池田市で注文住宅を建てるなら知っておきたいポイント!

159 view

池田市は大阪の都心部から程よい距離にあるため、注文住宅を建てる際の候補として考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、最終的な結論を出すには池田市に関するより詳細な情報が必要となります。そこで、どこに家を建てるかを検討中の人の参考になるように、池田市の人口や交通アクセス、さらにはグルメ情報や人気スポット、注文住宅を建てる際の注意点などについて解説していきます。

 

交通アクセスに優れた街!池田市のエリア情報

池田市の面積は約22平方キロメートルであり人口は10万人ほどです。1950年の時点では4万5千人程度だったのが徐々に増え続け、1975年には10万人を超えますが、それ以降は横ばい状態が続いています。ちなみに、世帯数のほうは1950年に約1万世帯だったのが、現在では4万5千世帯ほどに増えています。つまり、人口に比べて世帯数の増加がより顕著であり、かつて4人以上だった1世帯あたりの平均人数が現在では2.2人ほどにまで減っているのです(池田市ホームページ「人口の推移」を参照)。

平均人口密度は1ヘクタールあたり47人ほどですが、阪急池田駅や石橋駅周辺といった市街地では100~200人、特に多いところでは200人を越えています。市街地は南部に集中しており、山の多い北部にはあまり人は住んでいません(池田市ホームページ「第1章 池田市の都市構造上の課題」を参照)。

また、気になる交通アクセスですが、池田市には高速道路が走っており、しかも、大阪・京都方面と神戸・宝塚方面の分岐点となっています。したがって、市外にある職場に車で通勤したり、休みの日に遠出をしたりする際にも快適に移動ができるというわけです。一方、電車の場合は大阪の中心地である梅田駅まで池田駅から約20分、石橋駅からなら約15分で到着します。そのうえ、池田駅は各方面への特急電車が停まり、本数も多いので便利です。さらに、市内を走る福祉バスは妊婦や60歳以上の高齢者、及び障害者は無料で利用可能です。その他にも、北海道から沖縄まで各地域への路線が就航している伊丹空港へは池田駅から路線バスが利用でき、石橋駅からなら徒歩で移動が可能など、あらゆる面で交通アクセスに優れた地域だといえます。

 

南部は各種施設が充実!池田市におけるエリアごとの特徴

池田市の南部は非常に暮らしやすい地域だといえます。特に、池田駅周辺の城南エリアと呼ばれている区域は「市立池田病院」を始めとして数多くの医療機関が存在し、薬局やドラックストアなども充実しています。また、大型商業施設やスーパーマーケットなども数多くあるので生活をするうえで非常に便利です。一方、石橋駅周辺の石橋エリアも城南エリアほどではありませんが、医療機関や商業施設などは一通り揃っているため、日々の生活で不便さを感じることはまずないでしょう。

それに対して、池田市の北部は診療所や商業施設などの数が少なく、家族で生活をするのにはあまり向いていません。保育所や幼稚園なども南部に集中しており、北部エリアでは数カ所に点在している程度です。ちなみに、池田市は公立高校の学区制では第1学区に含まれていて、この学区は教育水準が高いことで有名です。

 

子育てにも夫婦世帯にとっても適した環境!池田市の教育への取り組みや子育て支援

池田市は子育て支援が充実しています。まず、妊娠、出産、子育て中の親の経済的負担を軽減するために設けられているのが、「池田市妊娠・出産・子育て応援補助金」です。これは、池田泉州銀行の「<池田泉州>妊活・育活応援ローン」の借入者を対象者として、借入金の年利2%の相当額を補助するというものです。また、池田泉州銀行の協力を得て、2人目までの子供に対しては1万円の積立式定期預金通帳を、3人目以降は5万円の積立式定期預金通帳が送られる「エンゼル祝品支給制度」も行っています。他にも、保育所に通っていない満1歳の誕生日を迎えた子どもに対して1万円相当のクーポン券を贈る「ふくまる子ども券」などがあります。

さらに、池田市は教育の取り組みにも熱心です。2014年からは小中一貫教育が本格的にスタートし、小中学校が連携してさまざまな取り組みを行っています。それに加え、今後ますます必要とされる英語のコミュニケーション能力育成にも力を入れており、小中学校でそれぞれ週1時間の特別授業を実施しています。加えて、保護者と地域の人が協力して行う、教育を通じたコミュニティづくりにも積極的です。

