枚方市で注文住宅を建てるなら知っておきたいポイント!

208 view

大阪府枚方市は、都市部へのアクセスが便利な地域として京阪の住民に人気です。また、商業施設も多いのでファミリー層が家を建てる際にも注目されてきました。その魅力を知ることができれば、枚方市に家を建てるモチベーションがさらに高まるでしょう。この記事では、枚方市で注文住宅を建てる際に知っておきたい基本情報、有名な施設などを紹介していきます。

 

枚方市ってどんなところ?エリアの基本情報まとめ

#市の人口や面積は?
京都府と奈良県の府県境に位置する大阪府枚方市は、中核市として府内の経済を支えています。6つの大学があったり、京阪電車やJRの路線が通っていたりするなど、関西の中でも開発が進んでいるエリアとして知られています。枚方市ホームページによれば、人口は40万人前後で安定しています。ちなみに世帯数も18万前後であり、大阪の市町村の中でも上位だといえます。

※【枚方市】人の動き(枚方市の人口・世帯数等)を参照。※【日本の人口推移】大阪府枚方市の人口推移を参照。

また、面積は65.12平方kmです。

※【枚方市】枚方市の概要を参照。

#枚方市の歴史とは
かつて枚方市は京街道の宿場町として発展しました。そして、現在でも京阪のベッドタウンとして多くの住民を集めています。大阪府だけでなく、京都府や奈良県の都市部にアクセスが便利なことから、注文住宅を建てる場所に選ばれることも珍しくありません。そして、一時期はさらなる発展を目指すため、交野市や寝屋川市との合併が検討もされました。もしも実現していれば、人口70万人超の巨大都市になっていた可能性もあります。結局合併は立ち消えになったものの、いかに枚方市が大阪府で重要な都市として認識されてきたかが分かるエピソードです。

21世紀に入ってからの枚方市は国道1号線沿いや京阪電鉄枚方市駅に商業施設が集中し、発展を見せています。また、工業団地もあって、大阪府の製造業を支えています。総じて枚方市は不便な面が少なく、生活しやすいエリアだといえるでしょう。

 

枚方市の人気スポット!観光や娯楽の施設が満載

#市立枚方宿鍵屋資料館
2001年に開館した、宿場町時代の雰囲気を再現した施設です。当時は枚方宿と呼ばれており、京街道を旅する人々につかの間の休息を提供してきました。資料館に足を踏み入れれば、当時の街並みを満喫できます。ちなみに、「鍵屋」とは宿場町で泊まる場所や料理をふるまっていた施設の名称です。船待ち宿としての需要もあり、江戸時代に興味がある人からすれば要注目のスポットです。毎月第2日曜日には枚方市の郷土料理を食べられるイベントが開催されるなど、伝統を現代にまで語り継いでいます。

#ひらかたパーク
枚方公園駅を下車して徒歩数分に位置する、大阪府を代表するレジャーランドです。全体的な面積はそれほど広くないものの、40種類以上のアトラクションが並んでいるので満足度は高いといえます。ファミリーから学生、恋人同士など幅広い層から安定した人気を誇っています。アトラクションのおすすめは「レッドファルコン」で、約1300mほどのコースを70km以上のスピードで滑る疾走感は病みつきになる人も多くなっています。そのほか、巨大観覧車、プールやスケート場などもあり、絶叫系が苦手な人でも1日中楽しめます。

#山田池公園
過去、山田池は枚方市の貴重な水源でした。約1200年にもわたって守られてきた山田池は、これまで争いの種になるほど経済的に重要なスポットでした。その山田池を中心として、自然や公共施設が共存している公園です。枚方市地域防災計画においては防災時の避難地域にも設定されており、いざというときは枚方市民の安全に貢献してくれる場所でもあります。枚方市で暮らす以上、一度は訪れたいところです。

 

