川西市で注文住宅を建てるなら知っておきたいポイント!

276 view

北摂エリア有数のベッドタウンとして発展している「川西市」。閑静な住宅街と緑豊かな大自然に囲まれた環境は、大阪、神戸への良好な交通アクセス事情とあいまって高い人気を誇ります。住宅地ができてからの歴史も古く、年配の世帯からファミリー世帯まで、さまざまな人が住んでいることが特徴です。今回はそんな川西市で注文住宅を建てることを検討している方のために、川西市に関する基本的な情報をお届けしていきます。

 

川西市はどんな街?

川西市は兵庫県南東部に位置し、大阪府の池田市、箕面市などと隣接しています。兵庫県側では大阪国際空港のある伊丹市やベッドタウンとして栄える宝塚市と隣接しているため、大阪方面、神戸方面の両方へのアクセスに優れたエリアであると言えるでしょう。そのため、川西能勢口駅から日生中央駅にまたがる「日生ニュータウン」などの住宅地が広がるなど、大阪、神戸エリアのベッドタウンとして長らく発展している都市の1つです。

実はそんな川西市は歴史豊かな土地柄でもあります。古くは平安時代末期に源頼朝らを擁する「清和源氏」の本拠地となった場所で、現在でも川西市は「武門源氏発祥の地」として「源氏ふるさと大使」を任命するなどの地域振興を行っているほどです。また、市の中核駅である「川西能勢口駅」は阪急電鉄と能勢電鉄の乗換駅として有名で、駅周辺は百貨店、ショッピングモール、スーパーなどが立ち並び、平日休日問わず人でにぎわいます。

源氏の本拠地だった「多田神社」以外にも北部に位置する自然豊かな「猪名川渓谷県立自然公園」が有名です。なかでもダム湖百選にも選ばれている「知明湖」周辺エリアは、アウトドアを楽しむ人にも人気となっています。これらの観光スポットは大阪、神戸からのアクセスが良好なことから、都会エリアからの日帰り観光客が多いことも特徴です。

 

川西市は大阪・神戸エリアのベッドタウン

川西市の人口は平成22年から平成27年の総務省のデータによると約15万5000人前後で推移していて(兵庫県総務省統計局「国政調査データベース」を参照)、比較的安定した人口推移となっています。都市の規模としては中規模クラスといえるでしょう。大阪、神戸へのアクセスの良さから、ベッドタウンとしての人気が安定していることも、人口数が安定している要因です。面積は53.44平方キロメートルで(川西市HP「川西市とは」参照)細長い形状をしており、その形状はよく「タツノオトシゴ」と表現されることがあります。

多くの住宅地が広がる川西市の「玄関口」として市の中核駅となっているのが「川西能勢口駅」です。この駅は阪神エリアの大動脈である阪急電鉄にとっても重要な駅で、阪急梅田駅とは最短で約25分の所要時間で結びます。しかも特急も含めたすべての営業列車が停車するというターミナル駅です。もう1つの大動脈であるJR宝塚線も川西市を通っており、こちらは「川西池田駅」とJR大阪駅が約20分間でつながっています。

車のアクセスも良好で、市内から新名神高速道路の川西インターチェンジから全国へアクセスが可能です。高速道路を使わなくても大阪までは車で約20分、神戸までは約30分という距離にあるため、交通アクセスに関しては申し分のない都市といえるでしょう。

 

川西市のグルメ情報

川西能勢口近辺は商業エリアでもあるので、さまざまなレストラン、居酒屋、料理店がしのぎを削っています。なかでも、うどん屋さんに人気店が多いのが特徴で、牛スジつけ麺などで人気の「手しごと讃岐うどん讃々」や唐揚げうどんが人気の「情熱うどん伊和正」などが有名です。川西能勢口周辺にはファミリー世帯に人気のあるスイーツの名店も数々あり、有名チェーン店と並んで多くの人でにぎわいます。市の北部を中心に名産となっているのが「いちじく」「桃」「栗」といった果物の数々です。これらは市の名産としてもプッシュされていて、毎年即売会イベントが行われるなどの人気となっています。

 

川西市の人気観光スポットをご紹介

#多田神社
970年創建の清和源氏一門発祥の地として有名な神社です。この地に武士団を創立した源満仲公を御祭神に、その末裔である頼光、頼信、頼義、義家の4公を祀っています。国の史跡でもあり、全国から源氏ファンや歴史好きが観光に訪れます。川西能勢口駅からバスでアクセス可能です。

