東大阪市で注文住宅を建てるなら知っておきたいポイント!

220 view

大阪のベッドタウンとして知られる東大阪市は、注文住宅を建てる際の重要な候補地だといえます。また、東大阪市にも就職先はたくさんあるので、定住を検討してみてもよいでしょう。本気で注文住宅を建てるのであれば、エリア情報をしっかり収集しなければなりません。この記事では、東大阪市の基本情報から家を建てる際の注意点まで解説します。

 

東大阪市ってどんなところ?人口や面積を紹介

#人口・面積
大阪府を代表する工業地帯として、東大阪市は発展してきました。市のホームページによると、2016年から2019年までの間、人口は50万人前後を推移しています。なお、面積は 61.78平方キロメートルです。(【東大阪市】面積・人口・統計を参照)

#交通網
JRや近鉄のほか、大阪市営地下鉄も通っていて交通は便利といえます。市内外へのアクセスが手軽に行えるのも、ベッドタウンとして人気の理由です。また、近畿自動車道や阪神高速道路といった高速も走っており、府外への移動も簡単です。大阪市に勤め先がある人だけでなく、奈良県や京都府で働く人も東大阪市には少なくありません。そのほか、バスが市内をくまなく走っているなど、公共交通機関が充実しているエリアです。

#歴史
真言宗の道場があったり、武将の拠点が置かれたりと、東大阪市は昔から歴史的に重要な役割を果たしてきました。特に、戦国時代には有名な戦が繰り返し行われてきています。江戸時代に入り、治安が安定した後は「鴻池新田」でその名を広めました。近畿地方を代表する新田地帯として、経済に貢献し続けます。

明治以降は大阪鉄道(現:近畿日本鉄道)が開通したり生駒トンネルができたりと、交通機関が次々と整備されていきました。そして、複数の村が合併をはじめ、東大阪市の原型ができあがっていきます。そして、1967年に東大阪市は誕生しました。その後、中小企業が密集した工業地域へと生まれ変わっていきます。関西国際空港と関西文化学術研究都市をつなぐ位置にあるなど、21世紀に入っても大阪府の産業に多大な貢献を果たしてきました。

 

東大阪市は子育てに向いている?夫婦にとって暮らしやすいか

#育児支援
大阪府東大阪市では、妊婦さんの出産から育児にいたるまでをサポートする体制を整えてきました。たとえば、妊娠中の検診を助成する制度を実施しています。検診は不可欠なことながら、毎回の出費が痛手になる人も多いでしょう。東大阪市では14回12万円分までの金額をサポートしてくれます。また、出産費用や一時金なども市が助成してくれるので、安心して子供を産む環境にあるといえます。

また、東大阪市は全域にわたって幼稚園や保育園が充実しています。そのうえ、ファミリーサポートセンターが設けられていて、悩みを抱えた親が気軽に相談できます。専門スタッフが親身になって対応してくれるため、子育て世帯が孤立することはありません。

#東大阪市は暮らしやすい?
駅前には商店街があり、活気のある雰囲気を味わえます。いわゆる「大阪の下町」の風情が残っているのは東大阪市の魅力です。現代でもなお、近所づきあいの風習が根強く残っており、市民同士が支え合っています。ご近所さんが困っていたら、「放っておけない」というマインドが浸透しているので遠慮なく他人を頼れます。特に、幼い子供を持つ家庭にとってはありがたい環境が醸成されてきました。

一般的に東大阪市は工業地域として知られているものの、閑静な住宅街も存在します。また、交通機関や商業施設が充実している割に地価はそれほど高くありません。若い夫婦世帯でも家を建てるハードルが低いといえます。総じて、東大阪市は家族で住むのにぴったりのエリアといえるでしょう。

 

東大阪市の人気スポット!住むからには足を運んでみよう

#大阪府立中央図書館
日本最大級の蔵書量を誇る図書館です。あらゆるジャンルの書籍が充実しており、調べものや勉強にも向いています。また、すでに一般の書店では絶版になっていて入手できない本も少なくありません。読書好きなら、求めていた1冊に出会える場所となるでしょう。しかも、それだけの場所であるにもかかわらず、あまり混雑していません。やることがなくて暇な休日、ゆっくりと本を読みに訪れてみてもよいでしょう。

