茨木市で注文住宅を建てるなら知っておきたいポイント!

325 view

大阪市のベッドタウンである茨木市。人口は年々増えており、人気があります。茨木市に住みたい人や、家を建てたいと思っている人もいるでしょう。本記事では、茨木市の特徴、交通アクセス事情、住みやすさなどについて解説していきます。人気のスポットやグルメ情報にも触れていますので、茨木市に興味がある人はぜひ参考にしてみてください。

 

大都市へのアクセスが容易!茨木市は交通の便が優れている

茨木市は大阪市などの大きな都市と比べると規模は小さいですが、全国的にみればそれなりに大きな街といえます。戦後しばらくはあまり栄えていなかったものの、1970年に日本万国博覧会が行われて以来、急激に発展しました。駅付近にはたくさんの高層マンションがありますし、大きなスーパーやレトランも揃っています。平成26年~令和元年までの平均人口は約28万人前後、面積は76.49キロ平方メートルです。(大阪府茨木市HP「人口の年推移」を参照)

茨木市は、大阪府の北部、北摂三島地区に位置しています。大阪市と京都市の中間辺りにあるため、2つの大都市にアクセスしやすくなっています。市内の鉄道路線はJR、阪急電車、モノレールの3種類で、JR茨木駅には快速電車が停まります。快速に乗れば、JR茨木からビジネス街であるJR新大阪までは10分かかりません。通勤しやすいだけでなく新大阪には新幹線の駅があるので、出張や旅行でも重宝するでしょう。大阪の中心街として有名な梅田まではJRで約15分、阪急電車なら約25分です。京都まではJRも阪急電車もだいたい30分ぐらいでいけると考えればよいでしょう。また、市内には名神高速道路茨木インターチェンジがあるため、近畿自動車道、中国自動車道などにもアクセスが良好です。車で遠出しやすいのも茨木市の魅力のひとつといえます。

 

茨木市の住環境、子育て事情はどうなっている?

茨木市は決して田舎ではないですが、自然が多く残されていますので、住環境は良好です。騒がしい娯楽施設はあまりなく、閑静な住宅街が多くなっています。立命館大学や追手門学院大学が駅から近くに立地しているため、学生が数多く暮らしているのも特徴です。治安に関しても警備が行き届いており、巡回をしている警察官の姿をよくみかけます。夫婦世帯はもちろん、独身者やひとり暮らしの学生にとっても暮らしやすい街といえるでしょう。

茨木市内は基本的にどこでも住みやすいですが、自然の充実度をより重視するなら若園町がおすすめ。駅からは若干遠くなりますが、若園町にはバラ公園があります。綺麗な花を眺めていると、心が癒されるのを感じるでしょう。マクドナルドやオシャレなカフェなどの飲食店や病院も近くにあるので生活のしやすさも問題ありません。注文住宅を茨木市に建てる計画があるときは候補地のひとつとして考えてみてください。

子育てをフォローする制度についても、茨木市は整っています。例えば、中学校を卒業するまでの子どもに対し、医療助成金制度を設けているのは大きなポイントです。子どもが生まれたときや茨木市に転入したタイミングで市役所に申請しておけば、こども医療証が発行されます。入院や通院が必要な状況になった際、こども医療証と健康保険証を病院に提示することで、1回につき500円の負担額で診療が受けられるのです。自己負担は同病院で月2回まで必要となりますが、3回目からは無料となります。

その他にも、中学生までの子供がいる家庭を対象とした教育相談やいじめ電話相談などが「茨木市教育センター」によって実施されています。多感な時期の子どもに対しては、繊細な扱いが必要になる場面が多いです。子育てに悩みを抱えたときは、専門家に相談するのも悪くないアプローチでしょう。教育面では、茨木市には名門の大阪府立茨木高校がある影響で、教育熱心な家庭が多い傾向があります。その他の公立高校も評判がよいため、子どものいるファミリーに人気のあるエリアとなっています。

 

