飯塚市で注文住宅を建てるなら知っておきたいポイント!

672 view

福岡県飯塚市で落ち着いて生活をしたいと思ったときに、注文住宅を購入することを考えることもあるのではないでしょうか。しかし、飯塚市がどういった地域であるかわからなければ、今後長く生活することができるのか迷ってしまいます。この記事では、飯塚市で注文住宅を建てる際に知っておきたいポイントを詳しく紹介していきます。

 

コミュニティバスや予約乗合タクシーが便利

飯塚市は福岡県の中央にあり、面積は213.96㎢・2010~2020年までの人口平均はおよそ12万8156人です。(飯塚市ホームページ「人口と世帯数」を参照)

かつては大宰府官道(古代)や長崎街道(江戸時代)が通っており、筑豊炭田の中心となっていた歴史があります。炭田時代の遺産は今でも市内のさまざまな場所で見かけられます。

交通面では、低価格で移動ができるコミュニティバスや予約乗合タクシーもあるので便利です。コミュニティバスは飯塚市単独のものと宮若市と飯塚市の共同運行のものがあります。飯塚市単独のコミュニティバスは平日のみの運行となっていますが、200円で乗ることができます。小学生以下は無料ですし、各種障がい者手帳を持っている人は100円で乗車可能です。13枚綴りの回数券であれば1000円とお得に購入もできます。予約乗合タクシーも平日のみの運行で300円で乗車可能(各種障がい者手帳を持っている人は200円・小学生以下は無料)です。こちらも13枚綴りの回数券は1000円で購入できます。

鉄道面では飯塚駅が旧市街地の中心となっている駅で利用者も多いですが、市の中心部に近いのは新飯塚駅です。このどちらの駅も福北ゆたか線で、北九州市の主要駅から鹿児島本線・筑豊本線を経由して博多駅を終着駅としています。バスでは西鉄バス筑豊が運行しており、市中心・旧町村・周辺の市町へ向かう路線などがあります。

 

飯塚市はB級グルメの宝庫!

飯塚市を含む筑豊地区はB級グルメの宝庫と呼ばれているほど、おいしいものが豊富にあります。

#味覚焼
飯塚市本町で有名なのが「味覚焼」です。たこ焼きのような見た目ですが、中にはたこは入っていません。こちらは生地のおいしさそのものを楽しむものなのです。その歴史は50年以上となっており、昔ながらの飯塚市のソウルフードとなっています。

#飯塚市はホルモンがおいしいことでも有名
飯塚市は炭鉱で知られた土地ですが、当時から愛されてきたのがホルモンでした。地元産のホルモン「飯塚伝説ホルモン」を使用したホルモン料理は1度は食べておきたい料理です。チャンチャン焼やホルモン丼・ホルモンお焼きなどがあります。たとえば、ホルモンお焼きは、地元産の7種類の野菜とピリ辛に味付けたホルモンを米粉の皮に包みこんで焼き上げたものです。片手に持って食べられるので、散歩や観光の際のお供にもぴったりです。丼はごはんの上にホルモン・ネギ・紅ショウガ・錦糸卵などを乗せます。

 

飯塚市で1度は行っておきたい人気スポット

飯塚市は休日などに出かけたい人気スポットもたくさんあります。

#大将陣公園
2500本の桜で有名なこちらの公園は、花見の時期に大将陣桜まつりが開催されています。また、全長120mもあるローラー滑り台やザイルクライミング・スカイロープなど大人が楽しめるレクリエーション施設が充実しているほか、広い広場に子ども達が遊べる遊具などもあるので、子どもと一緒に出掛けるにもおすすめのスポットです。最寄り駅の天道駅から徒歩15分ほどです。