#花園ラグビー場
トップリーグの試合も開催されている大型のスタジアムです。毎年、シーズンになると客席は応援の声で埋め尽くされます。目の前で屈強な選手たちが力をぶつけ合う姿は、スポーツのロマンが詰まっています。なお、メインスタンドは大屋根がついているので雨天でも濡れずに観戦可能です。スタンドからグラウンドまでの距離が近いのも興奮させられるポイントです。東大阪市に移住したことをきっかけとして、ラグビーファンになるのもいいでしょう。

#鴻池新田会所
そもそも鴻池新田とは、江戸時代、大規模な干拓事業によって作られた田園地帯のことです。この事業により、東大阪は西日本有数の収穫量を誇る農村となりました。そして、江戸時代には「会所」が設けられ、年貢の徴収を行っていました。現在でも米蔵、文書蔵などの施設が残っています。建物や門も格調高く、江戸時代の面影を留めています。東大阪市の歴史を知るうえでは外せないスポットです。親子で訪れて、タイムスリップしたような感覚を味わってみましょう。

 

東大阪市で注文住宅を建てるなら?業者選びのポイントも

#自由度が高いゆえの悩み
他のエリアと比べて、東大阪市は自由度の高い注文住宅のデザインを実現できます。なぜなら地価が安く、費用が高くなりにくい特徴を持っているからです。ただ、制約がないことで逆にデザインが思いつかない人も少なくありません。そもそも一般人が、家のコンセプトからレイアウト、配色まで全てを自分で考えるのは困難です。そこで、注文住宅は専門業者に相談しましょう。頼れる業者と話しているうち、自分の希望が見えてくることもあります。

#優先順位を決める
注文住宅を建てる際、全てのアイデアを詰め込めるわけではありません。あまりにもテーマが違い過ぎるデザイン同士は共存できないなど、問題が生じるからです。また、当初の予算をオーバーしそうなら、ある程度の妥協をしなくてはなりません。注文住宅では、希望する要素に優先順位を定めておきましょう。そして、何もかも盛り込めるわけではないと判明した段階で、順位の低いものを切り捨てます。あらかじめ優先順位がはっきりしていれば迷わずに計画を進めていけます。

#専門業者は実績を見る
注文住宅の専門業者選びで、計画のほとんどは決まるといっても過言ではありません。ただ、専門業者の数は多く、いずれも派手な宣伝をしているので本当に良質の会社が分からなくなることもあるでしょう。そのようなときは、実績に目を向けます。キャリアが長く、数々の成功事例を残している業者がもっとも安心です。資料請求をして、これまでの仕事ぶりを確かめてみるのがおすすめです。

 

東大阪市の注文住宅はフリーダムアーキテクツに相談を

本気で東大阪市に注文住宅を建てるなら建築設計事務所「フリーダムアーキテクツ」に相談してみましょう。長年の経験とノウハウから的確な提案をしてくれる専門業者です。家づくりに詳しくない人でも、安心して何でも相談できます。まずはフリーダムアーキテクツから資料請求してみると、実績が判断できます。そのうえで、本格的に依頼をしましょう。

 

◆◆フリーダムアーキテクツの詳細はこちら

◆◆資料請求はこちら

 

大阪府の他地域を見てみる

◆◆枚方市の詳細はこちら

◆◆八尾市の詳細はこちら

◆◆和泉市の詳細はこちら

◆◆岸和田市の詳細はこちら

◆◆吹田市の詳細はこちら

◆◆茨木市の詳細はこちら

◆◆泉佐野市の詳細はこちら

◆◆池田市の詳細はこちら

◆◆寝屋川市の詳細はこちら

◆◆大東市の詳細はこちら

◆◆箕面市の詳細はこちら

◆◆高槻市の詳細はこちら

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事