小野市で注文住宅を建てるなら知っておきたいポイント!

1,112 view

兵庫県中南部に位置する小野市。播磨の中心都市としての役割を担っており、経済活動の活発な地域です。また、神戸市のベッドタウンとしての一面もあります。一方、歴史的に重要な文化財や歴史資産などを観ることができる歴史の町でもあります。この記事では、小野市で注文住宅を建てる際に知っておきたいポイントを紹介していきます。

 

小野市のエリア情報

小野市とはどのような市なのでしょうか。人口や交通網などについて詳しくみていきましょう。

#人口
小野市の平成27~平成31年までの平均人口は、4万9009人です。小野市の中でも小野地区がもっとも人口が多く、平成27~31年までの平均人口が2万413人と、小野市の人口の約半数程度を占めています。次いで、市場地区、下東条地区と続きます。(小野市 『人口・世帯数』を参照)

世帯数は1万9782世帯、高齢化率は27.39%です。(小野市 平成30年版『小野市統計書』参照)

#面積
小野市の面積は、93.68 平方キロメートルです。人口密度は、1平方キロメートルあたり520.1人となっています。人口密度は兵庫県の中でも高くはないため、比較的住みやすいエリアだといえるでしょう。

#地形
小野市は、県内最大の河川である加古川が流れています。豊かな河川に恵まれているため、工業だけでなく田園都市としての一面もあるのです。南部には糖塚山、高塚山といったなだらかな山が連なっているため、自然が豊かです。市の中央部には市街地が広がっているため、暮らしやすいエリアだといえるでしょう。また、南東部には工業団地が広がっており、経済活動の中心地として栄えています。

#交通網
小野市には、鉄道・高速道路が通っています。鉄道は、JR加古川線・神戸電鉄粟生線・北条鉄道北条線の3路線が走っています。主要駅は、神戸電鉄粟生線の「小野駅」で、駅前にはバス路線も多数乗り入れているため、公共交通機関の要としての役割を担っています。市内には、全部で9つの駅があるため、利便性は高いでしょう。

高速道路は、隣の三木市との境を通っています。三木小野インターチェンジの所在地は三木市ですが、2つの市をまたがって設置されているのです。ただし、高速道路自体は市の南端を少しだけ通過する形なので、利便性としては若干劣るでしょう。

その他の交通網としてはバスが挙げられます。神姫バス株式会社が運行している路線バスが駅前にも乗り入れていますので、乗り継ぎもしやすいでしょう。また、小野市ではコミュニティバス「らんらんバス」の運行をおこなっています。北回り循環ルート、南回り循環ルートの2ルートが運行されており、大人は1回100円で乗ることが可能です。市内を巡回しているため、車を持っていない人でも生活しやすくなっています。

 

小野市の人気スポットや観光スポットは?

小野市にはどのような観光・人気スポットがあるのか紹介します。

#老若男女問わずに楽しめる自然豊かな公園
小野市の人気スポットとして欠かせないのが、「ひまわりの丘公園」です。ひまわりの丘公園はその名の通り、夏になるとたくさんのひまわりが咲き誇る自然豊かなスポットです。入場料や駐車料が無料なので、子どもを連れて遊びに行きやすいでしょう。ひまわりだけでなく、子どもも遊べる大型遊具、多目的広場、遊べる噴水などが設置されています。特産品が販売されている「サンパティオおの」「物産館オースト」などもあるため、幅広い年代が楽しめる公園です。

#国宝に指定される歴史ある寺院
いにしえの歴史に触れられる「浄土寺」も観光スポットとして人気が高くなっています。浄土寺は鎌倉時代に建立された寺院で、敷地中央には八幡神社、池をはさんで浄土堂と薬師堂が向かい合うといった珍しい配置です。浄土寺の浄土堂と阿弥陀三尊立像は国宝に指定されています。拝観料は500円ですが、駐車料は無料なので気軽に国宝を観ることができるのです。歴史の重みやお堂の荘厳さなどを感じられるスポットとして、県内外で人気です。また、初夏になると浄土寺裏のあじさいが見ごろを迎えます。10種類・1万本のあじさいをのんびり歩きながら鑑賞できるため、散歩にもいいでしょう。

 

小野市は子育てに向いている?