イオンモール茨木だけじゃない!茨木の人気スポットとは

茨木を代表するショッピングスポットといえば、「イオンモール茨木」です。JR茨木から道路が整備されていて、徒歩10分ほどで到着できます。150店に及ぶ幅広いジャンルの専門店が集まっているため、欲しいものはほぼなんでも揃っているといってよいでしょう。日常の買い物で役立つだけでなく、映画館や市立図書館があるのも魅力です。ショッピングモールのなかに市立図書館が立地しているケースは全国的にみてもあまり例がないでしょう。大規模なゲームセンターも営業しており、学生からも大人気。茨木市民にとってイオンモール茨木はなくてはならない存在なのです。

広大な自然に囲まれた「茨木市忍頂寺スポーツ公園」も茨木の有名スポットのひとつ。野球、サッカー用のグランウンド、テニスコート、ゲートボール場などがあるため、老若男女問わずスポーツが楽しめる施設です。公園にはさまざまな遊具が設置されており、全長70mのスライダーは特に注目といえるでしょう。地域や子供会のスポーツイベントで活用される機会も多いです。宿泊施設があるため、数日滞在することも可能となっています。市民公園の駐車場は都会では有料の場合もありますが、忍頂寺スポーツ公園の駐車場は無料であることもうれしいポイントです。

演劇、講演会、クラシックなど、文化的な催しに興味があるなら「立命館いばらきフューチャープラザ」に足を運んでみてください。立命館の学生や職員だけでなく、一般の人たちにも広く開放されています。知と文化の創造をモットーに、さまざまなイベントが開催されているので、きっと楽しめるはずです。その他にも、蒸気機関車D51を展示した「SL広場」や平安時代からの長い歴史を持つ「総持寺」など、茨木には興味深いスポットが数多く存在しています。

 

隠れ名店が多い!茨木のグルメ情報について

茨木グルメでまず押さえておきたいのは、「らーめん鱗茨木店」。大手グルメサイトで受賞したこともあり、いつも行列でにぎわっているラーメン屋として有名です。味わい深い塩ラーメンが特に人気で、コクのある醤油ラーメンのファンも多いです。店内は白基調のオシャレなデザインとなっているため、デートで使うのも有りでしょう。甘いものが好きであれば、フレンチレストラン「サロン・ド・テ・ジャマン」のケーキがおすすめ。ケーキの仕上げは注文を受けてから行うことが多く、その様子をオープンキッチンで楽しめます。焼き菓子もとても美味しいので、ぜひ試してみてください。

茹でたてのうどんを堪能できる「ひだりうま」も見逃せないお店のひとつ。通常メニューはバラエティに富んでおり、季節で変わるメニュー、ランチメニューもあるので飽きることがありません。たくさんのリピーターがつくのも当然のお店といえるでしょう。 その他にも、新鮮な海の幸を心行くまで味わえる広東料理屋「ジェイドガーデン」や、こだわりの素材で作り上げたスイーツが自慢の「氷とお芋の専門店らんらん」もおすすめです。

 

茨木市で注文住宅を作るなら「フリーダム」に依頼してみよう!

茨木市は大都市の喧騒に悩まされることはなく、かといって田舎にありがちな生活の不便さもないので、とてもバランスのよい街です。マイホームを建てて、ずっと住み続ける決心をするのも悪くはありません。

注文住宅を検討しているのであれば、建築設計は「フリーダムアーキテクツ」に相談してみましょう。自分の思い描く夢の家がきっと実現できるはずです。

 

◆◆フリーダムアーキテクツの詳細はこちら

◆◆資料請求はこちら

◆◆家づくり無料相談会の詳細はこちら

◆◆土地探し無料相談会の詳細はこちら

 

大阪府の他地域を見てみる

◆◆枚方市の詳細はこちら

◆◆八尾市の詳細はこちら

◆◆和泉市の詳細はこちら

◆◆岸和田市の詳細はこちら

◆◆吹田市の詳細はこちら

◆◆高槻市の詳細はこちら

◆◆泉佐野市の詳細はこちら

◆◆池田市の詳細はこちら

◆◆寝屋川市の詳細はこちら

◆◆大東市の詳細はこちら

◆◆箕面市の詳細はこちら

◆◆東大阪市の詳細はこちら

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事