#満願寺
奈良時代創建の真言宗の寺院です。「願いが叶う満願寺」として知られており、秘仏千手観音を本尊とします。おもしろいのは清和源氏にゆかりの伝説的存在である「美女丸」や「金太郎」のお墓が祀られているところで、金太郎こと坂田金時らを率いて大江山へ鬼退治へ向かった源頼光とも縁の深いお寺です。

#猪名川渓谷県立自然公園
自然豊かな「猪名川渓谷」やダム湖百選にも選ばれた「知明湖(一庫ダム)」、そして山岳信仰の場としても知られている「妙見山」などを含む総面積は9352ヘクタールにも及ぶ県立公園です。なかでもさまざまなアクティビティのための施設を備えた兵庫県立一庫公園が人気で、子供たちが自然と触れ合えるイベントなどを毎月開催しています。

 

川西市はファミリー世帯に向いている?

川西市は全体的に住宅地の多い都市であるため、住環境は比較的に閑静です。子育て世帯も多いため、行政の方でも各保育園の園庭開放や公園設備の設置など、ファミリー世帯に配慮した街づくりを行っています。駅を中心に総合病院や大型スーパーなどがあるので、生活環境も全体的に良好です。ただ、住宅地エリアへのアクセスは坂がかなり多く道幅も狭いうえに、住宅地の中でもかなりの頻度で車が通るので、ベビーカーなどを押しながら歩くなどの場合には注意が必要です。住宅地エリアには駅からのアクセスが遠いところも多々ありますので、そういった地域に住む場合は車が必需となってきます。

川西能勢口駅や川西池田駅周辺には飲食店やショッピング街が存在しているものの、住宅街の周辺は店舗が少ないです。子供を連れて行ける商店の数もあまりないので、住宅地のどのエリアに住むかによって生活環境が変わるところがあります。治安状況はおおむね良好です。住宅地が中心なので、地域のパトロールが小学生の下校時間に行われるなど、地域を挙げて子供の安全に取り組んでいる地域が多いのも特徴です。

 

川西市で注文住宅を立てる際に気をつけたいポイント

川西市は住宅地として発展している街なので、市内で施工実績のある不動産会社の数は多いです。周囲の住宅エリアも含めて、伊丹昆陽、阪急宝塚、西宮北口、万博公園といった住宅展示場で候補となるハウスメーカーのモデルハウスを見ることができるので、まずはここで情報を集めた方がいいでしょう。また、注文住宅で住み心地のカギとなる「立地選び」は川西市でもかなり重要です。とくに川西市は、同じ住宅地でも電車圏内かバス圏なのかでその相場が大きく違います。眺望や景観も場所によって違ってくるので、川西市内の情報に詳しい担当者のいる業者を見つけることが良い住まいづくりには欠かせません。

また、パートナーとなる建築設計業者の対応は希望に沿った注文住宅を実現するためにも大切になります。良い業者は住宅ローンの相談にも親身になって説明してくれるはずなので、いくつかの業者とコンタクトを取ったうえで、その対応姿勢をよく比較しておくといいでしょう。

 

川西市で注文住宅を建てるなら立地選びがかなり重要

川西市は大阪府と兵庫県の境目にある住宅地として発展した都市です。交通アクセスが非常に良いため、北摂エリア有数のベッドタウンとして多くのファミリー世帯が住んでいます。住宅地によっては電車の駅から遠い地域があるため、注文住宅を建てるときの立地選びは非常に重要です。

対象エリアの土地探しから注文住宅の建築設計に関しては、注文住宅専門の建築設計事務所「フリーダムアーキテクツ」に相談してみましょう。

 

◆◆フリーダムアーキテクツの詳細はこちら

◆◆資料請求はこちら

◆◆土地探し無料相談会の詳細はこちら

◆◆家づくり無料相談会の詳細はこちら

 

兵庫県の他地域を見てみる

◆◆姫路市の詳細はこちら

◆◆明石市の詳細はこちら

◆◆西宮市の詳細はこちら

◆◆尼崎市の詳細はこちら

◆◆伊丹市の詳細はこちら

◆◆加古川市の詳細はこちら

◆◆宝塚市の詳細はこちら

◆◆小野市の詳細はこちら

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事