姫路市で注文住宅を建てるなら知っておきたいポイント!

190 view

兵庫県の南西部に位置する姫路市。江戸時代に姫路藩が置かれ、城下町として栄えてきました。市内には多くの城跡や史跡が残されており、その栄華を感じることができます。そんな姫路市での生活はどのようなものなのでしょうか。今回の記事では、姫路市の基本情報や生活情報などから、姫路市での暮らしについて詳しく解説していきます。

 

姫路市の人口や面積

姫路市の面積は534.35平方キロメートルで、県内では4番目に大きい市町村です。瀬戸内海に面しており、気候は瀬戸内海式気候に属します。年間を通して比較的天候が安定しており、雨が少ないのがその特徴です。冬は晴天の日が多く、雪が降るのは非常に稀です。一方、夏は瀬戸内海特有の「凪」が頻繁に発生し、そのため気温が上がり猛暑、酷暑になることも少なくありません。人口は2016~2020年の平均が約53万2,400人となっています。(姫路市ホームページ「人口統計について」を参照)

これは神戸市に次いで2番目の多さで、兵庫県の中では大きな都市のひとつといえます。

姫路市では戦前より製造業などの第2次産業が盛んで、市内には大手電機メーカーや化学メーカーなどの工場が多くあります。姫路市に本社を置く会社もあり、そういった工場や会社によって市内の商業が盛り上げられているといえるでしょう。地場産業も盛んで、革製品や金属製品、播磨の清流を使った地酒などが作られています。ちなみに姫路市ではマッチ作りが有名で、全国でのシェアはなんと90%です。瓦や張り子玩具といった伝統工芸もあり、昔ながらの技を見ることもできます。

市内では山陽自動車道、中国自動車道などの大きな道路が整備されており、自動車での移動が一般的です。市全域には路線バスも走っているので、市内の移動には困りません。電車はJR西日本の路線と山陽電気鉄道の路線が乗り入れています。姫路駅には新幹線も停まるので、市外への移動もしやすくなっています。

 

姫路市の地域情報

姫路市内には姫路中央病院や姫路医療センター姫路赤十字病院などの大きな病院がいくつかあります。個人病院も多くありますので、万が一の時にも安心です。また、市からの認定を受けた保育所やこども園が120以上あります。幼稚園も30以上あり、それぞれ市内に点在しているので、子育て世帯も生活しやすいのではないでしょうか。休日保育や一時保育に対応している施設もあるので、働き方やライフスタイルに合わせて利用ができるでしょう。

68ある市立公民館では、地域の特性を生かしたさまざまな取り組みが行われています。絵画や楽器、語学などを学ぶ文化講座が開かれていたり、地域の生活課題に取り組む地域講座が開催されていたり、市民の交流の場となっています。婦人会や子ども会といった集まりもあるので、同じような境遇の人と繋がりを持つにはもってこいです。

姫路市内には兵庫県立大学の姫路キャンパスがあります。また、私立では姫路大学や姫路獨協大学などがキャンパスを置いています。ちなみに公立高校の数は10を超え、私立を含めると20以上の高校があるので、いろいろと選択肢があるといえるでしょう。普通科だけでなく商業高校や工業高校もありますので、お子さんのやりたいことを優先させてあげられるのではないでしょうか。

 

姫路市に行ったらぜひ行きたい!人気観光スポット

江戸時代以降、城下町として発展していった姫路市には見どころがたくさんあります。そのシンボルともいえるのが世界遺産にも登録されている姫路城です。城のたたずまいが翼を広げたシラサギのように見えることから、「白鷺城」とも呼ばれます。築城から400年以上経ってもなおその美しさは衰えず、姫路城を目当てに姫路市を訪れる人も少なくありません。日が暮れるとライトアップされるので、いつ訪れてもその美しさが楽しめます。年に1回開催される姫路お城まつりは市内最大のお祭りで、キッズイベントやパレードなどが開催されます。