一方、街の様子はというと、特に治安の悪そうな場所も派手な繁華街もなく、全体的に落ち着いた雰囲気です。池田駅から少し離れた場所には閑静な住宅街が広がっていますが、駅周辺は夜でも治安がよくて女性が1人で歩いていても不安を覚えるようなことはまずありません。ちなみに、池田駅からなら徒歩で10分以内の場所に市役所、警察署、市立病院、郵便局などの公共機関が集まっているのでアクセスも非常に楽です。したがって、子供のいる家庭はもちろん、夫婦世帯が暮らす場合でも池田市は極めてよい環境にあるといえます。

 

チキンラーメン発祥の地!池田市のおすすめグルメ

池田市はチキンラーメン発祥の地として知られており、池田駅から少し歩いた場所には「カップヌードルミュージアム 」があります。そこに行くと、インスタントラーメンの歴史を学べるだけでなく、オリジナルのチキンラーメンを作って持ち帰ることができるのです。そのため、ファミリー層を中心に大きな人気を集めています。また、その他にも、池田市にはチキンラーメンを使った創作料理を提供しているお店が数多くあります。たとえば、チキンラーメン入りの親子丼やチキンラーメンを衣にした唐揚げなどです。

特に、唐揚げは「池カラ」の名称でご当地グルメとして親しまれています。チキンラーメンの香ばしさとジューシーな鶏肉が絶妙なハーモニーを奏でる逸品で、子供から大人まで高い人気を博しているのです。池田駅周辺の店舗やイベント出店の屋台などで提供されているので、池田市に引っ越した際には、ぜひ一度味わってほしい一品です。

 

一度は行ってみたい!池田市で人気の観光スポット

池田市のシンボルといえば市の中央部に位置する五月山です。標高315メートルの小高い山で、春には桜やツツジが咲き乱れ、秋には見事な紅葉が一面を覆います。また、山中にある五月山公園は、ハイキングコース、動物園、都市緑化植物園などの施設が揃っており、五月山を訪れる人に親しまれています。なかでも、五月山動物園は無料でオーストラリアの珍獣ウォンバットやワラビ-、アルパカなどを観ることができるので大人気です。

ちなみに、他の観光スポットとしては、愛宕神社、五社神社、池田城跡公園などがあります。愛宕神社は古くから火の神様を祀っており、毎年8月に行われる「がんがら火祭り」が有名です。一方、五社神社は奈良時代に行基が創建した歴史ある神社で、花崗岩の巨石を用いた石室で有名な鉢塚古墳が目を引きます。そして、池田城跡公園は戦国時代の地方豪族、池田氏の居城跡地です。当時の栄華を偲びながら市街の眺望を楽しむことができます。さらに、水月公園、久安寺、能勢街道、池田茶臼山古墳など、池田市には歴史と自然の豊かさを感じさせてくれる観光スポットが数多くあります。

 

注文住宅を建てる際の注意点!土地選びはコストと利便性のバランスを考えよう!

池田市は大阪都心部へのアクセスに優れていることもあり、駅から徒歩圏内の範囲に注文住宅を建てると土地代だけでかなりの金額になってしまいます。一方、駅までの移動に車かバスが必要なエリアになると値段はぐっと安くなります。したがって、コストと利便性のバランスを考えたうえで、どこに家を建てるかを慎重に検討することがなによりも大切です。また、これは池田市に限った話ではありませんが、注文住宅を建てる際には、建築を依頼する業者選びも重要になってきます。どの業者にも得意不得意があるため、過去の実績やネット上での評判などをよく調べ、自分の目指す家づくりに合ったところを選ぶようにしましょう。

 

池田市は利便性の高さと豊かな自然が調和した暮らしやすい街

池田市は閑静な住宅街が広がる住宅都市です。交通アクセスに優れ、各種施設も充実しているなど、快適な生活を実現するための条件が揃っています。そのうえ、子育て支援や教育に対する取り組みも盛んで、自然も豊かです。

注文住宅を建てる場所を探している人にとっては有力な候補の一つとなるはずです。一度、検討してみてはいかがでしょうか。土地探しから注文住宅の建築設計は「フリーダムアーキテクツ」に相談してみましょう。

 

◆◆フリーダムアーキテクツの詳細はこちら

◆◆資料請求はこちら

◆◆土地探し無料相談会の詳細はこちら

◆◆家づくり無料相談会の詳細はこちら

 

大阪府の他地域を見てみる

◆◆枚方市の詳細はこちら

◆◆八尾市の詳細はこちら

◆◆和泉市の詳細はこちら

◆◆岸和田市の詳細はこちら

◆◆吹田市の詳細はこちら

◆◆茨木市の詳細はこちら

◆◆泉佐野市の詳細はこちら

◆◆高槻市の詳細はこちら

◆◆寝屋川市の詳細はこちら

◆◆大東市の詳細はこちら

◆◆箕面市の詳細はこちら

◆◆東大阪市の詳細はこちら

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事