豊橋市で注文住宅を建てるなら知っておきたいポイント!

186 view

豊橋市で注文住宅を建てようか迷っている人もいらっしゃるでしょう。豊橋市は、1年を通して気候に恵まれていたり、子育てがしやすいさまざまな施策が行われていたりする地域です。この記事では、注文住宅を建てる前に知っておきたい豊橋市の特徴や交通網、子育てがしやすい環境かどうか、気をつけたいポイントなどを詳しく説明していきます。

 

豊橋市ってどんな土地?

豊橋市は、愛知県の中でも南東部に位置する大きな街です。東三河地方の経済や交通の中心として機能している地域であり、人口規模は愛知県の中でも非常に多くなっています。三河湾に面している地域で、非常に過ごしやすい気候となっています。愛知県の県庁所在地である名古屋市は、夏と冬とで寒暖の差が大きい日がありますが、豊橋市は同じ県にありながらも温暖な地域です。冬は、降雪を記録することがほとんどないため、1年を通して住みやすい地域といえるでしょう。

豊橋駅周辺は、商業施設やビルなどが立ち並んで賑わっていますが、少し離れると落ち着いた環境となっているので、小さい子供がいる家族も住みやすくなっています。豊橋市南部は畑が多くあり、トマトやキャベツ、白菜などが多く生産されているだけでなく、牛肉や豚肉の畜産も行われています。また、豊橋市西部には、たくさんの水田があり、稲作も盛んです。貿易が盛んに行われている豊橋市の三河港からは、生産された自動車を中心にさまざまなものが、国内や海外に輸出されています。

江戸時代には、豊橋市は三州吉田(よしだ)といわれていましたが、明治2年6月に豊橋に名称が変わりました。豊橋市は、海岸沿いにある地域であることから、宿場町としての伝統もあります。そのため、今でも交通の便が良い街になっていて、JR線や主要幹線も多く通っています。愛知県内では大きな街で交通機関なども発達していますが、名古屋市と比較すると落ち着いた雰囲気なので、住みやすい地域といえるでしょう。

 

豊橋市の人口や交通網について

豊橋市の人口は、令和元年のデータによると37万7429人、16万0582世帯となっています。全国的に見てもたくさんの人々が豊橋市で生活していることが分かります。また、近年の人口推移を見ると平成30年には、37万7303人、15万8253世帯、平成29年では37万7561人、15万6357世帯となっていて横ばいです。(豊橋市役所ホームページ「人口の推移」を参照)

豊橋市は、交通網が発達しているため、移動がしやすい地域です。東海道新幹線のこだまやひかりには、豊橋駅から乗車することができるため、他県へのアクセスがしやすいでしょう。愛知県を走る名古屋鉄道の本線の終着駅が豊橋駅となっていたり、豊橋鉄道のターミナル駅もあったりするので、近隣の街にもアクセスしやすい環境が整っています。その他にも、市内各地を移動する際には、豊鉄バス、コミュニティバス東部東山線を利用することが可能です。

 

豊橋市で有名なグルメは?

豊橋市には、有名なグルメがたくさんあります。ここからは、豊橋市でも特に有名なグルメを紹介していきます。

#豊橋カレーうどん
豊橋市では、豊橋カレーうどんが有名です。豊橋カレーうどんは、全ての人が提供できるわけではなく、豊橋麺類組合にある組織に加盟していることと、認定ための条件をクリアしている店舗のみが販売できるようになっています。豊橋カレーうどんは、通常のカレーうどんとは異なり、うずらの卵が入っていたり、紅しょうがを盛りつけていたりするので、ふだん食べているカレーうどんとは違う味わいを楽しむことができるでしょう。

#あんかけスパゲッティ
豊橋市や名古屋市で名物になっているのがあんかけスパゲッティです。1960年代に愛知県名古屋市で登場し、有名になった料理ですが、あんかけスパゲッティを提供する飲食店(スパゲッ亭チャオ)の本店が豊橋市にあります。あんかけスパゲッティは、ミートソース風のあんかけをパスタに絡めて食べる料理ですが、エビフライやポテトフライを盛りつけたり、野菜と一緒に食べたりなど、さまざまなアレンジができるので、大人から子供まで楽しめるグルメです。

#壷屋の稲荷寿し(名物駅弁)
壺屋の稲荷寿しは、豊橋が誇る伝統の駅弁です。壷屋の稲荷寿しは、明治時代から東海道を旅する人たちに愛されてきました。秘伝のタレを使用して一つひとつ手作業で作られています。

 

豊橋市は子育てに向いている地域か?

