宇治市で注文住宅を建てるなら知っておきたいポイント!

178 view

京都府宇治市は、のどかで暮らしやすいエリアだといえます。また、歴史的な観光名所も多く、住むほどに味わい深くなっていくのが特徴です。宇治市の魅力を感じながら暮らしていくには注文住宅も検討してみましょう。この記事では、宇治市で注文住宅を建てる際に知っておきたい基本情報や名所、グルメなどを解説していきます。

 

宇治市の基本的なエリア情報!人口やアクセスは?

#人口や面積はどれくらい?
京都府宇治市のホームページによると、市の面積は67.54平方キロメートルです。また、同ホームページの記録では人口は20年以上、19万人前後を維持しています。(【宇治市】宇治市の統計「推計人口」を参照/【宇治市】位置と面積を参照)

決して大都市ではない一方、安定した発展を遂げてきたエリアともいえるでしょう。宇治市内には京阪バスが通っているほか、近鉄線やJR線が市民の主な交通手段として利用されています。京都府の外へのアクセスが便利なので、ベッドタウンとしての需要も少なくありません。

#宇治市の歴史とは
5世紀前半ごろから宇治市は政治的に重要な地域でした。皇族の離宮が設けられていたほか、7世紀には時の権力者の象徴ともいえる平等院鳳凰堂が建造されました。また、宇治神社をはじめとする伝統的な寺社仏閣も少なくありません。国内外の観光客からも愛されているエリアであり、日本史好きな人も訪れてみたいスポットでしょう。さらに、鎌倉時代からは宇治茶の生産が盛んになっています。現代でも宇治市のお茶は京都を代表する名産品として知られています。その名も「宇治茶」として全国に流通し賞賛を集めてきました。

江戸時代以降は茶道や禅の中心として、数多くの名士を輩出しました。茶道や禅の伝統的な建物、文化は21世紀に入っても、宇治市の貴重な観光資源として利用されています。宇治市に暮らすということは、現代的な街並みと伝統的な風景の混在を毎日味わえることだといえるでしょう。

 

宇治市に住むからには見ておきたい!人気スポットや観光地

#平等院鳳凰堂
宇治市は平安時代、権力を握っていた藤原氏の別荘がある地域でした。そして、最盛期であった藤原頼通が摂政を務めていた頃、「極楽浄土をこの世に再現する」という目的で平等院鳳凰堂は建てられました。そのため、華やかで壮大なデザインが随所に取り入れられています。ただ、室町時代、平等院は戦渦に巻き込まれて伽藍の大半を失ってしまいました。現在、拝観できるのは、後世に建て直されたものです。ただし、基本的なビジュアルは当時のままであり、平安時代の風情を伝え続けています。

#アルプラザ宇治東
宇治市民の生活を支えているデパートです。食品から生活雑貨、服飾など数多くの店舗が入っていることから、主婦を中心に愛用されています。さらに、レンタルビデオショップや本屋なども入っているので、ふらりと時間つぶしに訪れる人も少なくありません。休日、特にやることがないときに足を運んでみてもよいでしょう。一方で、カルチャーセンターやパソコン教室があるのも魅力です。老若男女を問わず楽しめる、地域密着型の総合的な商業施設です。宇治市に住む限りは、頻繁に利用することになるでしょう。

#宇治神社
4世紀初期、皇子だった菟道稚郎子は権力争いによって自害を命じられます。その魂を慰めるために建立されたのが宇治神社だと言い伝えられてきました。宇治の産土神として地元民の信仰を集めてきたほか、学業についてご利益のあるパワースポットとしても知られています。そのため、受験シーズンになると多くの学生が参拝に訪れます。ちなみに、鎌倉時代に建てられた本殿は国の重要文化財です。

 

