポットや観光スポット

焼きものが有名な瀬戸市には、窯元や焼きものを扱う専門店など、さまざまな人気スポットや観光スポットがあります。家族や友人とのお出かけに、そして普段の散歩コースとして瀬戸市の街並みを堪能しましょう。ここでは、瀬戸市ならではの人気観光スポットをいくつか紹介します。

#窯垣の小径
古い窯道具をいくつも積み重ねて作られた塀が見ごとな石畳の小径です。その昔、焼きものを出荷するために多くの人が往来した通りが風情を残したまま整備されています。全長400mほどの手頃な距離で、散歩コースに程よいのも人気です。途中にある「窯垣の小径資料館」で瀬戸市の歴史に触れるのもいいかもしれません。

#瀬戸蔵ミュージアム
瀬戸市の懐かしい景色が再現されているミュージアムです。昭和30〜40年代の街並みが広がる館内には、今は走っていない「瀬戸電」も展示されています。1階の「瀬戸蔵セラミックプラザ」では、地元の窯元の作品が購入できます。

#うなぎの田代
瀬戸市のグルメとして紹介したうなぎを提供している人気店です。秘伝のタレをつけ、備長炭で丁寧にじっくり焼き上げたうなぎは、遠方からわざわざわ食べに来る人も珍しくはありません。お昼には行列ができることも多い人気のうなぎ専門店です。

#一里塚本業窯
有形文化財に指定されている登り窯です。登り窯の一部は再構築され、昭和40年頃まで実際に使われていました。現在は使われてはいませんが、当時のままの状態で見ることができます。ここでは焼きもの体験もできるので、自分の器を作ってみるのもいいでしょう。

 

瀬戸市で注文住宅を立てる際は景観を損ねないことがポイント

瀬戸市は自然豊かな地域です。そのため、注文住宅を建てる際には、瀬戸市ならではの景観を優先することが求められます。景観計画区域は、瀬戸市全域が対象です。緑が豊富な瀬戸市の景観を損なわないような注文住宅を建てるように注意しましょう。特に色や外観などに気を配ることは大切です。実際に注文住宅を建てるときは、着工の30日前までには瀬戸市都市整備部都市計画課に図面を添付して届出しなければなりません。新築はもちろん、増改築や色の変更なども届出が必要です。

 

焼きものの街である瀬戸市は懐かしさが残る暮らしやすい場所

瀬戸市は焼きものの街として知られ、懐かしい景観がそのまま残されています。名古屋市をはじめ他の地域へのアクセスもしやすく、利便性が高い暮らしやすい街といえます。注文住宅を建てるなら、瀬戸市の景観を損なわないように注意することがポイントです。

瀬戸市での土地探しや注文住宅の建築設計は、建築設計事務所「フリーダムアーキテクツ」に相談してみましょう。

 

◆◆フリーダムアーキテクツの詳細はこちら

◆◆資料請求はこちら

◆◆家づくり無料相談会の詳細はこちら

◆◆土地探し無料相談会の詳細はこちら

 

愛知県の他地域を見てみる

◆◆豊田市の詳細はこちら

◆◆名古屋市の詳細はこちら

◆◆西尾市の詳細はこちら

◆◆東海市の詳細はこちら

◆◆一宮市の詳細はこちら

◆◆春日井市の詳細はこちら

◆◆安城市の詳細はこちら

◆◆豊橋市の詳細はこちら

◆◆岡崎市の詳細はこちら

◆◆豊川市の詳細はこちら

◆◆刈谷市の詳細はこちら

◆◆小牧市の詳細はこちら

◆◆稲沢市の詳細はこちら

◆◆大府市の詳細はこちら

◆◆知多市の詳細はこちら

◆◆尾張旭市の詳細はこちら

◆◆豊明市の詳細はこちら

◆◆北名古屋市の詳細はこちら

◆◆豊中市の詳細はこちら

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事