豊橋市は、夏と冬の気温の差が少なく、積雪などの災害に見舞われることがほとんどないため、非常に住みやすい地域です。そのため、小さい子供がいる家族でも安心して生活することができるでしょう。また、街から少し離れた場所は落ち着きがあり、自然も多いことから、子育てがしやすい環境といえます。

豊橋市では、子供どもの成長をサポートするために、子供未来館の建設や児童医療費制度の取り組みなどを積極的に行っています。市内には、幼稚園や小学校、中学校の数も多いので、通学などに困ることはないでしょう。待機児童も比較的少ないので、子育て世代にピッタリな環境といえます。

 

豊橋市で有名な人気スポットについて

ここからは、豊橋市で有名な人気スポットについて紹介していきます。

#豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)
豊橋総合動植物公園は、豊橋市で家族連れに人気の観光スポットです。動物園だけでなく、植物園や遊園地、自然史博物館などもあるため、ゆっくり動物を見たり、アトラクションに乗って思いっきり遊んだりできます。

#カルミア
カルミアは、豊橋駅の近くにあるアパレルショップやレストランなど、約90店舗が集まっている商業施設です。夜にはイルミネーションが綺麗で、地元の人たちだけでなく、観光客からも人気のスポットです。

#吉田城
吉田城は、歴史上で有名な人物の今川義元の父が、戦国時代に三河エリアを支配するために建築した重要な城になります。駐車場も資料館も無料になっているので、お金をかげずに楽しめる観光スポットです。

 

豊橋市で注文住宅を立てる際の気をつけたいポイント

豊橋市で注文住宅を購入しようとしている人の中には、まず展示場に行こうと考える人もいるでしょう。しかし、注文住宅を購入する際は、建売と比較すると施工業者とのトラブルが多いので注意が必要です。たとえば、よくあるトラブルとして、工事が不十分で不良がある、工期が遅れる、理想とする家ができなかったなどです。

このようなトラブルになってしまう原因は、施工業者の聞き取りや説明不足、全て施工業者に任せてしまっているといったことがあげられます。ですから、注文住宅を購入する前には、必ず親身になって相談に乗ってくれる施工業者を見極めることが大切です。また、全て施工業者に任せてしまわないようにハウスメーカーに資料請求を行いましょう。そして、施工業者とトラブルにならないように、正しい情報を収集して知識を身につけておくことが大切です。

 

気候がいい豊橋市で注文住宅を建ててみよう!

豊橋市は、1年を通して気温の差が少なく、雪が降る事も滅多にないので、とても住みやすい地域です。子どもの成長をサポートする施策や家族で遊べる観光スポットもたくさんあるので、子育て世代にも住みやすい地域といえるでしょう。

注文住宅の購入を考えている人は、ぜひ住みやすい豊橋市に家を建ててみてはいかがでしょうか。

 

◆◆デザイン住宅設計事務所フリーダムアーキテクツの詳細はこちら

 

愛知県の他地域を見てみる

◆◆豊田市の詳細はこちら

◆◆名古屋市の詳細はこちら

◆◆西尾市の詳細はこちら

◆◆東海市の詳細はこちら

◆◆一宮市の詳細はこちら

◆◆春日井市の詳細はこちら

◆◆安城市の詳細はこちら

◆◆岡崎市の詳細はこちら

◆◆瀬戸市の詳細はこちら

◆◆豊川市の詳細はこちら

◆◆刈谷市の詳細はこちら

◆◆小牧市の詳細はこちら

◆◆稲沢市の詳細はこちら

◆◆大府市の詳細はこちら

◆◆知多市の詳細はこちら

◆◆尾張旭市の詳細はこちら

◆◆豊明市の詳細はこちら

◆◆北名古屋市の詳細はこちら

◆◆豊中市の詳細はこちら

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事