宇治市のグルメといえば?抹茶以外にも注目しよう

#抹茶
一般的に宇治市では抹茶のイメージが強いでしょう。芳醇な香りとかすかな苦みが癖になる、日本伝統の味です。宇治市では茶道教室などもさかんであり、精神面から抹茶を学ぶこともできます。また、抹茶をそのまま飲むのではなく、さまざまなグルメに応用されてきたのも特徴的です。たとえば、抹茶アイスや抹茶ケーキ、抹茶ゼリーなどはまろやかな甘みとブレンドされて、スイーツ好きにはたまりません。団子などの和菓子との相性も抜群です。意外なところでは、抹茶を隠し味に使ったたこ焼きも販売されています。「抹茶は苦手」という人でも無理なく味わえるでしょう。

#ほうじ茶
宇治市では、抹茶以外のお茶も生産されています。中でも、ほうじ茶は抹茶ほど苦くなく、飲みやすい種類として日本人に親しまれてきました。ほうじ茶単品でも十分美味しいものの、「茶そば」の原料に使われていることもあります。そばののどごしとほうじ茶の香りが合わさったグルメは高い支持を集めています。

#パン
京都府民はパンの消費量が多いことで知られてきました。パンの名店は京都駅周辺に集まっているものの、宇治市でも注目商品は販売されています。たとえば、地元の抹茶と組み合わせたパンは、ほかの地域では出会えないラインナップといえるでしょう。そのほか、スタンダードな食パンから菓子パンまで、店ごとのこだわりを比べられるのも宇治市民ゆえの味わい方です。出勤や通学の際、朝ご飯としてお気に入りのパン屋さんに寄ってみるのも毎日の楽しみになるでしょう。

 

宇治市に注文住宅を建てよう!気をつけたいポイントは?

#周辺環境に合わせたデザインを
まずは、周辺環境に合わせて家のデザインを考えることです。もちろん、多かれ少なかれ、環境との統一感はどこの地域でも必要なポイントです。ただし、宇治市の場合、伝統の街として古き良き日本の雰囲気がかなり残されています。新しさや高級感だけにこだわってデザインをしても、うまく環境となじみにくいでしょう。ただ、レトロな感触だけを追求しても実用性が損なわれます。宇治市に住むからには、伝統と実用性をほどよいバランスで見極めたいところです。

#可能なら景色を楽しみたい
せっかく宇治市に住むからには、景色を楽しめる注文住宅を意識しましょう。窓をつける方向、大きさ、デザインなどには徹底してこだわりたいところです。さらに、和風の障子や襖なども取り入れてみると、それら越しに見える景色の風情がさらに高まります。ただ、完全な日本家屋にすると不便な部分も出てくるので、和洋折衷の割合を慎重に考えることが大事です。

#資料請求によって業者を絞り込む
注文住宅を建てる際には、業者選びが重要です。費用や仕事の早さのほか、どれだけ要望に応えてくれるのかもチェックしましょう。仕事自体は有能でも、顧客のリクエストを拒み続けるような業者だと理想の家が建ちません。宇治市のように、景観と家を調和させたいケースではなおさら、業者との話し合いが肝心です。そこで、本格的な依頼をする前に資料請求で仕事ぶりを見極めましょう。企業としてのコンセプト、得意分野、対応力を把握したうえで依頼すれば、後々のミスマッチを防げます。

 

宇治市で注文住宅を建てるときはフリーダムアーキテクツに相談!

柔軟な対応力という点で、注文住宅の建築設計事務所である「フリーダムアーキテクツ」は支持を集めてきました。地域ごとの特性、予算などを考慮しながら、依頼主に最良の提案を行ってくれます。宇治市に家を建てるならフリーダムアーキテクツに相談してみましょう。まずは資料請求をして、同社の概要をつかんでおくと話がスムーズです。

 

◆◆フリーダムアーキテクツの詳細はこちら

◆◆資料請求はこちら

 

京都府の他地域を見てみる

◆◆木津川市の詳細はこちら

◆◆亀岡市の詳細はこちら

◆◆長岡京市の詳細はこちら

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事