枚方市の味を堪能しよう!おすすめのグルメスポット

#トラットリア パンジャ
本格的なイタリアンを手ごろな値段で食べられる人気店です。特にピザは分厚い生地とチーズの絡みが絶品であり、多くのお客さんに注文されています。また、サラダバーやドリンクバーがあるのも魅力です。ファミリーなど、複数で訪れてもくつろげるグルメスポットだといえるでしょう。おすすめのランチセットは、充実のメニューが1,200円で味わえます。オープンカフェも設けられているなど、訪れる時間帯ごとにさまざまな表情を見せてくれるのも楽しみのひとつです。

#チアーズ ジュニア
アメリカンでカジュアルな雰囲気が満喫できるバーです。深夜帯の営業もしており、友人と楽しくお酒を飲みたい人にぴったりです。まるで海外の映画やドラマのようなムードの中、ビールやファーストフードを味わえます。また、このお店の特徴は人種に関わらず、さまざまなお客さんの交流場所となっている点です。もちろん、日本人が多いのですが、欧米やアジアのお客さんもちらほら訪れます。外国の人々と親睦を深め、見識を広めたいときにチェックするべきスポットです。

#草々徒
枚方元町にあるレトロな喫茶店です。古い民家を改造して営業しており、アットホームな空気感が心地よさを演出しています。このお店最大の魅力は、なんといってもヘルシーな野菜メニュー。ランチセットをはじめとして、料理には淡路産の新鮮な野菜が使われています。季節ごとに旬の野菜の魅力が引き出されており、健康志向のお客さんから支持を集めています。それでいて値段は良心的で、リピーターを増やしている理由となっているのです。都市部から外れたエリアに立地し、隠れ家的な名所となっています。

 

枚方市は夫婦や子供にやさしいエリアといえるのか?

#新婚カップルをサポートしてくれる
まず、枚方市では「枚方市結婚新生活支援事業」が実施されています。34歳以下で指定された期間内に結婚したカップルであれば、条件を満たした場合、引っ越し費用などを市から補助してもらえる仕組みです。たとえば、「夫婦の所得合計が400万円以下」「市税を滞納しておらず枚方市にずっと居住する意思がある」などの条件にあてはまるなら申請しておくべき補助金です。

対象となる用途には、「住宅取得費用」も含まれます。つまり、注文住宅を建てたいカップルにとってもかなり大きな支えとなるでしょう。1夫婦あたり、補助金の上限額は40万円です。申し込みの際は子ども青少年政策課に相談した後で、期限内に必要書類を提出しなくてはなりません。なお、申し込みは予算額に達すると締め切られてしまうので、興味のあるカップルは早めに政策課まで訪れましょう。

#閑静な雰囲気で住みやすい
枚方市では子育て支援も積極的に行っており、育児や健康に関する情報を随時発信しています。親に向けて、子育ての心がけを教えるセミナーなども開催されており、市をあげてファミリーを支援する体制が整っています。それに枚方市では、「くらわんか五六市」のような手作り感のあるイベントも定期的に開催されています。閑静な住宅街が広がっているエリアもあり、全体的な暮らしやすさは大きな魅力です。

 

枚方市に住むならフリーダムアーキテクツで注文住宅を!

子育てや結婚を支援する制度があるほか、商業施設も充実している枚方市は注文住宅を建てるのに適しているエリアです。

枚方市で家を建てる計画があるなら、建築設計事務所「フリーダムアーキテクツ」に相談してみましょう。注文住宅のプロとして、地域に合った最善の提案をしてくれる会社です。まずは資料請求からプランを検討してみるのがおすすめです。

 

◆◆フリーダムアーキテクツの詳細はこちら

◆◆資料請求はこちら

◆◆家づくり無料相談会の詳細はこちら

◆◆土地探し無料相談会の詳細はこちら

 

大阪府の他地域を見てみる

◆◆高槻市の詳細はこちら

◆◆八尾市の詳細はこちら

◆◆和泉市の詳細はこちら

◆◆岸和田市の詳細はこちら

◆◆吹田市の詳細はこちら

◆◆茨木市の詳細はこちら

◆◆泉佐野市の詳細はこちら

◆◆池田市の詳細はこちら

◆◆寝屋川市の詳細はこちら

◆◆大東市の詳細はこちら

◆◆箕面市の詳細はこちら

◆◆東大阪市の詳細はこちら

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事