東海市で注文住宅を建てるなら知っておきたいポイント!

11 view

注文住宅を東海市で建てようとしている人もいらっしゃるのではないでしょうか。東海市は、交通網が発達していたり、子育てのさまざまな施策を行っていたりするため、住みやすい地域として定評があります。この記事では、東海市で注文住宅を建てる前に知っておきたい特徴や注意点、どのような子育ての施策が行われているのかなどを解説していきます。

 

東海市ってどんな街?

東海市は、愛知県に属する地域で名古屋市と知多市の間に位置します。名古屋市のすぐ近くにあるため、住宅や商業施設などが多く、全国的に見ると栄えている地域です。街全体は栄えていながらも、緑に触れることができる場所があったり、大田川や奥山川など、いくつかの河川が流れていたりするので、自然の豊かさも感じられます。東海市では、生活に必要なものはすぐに手に入れることができ、自然の豊かさも感じられる非常にバランスのよい地域といえるでしょう。また、市の西側には中部地方の貿易の中心となっている名古屋港があり、南には中部国際空港、北部には伊勢湾岸自動車道があるなど、交通機関が非常に発達しています。

東海市は鉄鋼の街として知られていて、工業が盛んに行われているため、名古屋南部臨海工業地帯の一部となっています。農業では、春先の食材として有名な「ふき」の生産地として知られていたり、洋ランの生産も盛んに行われていたりします。東海市では、地域を愛する心、文化や伝統を子どもたちに引き継いで欲しいという思いから、子どもセンターなどでさまざまな取り組みを行っています。第36回緑の都市賞で東海市は、緑の街づくり部門、国土交通大臣賞を受賞しました。市民が住みやすい環境となるようにさまざまな施策が実行されているため、愛知県内でも住みやすい街の上位であるといえるでしょう。

 

東海市の人口や交通網について

東海市の総人口は、11万4958人、5万0947世帯となっています。街の規模を考えると非常に多くの人が東海市に住んでいるといえるでしょう。総務省の国勢調査によると、東海市の人口は年々増加傾向にあり、2020年現在でも増え続けています。

※愛知県東海市公式サイト「人口の推移」を参照。※GD Freak!「総務省 国勢調査及び国立社会保障、人口問題研究所 将来推計人口」を参照。

東海市では、交通網が非常に発達しているため、市内だけでなく、他県にもアクセスしやすい環境が整っています。名古屋鉄道の常滑線には、名和駅、聚楽園駅、新日鉄前駅など、全部で5つの駅から乗車することが可能です。名古屋鉄道の河和線も通っていて、太田川駅や高横須賀駅、南加木屋駅などから利用することができます。東海市には新幹線の駅はありませんが、名古屋鉄道を利用すれば名古屋駅まで乗り換えなしで行けるため、それほど不便に感じることはないでしょう。東海市内には、らんらんバスが北ルート、中ルート、南ルートに分かれて広い地域で走っているので、市内全域の移動もしやすくなっています。

 

東海市のグルメは?

ここからは、東海市の有名なグルメを紹介していきます。

#味噌カツ
味噌カツは、愛知県の人々に愛されている郷土料理です。愛知県岡崎市八帖町でつくられている八丁味噌をベースにしたタレは、クセになる濃厚な味わいです。愛知県の郷土料理には八丁味噌を使ったものが多く、東海市にも味噌カツが食べられるお店がたくさんあります。

#ひつまぶし
ひつまぶしは愛知県の郷土料理のひとつで、ご飯を小さなおひつに入れ、そこに蒸さないでそのまま焼き上げたウナギの蒲焼きを細かく刻んで盛りつけて食べる料理です。ひつまぶしは、さまざまな食べ方ができる料理で、ウナギの蒲焼きをご飯と一緒にそのまま食べる、ネギや海苔、ワサビなどの薬味をのせて食べる、お茶や出汁などをかけて食べる、などができます。東海市にも、ひつまぶしを食べることができる専門店や寿司屋、海鮮料理店などがたくさんあります。

 

東海市で子育ては安心してできる?

子育てをするうえで、環境面を重視する人が多いのではないでしょうか。東海市は、冬場には、雪が降ることがありますが、積雪で通学に支障が出るということはほとんどありません。また、全国的に見て栄えていますが、自然の豊かさも感じられるバランスのとれた地域であることから、子育てがしやすい環境といえるでしょう。東海市では、子育てを支援するさまざまな施策が行われています。たとえば、児童手当や医療費助成はもちろんのこと、夜間や休日に病気にかかっても受診ができるように在宅当番医制を導入しているなど、東海市ならではの施策が充実しています。そのため、子育て世代の家庭が安心して生活ができる環境といえるでしょう。

 

東海市の人気スポットや観光スポットについて

ここからは、東海市で有名な人気スポットや観光スポットを紹介していきます。

#大池公園
大池公園は、遊戯広場がある子供連れの家族に人気のスポットです。遊戯広場には、カラフルでオシャレなブランコや滑り台などがたくさんあるので、子どもがのびのびと遊ぶことができるでしょう。大池公園には、その他にも無料動物園があったり、季節ごとに梅や桜、花しょうぶといった綺麗な花を見ることができたりします。売店や休憩所も設置されているため、家族で1日中遊ぶことができる人気スポットです。

#聚楽園大仏
名古屋鉄道の聚楽園駅からでも見える聚楽園大仏は、昭和天皇の結婚を記念して開眼供養された有名な大仏です。大仏といえば、奈良や鎌倉の大仏をイメージする人が多いでしょうが、実は聚楽園大仏はそれよりも大きい大仏になります。聚楽園大仏は展望台になっているため、中に入って街の景色を見ることもできます。

 

東海市で注文住宅を購入する前に注意しておきたいこと

東海市で注文住宅を購入する際には、土地探しに注意しましょう。東海市の中でも人気の高い住宅エリアでも、宅地造成規制法や砂防法などの規制がかけられているケースがあります。このようなケースは珍しくなく、あらかじめ東海市に宅地造成許可を受ける必要があります。その際には、土地を購入する費用以外にも、許可を得るための費用もかかってくるということを理解しておきましょう。

注文住宅を購入する際には、施工業者とトラブルになるケースもあるので、注意が必要です。施工業者とのトラブルには、イメージしていた家とかけ離れていた、工事不良があった、工期が大幅に遅れるなどがあげられます。このようなトラブルの原因は、施工業者の対応がいい加減だったり、購入者の理想とする家のイメージを聞き出せていなかったりするためです。

また、施工業者に任せておけば大丈夫という考えで任せきりにしてしまう購入者側にも原因がある場合も。そのため、信頼できる施工業者かどうかをしっかり見極め、購入者側も全てを任せきりにしてしまうのではなく、注文住宅を購入するにあたっての十分な知識を身につけておくことが重要です。注文住宅についての情報は、ハウスメーカーに資料請求をすることで知ることができます。

 

全国的に見ても東海市は住みやすい環境といえる

東海市は大都会ではないものの、栄えている街で生活に必要なものはすぐに手に入れることができます。交通網も発達しているため、市内や市外にアクセスしやすい環境が整っている住みやすい地域です。子育てに関してもさまざまな支援が行われているので、子育て世代でも安心して生活することができます。

注文住宅の購入を考えている人は、ぜひ東海市を検討してみてはいかがでしょうか。

 

◆◆デザイン住宅設計事務所フリーダムアーキテクツの詳細はこちら

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事