#蒼林窯
店主によって植えられた1000本近くある花木が美しい蒼林窯は、自然豊かな山の上にある工房です。こちらの工房では、時間別に1グループずつ陶芸体験ができます。初心者でも絵付けや手ひねりなど簡単なものを体験できるので楽しめますし、子連れで出かける人も少なくありません。陶芸経験者向けにも、ろくろを使ってできる本格的な体験コースが用意されています。また、体験だけではなく、ギャラリーで可愛らしい食器や陶芸作品などを購入もできるので、お気に入りの1品を見つけたい人にもぴったりです。

#八木山高原ピクニカ共和国
新飯塚駅から車で20分の距離にある八木山高原ピクニカ共和国は、50種類300頭羽の動物達と触れ合うことができます。八木山高原の森の中にあることから園内に地下水を利用した小川も流れており、子どもと一緒に水遊びをすることも可能です。キャンプやバーベキューも楽しめます。天気が良ければポニーに乗ることもできますし、動物にエサをあげられます。

#農楽園八木山(株)
新飯塚駅から車で20分で行ける農楽園八木山(株)は新鮮な野菜や果物を販売しているほか、自然食レストランもあります。石窯パンの店やソフトクリーム&クレープの店・そば工房などもあるので、休日などにゆっくりと過ごせます。各店舗によって定休日が違うため、前もって確認をしてから出かけましょう。

 

飯塚市で注文住宅を建てる際に注意すべき点は?

飯塚市で注文住宅を建てたいと考えたときには、まず、住みたい場所の具体的なイメージを考えてみることが大事です。たとえば、駅に近い場所がいいのか・郊外で自然に囲まれて暮らしたいのか、庭など住宅以外のスペースは欲しいのか・必要ないかなどがあります。戸建ては高額な買い物になるので1度建てるとすぐに引っ越すことも簡単にはできないので、周辺の様子について知っておくことも重要です。たとえば、子どもがいる場合は周囲に公園など遊べる場所があったほうが良いですし、通学しやすい距離かどうかという点もチェックポイントです。

また、注文住宅をどのようなものにしたいかも具体的に考えておくべきことです。「どれくらい資金を用意できるか」「間取りはどのようなものにしたいか」「重要視したいポイントはどういう点か」などがあります。重要視したいポイントは、例をあげれば、省エネ・耐震性などです。飯塚市西部は西山断層帯の西山区間に入っており、地震対策はしっかりとっておきたいポイントの1つになります。西山区間が活動していたのは約2000年前以前だったとされていますが、万が一地震が起きた場合、M7.6ほどになると予想されているからです。(【地震本部】西山断層帯を参照)

さらに、せっかく注文住宅にするのですから、どういった設備を取り入れたいかを考えておくのも良いでしょう。後で追加することもできますが、最初から設置されているのと後で追加するのとでは生活のしやすさに関わります。「食器洗い乾燥機・浴室乾燥機などは必要か」「システムキッチンにするか」「収納スペースはどれくらい必要か」などは十分に考えておきたいものです。どういう点を気を付けたらいいのかわからないときは、注文住宅を建てた経験が豊富な専門業者に相談してみると、さまざまなアドバイスをもらうことができます。

 

迷ったときには専門家に相談するのもおすすめ

飯塚市はかつて炭鉱事業が盛んで、その名残を残す場所がいくつもあります。当時は簡単に作れておいしいホルモンを使った料理が多く、今でも飯塚伝説ホルモンを使った料理は人気です。また、飯塚市西部は西山断層帯の一部なので、注文住宅を建てるのであれば、地震対策をしておくと安心です。

希望に合った土地探しやどのような設備を取り入れたらいいかなど、建築設計事務所「フリーダムアーキテクツ」に相談してみましょう。

 

◆◆フリーダムアーキテクツの詳細はこちら

◆◆資料請求はこちら

◆◆家づくり無料相談会の詳細はこちら

◆◆土地探し無料相談会の詳細はこちら

 

福岡県の他地域を見てみる

◆◆久留米市の詳細はこちら

◆◆筑紫野市の詳細はこちら

◆◆宗像市の詳細はこちら

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事