豊川市で注文住宅を建てるなら知っておきたいポイント!

117 view

家を建てる際には、まず自分にとって暮らしやすい環境であるかどうかを考えて土地選びをすることが重要です。さらに、建築に関する条件についても知っておかなければなりません。この記事では、豊川市の交通網や学校、施設、観光スポットなど基本的な情報を紹介しながら、注文住宅を建てる際に知っておきたい条件などについて説明していきます。

 

豊川市の特徴と学校数や病院、公共施設は?

豊川に音羽川、さらに佐奈川という3つの河川が流れ、南西部には三河湾がある豊川市は、山・川・海に恵まれた豊かな街です。バラやシクラメンの産地として知られる他、工場が多く、精密機器から食品加工まで製造業が盛んに行われています。子育てがしやすい環境づくりにも力を入れている豊川市では、小中学校の数が多いのが特徴の一つです。豊川市の公式サイト「小・中学校ホームページ一覧」を見ていくと、市内の小学校は2020年時点で26校もあります。中学校も10校と数多く、通学がしやすいといえるでしょう。

豊川市は病院も充実しており、豊川市医師会の公式サイト「医療機関健診」を参照すると、総合病院をはじめ50以上もの病院が揃っています。また、快適に暮らすうえでは、公園など誰もが気軽に利用できる公共施設の存在は欠かすことができません。豊川市では公園やプールなどのスポーツ施設、高齢者向けの福祉センターも数多くあります。

 

豊川市の人口や面積、公共交通機関情報

豊川市の公式サイト「豊川市の位置・大きさ」を参照すると、市の総面積は161.14平方キロメートルで、南西部の一部は三河湾に面しています。2006年から旧一宮町や旧小坂井町など複数の合併を繰り返してきた豊川市はゆるやかに人口が増加しており、豊川市の公式サイト「年度別豊川市の人口・世帯数」によれば、2017〜2019年の平均人口はおよそ18万3300人です。そして、2017〜2019年の平均世帯数は7万800ほどになります。

また、観光地として知られている豊川市は公共交通機関が充実しています。東海道本線、飯田線、名鉄名古屋本線、そして名鉄豊川線の4つの路線が利用でき、県内はもちろん、県外へのアクセスにも便利な地域です。ユキサキNAVIの「豊川市の交通アクセス」を見ると、国府駅や豊川駅、牛久保駅など豊川市内だけでも19もの駅があります。諏訪町駅や稲荷口駅のように、周辺にショッピングモールや病院が集まっている駅もあるため、車を持たない世帯でも電車を利用してショッピングや通院がしやすい環境です。

 

豊川市は地元ブランドのグルメが豊富!

豊川市では、地元の特産品などの地域資源を「とよかわブランド」として発信しています。とよかわブランドには、豊川市ならではのおいしいものも豊富です。では、どのようなグルメがあるのか紹介していきます。

#豊川いなり寿司
豊川市には、日本三大稲荷の一つにあげられる「豊川稲荷」があります。そのため、いなり寿司発祥の地の1つとしても知られており、さまざまな具材を使ったいなり寿司が有名です。豊川いなり寿司は、初のとよかわブランドとして2018年に「地域団体商標」に登録されました。

#とよかわトマトケチャップ
豊川市では、1957年から小坂井町工場でトマトケチャップの製造が開始されています。現在では、1日で350万本を超えるトマトケチャップが豊川市で製造されており、全国でも高いシェアを占めています。

#とよかわうずら缶
うずらの卵の生産量が高い愛知県の中でも、さらに高いシェアを誇っているのが豊川市です。特に、うずらの卵の水煮缶などの加工が盛んで、2020年現在で生産量は日本一です。

#とよかわ鮎
東三河の湧き水が流れ込んだ三河湾は、鮎の孵化に適した環境が形成されています。その稚魚を養殖することに成功し、豊川市は鮎の生産量が日本一となっています。特に安定的に生産できることで高く評価されており、とよかわ鮎は豊川市を代表する特産品の一つです。

#とよかわイチビキ味噌仕込桶「丈三」
丈三とは、およそ50トンもの大容量を一度に作れる味噌仕込み桶のことで、安定した品質の味噌を一度にたくさん製造することができます。豊川市ではこの丈三を使った味噌作りが1911年から行われてきました。熟成時間が長く、深い味わいの味噌です。

#とよかわ生炊佃煮
三河湾に面している御津浜は、古くからあさりの産地として知られています。特に保存の技術が高いことから、佃煮づくりが盛んに行われてきました。豊川市の佃煮は全国の半数以上を占めており、豊川市の名物の一つにあげられます。