また、姫路市にはNHK大河ドラマ『黒田官兵衛』のロケ地となった場所が点在しています。ドラマゆかりの地を訪ねるのも歴史好きには面白いでしょう。特に書写山にある書寫山圓教寺は大河ドラマだけでなく映画『ラストサムライ』の撮影にも使われた寺院で、多くの観光客が訪れる場所です。秋には紅葉が美しく色づく場所でもありますので、足を運んでみる価値があるでしょう。

市の北部にある太陽公園では、広大な敷地の中に世界のさまざまな文化遺跡や城のレプリカが置かれています。フランスの凱旋門や中国の万里の長城など、まるで現地に行った気分を味わえるテーマパークです。民族衣装の貸し出しがあったり、トリックアートのイベントがあったり、ファミリーでも楽しめるようになっています。

 

姫路のご当地グルメといったらコレ!

姫路のグルメといったら播磨灘で獲れる穴子をイメージする人も多いでしょう。特に夏は脂がたっぷり乗った穴子がよく獲れるので、天ぷらや炭火焼きにした穴子料理が楽しめます。市内には専門店がたくさんありますので、それぞれの店の味を堪能してみてはいかがでしょうか。また、姫路にはB級グルメも豊富にあります。焼きそばと焼うどんを掛け合わせた「ちゃんぽん焼き」やたこ焼きから発展させた「どろ焼き」など、子供から大人まで楽しめるメニューがいろいろとあります。

また、居酒屋に行くと濃い口醤油でしっかり味付けされた姫路おでんもよく提供されています。すりおろした生姜を自分の好きなだけ入れれば絶品です。居酒屋では「ヒネポン」もよくメニューに載っています。これは、若鶏ではなく卵を産まなくなった鶏を使った料理で、火で炙ってポン酢で食べます。若鶏とは違った味わいで、しっかりした歯ごたえが人気の秘密です。このように、姫路市にはいろいろとご当地グルメがありますので、休日に食べ歩きに出かけるのも楽しいでしょう。

 

姫路市に家を建てるときのポイント

姫路市は兵庫県と協力して、東京圏からの就業あるいは起業をともなう移住者へ支援金を支給しています。これは移住や定住を促進するために設けられている制度で、条件に当てはまれば最大100万円を受け取ることができます。うまく使えば、注文住宅を建てる際の資金の足しになるのではないでしょうか。実際に家を建てるときには、周辺の利便性を確認するのが重要です。姫路は車社会ですので、基本的に車での移動を前提に街づくりが行われていることが少なくありません。スーパーはどこにあるのか、駅までどれくらいかかるのか、車を使わない場合の交通手段など、事前に確認しておきましょう。

加えて、小さな子どもがいる場合には周辺道路の状況もよく確認しておくべきです。車の多い町なので、交通事故のリスクは少なくありません。実際、市内での死亡事故も報告されています。姫路市内で土地を探すときには道幅の広さや死角の有無などを確認し、なるべく安心して過ごせる場所を選ぶようにしましょう。

 

家を建てるならフリーダムアーキテクツへ!

姫路市は製造業などの第2次産業が盛んな町です。市内には大きな病院や学校、市民公民館などが点在していますので、さまざまな世帯にとって住みやすい町といえるのではないでしょうか。実際に家を建てるときには、資材の選び方やレイアウトなど迷うことがいろいろあるかもしれません。

そんなときには、注文住宅建築設計のプロ「フリーダムアーキテクツ」にぜひ相談してみましょう。

 

◆◆フリーダムアーキテクツの詳細はこちら

◆◆資料請求はこちら

◆◆家づくり無料相談会の詳細はこちら

◆◆土地探し無料相談会の詳細はこちら

 

兵庫県の他地域を見てみる

◆◆川西市の詳細はこちら

◆◆明石市の詳細はこちら

◆◆西宮市の詳細はこちら

◆◆尼崎市の詳細はこちら

◆◆伊丹市の詳細はこちら

◆◆加古川市の詳細はこちら

◆◆宝塚市の詳細はこちら

◆◆小野市の詳細はこちら

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事