小野市は、神戸市のベッドタウンとして発展したという背景があります。そのため、住宅街が多く比較的住みやすいといえるでしょう。また、小野市は自然が豊かで都会すぎないところが魅力です。市街地は、人がたくさん行きかうようなビジネス街ではないので、息苦しさがありません。

#治安
小野市は、人口の多い他市と比べると犯罪や交通事故などが少なく、治安の良い地域だといえます。人が集まりやすい駅周辺に交番があるため、夜であっても安心です。大きな道路沿いには街灯がしっかりと設置されているので、仕事帰りや学校帰りでも不安感が少なくなっています。

#住宅街の有無
小野市は住宅街やマンション、学校などが多いので、人通りが多く活気があります。人の目が多いので犯罪などのリスクが少なく、子育て世帯でも安心でしょう。駅前など以外は閑静な住宅街が広がっているのもメリットです。自然も豊かなので、静かなエリアで自然に囲まれて過ごしたい人にはいいでしょう。

#子育て・教育制度
小野市は、子育てや教育制度が充実しています。中学校3年生までの医療費完全無料、妊婦健康診査費(上限7万5000円)の助成など、子どもを産んで育てやすい環境が整っているのです。また、すべての学校でアフタースクールを実施しているため、共働き世帯にも向いています。市では子育て相談窓口も設置しています。市役所だけでなく、「小野市立児童館チャイコム」でも相談窓口を設けているので、子育てで悩みや相談したいことがあった場合、便利に使えるでしょう。認可保育園も数多くあります。平成26年時点で待機児童ゼロとなっており、共働き世帯が暮らしやすくなっています。(小野市 H27.1.20「小野市子ども・子育て支援事業計画(第2章)」を参照)

 

小野市で注文住宅を建てる際に気をつけたいポイントは?

小野市で注文住宅を建てる際に気をつけたいポイントとしては、設計事務所や工務店をしっかりと選ぶことが挙げられます。家を建てる際に、どのようなところに相談するかは悩むポイントでしょう。業者によって、デザインや建築費用は大きく変わってきますし、得意分野なども異なります。注文住宅は、事前に内見などをすることができませんから、業者との打ち合わせ・コミュニケーションが重要です。

また、その業者が小野市について詳しいかどうかも確認しましょう。それぞれの市やエリアによって、特色は違います。そのため、そのエリアについてしっかりと把握している業者を選んだほうがいいでしょう。たとえば、地震に強いエリアかどうか、水害などの危険はないかなど、エリア情報を把握している業者のほうが安心です。

 

小野市は子育て世帯も暮らしやすい!注文住宅を建てるならフリーダムアーキテクツに相談しよう

小野市は比較的治安が良く、子育て・教育制度も充実しているため、子育て世帯も暮らしやすくなっています。注文住宅を建てる際には、建築設計事務所選びが重要です。

「フリーダムアーキテクツ」では、土地探しから注文住宅の建築設計まで、トータルでサポートしています。注文住宅では素人ではわからないことも多いため、相談できる安心感があります。小野市で注文住宅を建てるなら、フリーダムアーキテクツに相談してみましょう。

 

◆◆フリーダムアーキテクツの詳細はこちら

◆◆資料請求はこちら

◆◆家づくり無料相談会の詳細はこちら

◆◆土地探し無料相談会の詳細はこちら

 

兵庫県の他地域を見てみる

◆◆姫路市の詳細はこちら

◆◆明石市の詳細はこちら

◆◆西宮市の詳細はこちら

◆◆尼崎市の詳細はこちら

◆◆伊丹市の詳細はこちら

◆◆加古川市の詳細はこちら

◆◆宝塚市の詳細はこちら

◆◆川西市の詳細はこちら

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事