#とよかわバウムクーヘン
豊川市内の工場で製造されているバウムクーヘンは、観光で訪れる人にも人気の高いグルメの1つとなっています。アウトレット専門店などもあり、地元住民にも愛されているとよかわブランドです。

#とよかわスイーツ缶
チーズケーキなどスイーツを缶詰にした「とよかわスイーツ缶」は、2011年に起こった東日本大震災がきっかけになり、製造されるようになりました。災害時にも保存食として甘いものが補給できることが喜ばれ、実際に北海道地震や熊本地震の際に届けられています。

 

豊川市といえばここ!人気の観光スポット

豊川市には、寺社仏閣をはじめ、自然や歴史文化を堪能できる観光スポットや名所が豊富です。ここでは、観光客だけでなく地元の住民としても楽しめる観光スポットや名所をいくつか紹介します。

#豊川稲荷
日本三大稲荷の1つに数えられる豊川稲荷には「妙嚴寺」という正式名称があります。初詣に始まり、春季大祭やみ魂まつりの他、月例祭の縁日など、1年を通して地元の人が楽しめる行事が豊富です。仏教講座や写経道場など、寺院ならではの講座も開かれています。また、豊川稲荷は商売繁盛のご利益があることでも有名です。

#赤塚山公園
豊川市制50周年記念に建設された総合公園で、水族館や動物のふれあい広場、花見ができる広場など、幅広い年齢層が楽しめます。子どもでも安心して遊びやすい水の広場や、遊具が設置された芝生広場などもあるので、家族連れでも1日楽しめるのではないでしょうか。公園内には桜やさつき、もみじ、花しょうぶといった植物も充実し、散策するだけでも十分楽しめます。

#御油の松並木
豊川市には、弥次さん喜多さんで知られる「東海道中膝栗毛」に登場する宿場町がありました。宿場町として栄えていた時代の名残として、現代も古い家屋がいくつも残っています。その家並みに続く御油の松並木は、およそ300本もの松が並び、散歩コースとして楽しめます。

#三河国分尼寺跡史跡公園
741年に聖武天皇が「国分寺と国分尼寺を建立する」との話を出したことで建立されたといわれている尼寺です。実際にはずいぶん古い時代に衰退したとされており、現代に入って一部を跡地に復元し、公園として利用されています。毎年秋に行われる「天平ロマンの夕べ」では、ライトアップされた建物の独特な雰囲気を味わうことができます。

 

豊川市で注文住宅を建てるときのポイントは?

豊川市では、長期優良住宅と認められた住居に対し、さまざまな優遇措置が用意されています。この優遇措置は、優良住宅の普及促進を目的とした法律に基づいたもので、認定を受けるには長期優良住宅建築等計画の申請が必要です。計画書の作成には手間がかかるかもしれませんが、認定されれば、「住宅ローン減税制度における優遇措置」や「投資型減税措置」、「登録免許税の減税措置」などを受けることができます。他にも「不動産取得税の控除措置」や「固定資産税の減額措置」まで受けられ、長期にわたって有利になるうれしい制度です。豊川市で注文住宅を建てるときには、ぜひ長期優良住宅認定制度を活用してみましょう。

 

豊川市では注文住宅を建てるならフリーダムアーキテクツに相談してみよう!

豊川市は、山にも河川や海にも恵まれた自然豊かな街です。豊川稲荷をは寺社仏閣が豊富で観光地としても賑わいを見せています。学校や医療機関も多く、子育て中から高齢になっても暮らしやすい街といえます。長期優良住宅と認められれば税金が優遇されるのも暮らしやすい条件の一つです。

豊川市の土地探しから、長期優良住宅認定制度に沿った注文住宅の建築設計を考えるなら「フリーダムアーキテクツ」に相談してみましょう。

 

◆◆フリーダムアーキテクツの詳細はこちら

◆◆資料請求はこちら

◆◆家づくり無料相談会の詳細はこちら

◆◆土地探し無料相談会の詳細はこちら

 

愛知県の他地域を見てみる

◆◆豊田市の詳細はこちら

◆◆名古屋市の詳細はこちら

◆◆西尾市の詳細はこちら

◆◆東海市の詳細はこちら

◆◆一宮市の詳細はこちら

◆◆春日井市の詳細はこちら

◆◆安城市の詳細はこちら

◆◆豊橋市の詳細はこちら

◆◆瀬戸市の詳細はこちら

◆◆岡崎市の詳細はこちら

◆◆刈谷市の詳細はこちら

◆◆小牧市の詳細はこちら

◆◆稲沢市の詳細はこちら

◆◆大府市の詳細はこちら

◆◆知多市の詳細はこちら

◆◆尾張旭市の詳細はこちら

◆◆豊明市の詳細はこちら

◆◆北名古屋市の詳細はこちら

◆◆豊中市の詳細はこちら

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事