吹田市で注文住宅を建てるなら知っておきたいポイント!

244 view

大阪府吹田市はニュータウンとして有名な地域です。住宅街が広がっており、大阪市内のベッドタウンとして家を建てる人も少なくありません。注文住宅をデザインするエリアとしては、ぴったりの条件が揃っています。この記事では、吹田市における住みやすいポイントや、注文住宅を建てるときに気をつけたい点を紹介していきます。

 

吹田市の基本情報!街としての規模や交通網は?

#人口と面積
大阪府吹田市は近畿地方の中心部として、大阪市はもちろん、他府県へのアクセスが良好です。京都府や兵庫県に勤めている人も、吹田市に家を構えるケースが少なくありません。市のホームページによれば、2011年から2020年の人口は35万人台から37万人台でゆるやかな増加傾向を示しています。また、吹田市の面積は36.11平方kmです。(【吹田市】統計情報を参照)

#交通網
吹田市内にはJRや阪急電鉄、大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)、北大阪急行電鉄、大阪モノレールといった電車が通っています。そのほか、バスも複数の会社が運行しており、市内外のアクセスが良好です。さらに名神や中国自動車道など、高速道路も通っているので自動車があれば府外にも簡単に移動できます。総じて、吹田市は交通手段の多い地域だといえるでしょう。

#歴史
吹田市は1889年、現アサヒビール工場が開設されたことで有名になりました。当時は日本でまだビールの文化が完全に浸透しきっておらず、画期的な事業でした。それから他の企業も吹田市に拠点を置くようになり、大阪府を代表する産業地帯として注目を集めます。そして、1970年の日本万国博覧会をきっかけに、吹田市は開発が促進されました。千里ニュータウンが開発され、府内外から多くの人が移住してきたのです。

2001年、吹田市は「特例市」に指定されます。それ以降、ますます個性的な街づくりが推進されるようになりました。伝統的な文化と斬新な取り組みが共存している地域として、移住を希望する人が絶えません。吹田市は注文住宅を建てる条件が整った場所なのです。

 

吹田市の育児支援!家族世帯が落ち着いて暮らせるエリアなのか?

#育児支援
エリア全域に幼稚園、保育園が点在している吹田市は、親にとって暮らしやすい地域といえます。どの場所に住んでいても近隣に子供を預けられる施設があるので共働き世帯にも安心です。また、吹田市では「すくすく」というサイト・アプリを設け、保護者に有益な情報を発信し続けています。たとえば、親子で楽しめる行事、幼稚園探しのポイント、行政が施行しているサービスなどが手軽にキャッチできる仕組みです。特に、地域ごとの幼稚園・保育園の催しが掲載されたカレンダーは、園内の雰囲気を確かめるために有効活用できます。

アプリ内では、各種制度への疑問に答えるナビも備わっています。気になるポイントがあったら、気軽に相談をしてみましょう。

#住みやすさ
大阪府内の市町村の中で、吹田市は治安が安定していることで有名です。特にベッドタウンである千里ニュータウンは、落ち着いた雰囲気で安全に暮らせる一帯です。府外から引っ越してくる家族世帯からの人気も低くありません。また、比較的歴史の浅い住宅街が多いだけあり、きれいな景観が続いているのも吹田市の特徴です。

また、吹田市は商業施設、レジャー施設が多いので家族サービスに出かける場所のバリエーションが豊富です。ゆったりと過ごす休日から楽しく遊ぶレクリエーションまで、その日の気分でさまざまな場所に出かけてみましょう。なお、吹田市は2016年以降、保育施設の充実化にも力を注いでいます。ファミリーで注文住宅を建てるなら、大きな候補となるエリアです。

 

おでかけスポットをチェック!吹田市の有名スポットは?

#万博記念公園
太陽の塔で有名な、西日本を代表する公園です。夜になると塔はライトアップされ、吹田市のシンボルとしての存在感を強めます。また、公園内はスポーツ施設があったり、日本庭園が広がっていたりとさまざまな目的に沿ったエリアに分かれています。ファミリー層ならとりあえず公園まで足を運んで、思いつきで楽しそうなことを体験してみるのもよいでしょう。なお、公園から徒歩で行ける距離に「吹田サッカースタジアム」があり、ガンバ大阪のホームタウンとして毎週末、にぎわいを見せます。

#EXPOCITY
複合型施設として、西日本を代表する規模を持つスポットです。特にエンターテインメント系のサービスが充実しており、シネマコンプレックスや水族館、移動遊園地などが盛況です。また、ショッピングエリアも店舗数が豊富で、家電量販店やレンタルビデオショップが営業しています。一家でやってきた際は楽しく遊んだ後、買い物や食事をして帰るのが鉄板のプランです。

#アサヒビール吹田工場
明治時代から稼働している由緒正しい工場です。人気プランは「工場見学」で、ビールが醸造されるまでの過程をガイドさんに解説してもらえます。日本トップクラスのメーカーだけに、その裏側をのぞけるのは貴重な機会となるでしょう。しかも、見学会では子供でも楽しめるコーナーが設けられており、家族サービスの一環にも利用できます。見学の最後にはアサヒビールの試飲会も用意されているので、忙しい毎日のリフレッシュタイムとなるでしょう。

 

吹田市で注文住宅を建てるなら気に留めておきたいポイント

#素材やデザインにこだわる
そもそも吹田市はニュータウンが広がっており、注文住宅の数がたくさんあります。つまり、こうした地域では古くからの雰囲気に合わせて家を建てるのではなく、依頼主のこだわりを家のデザインに発揮することも許されるでしょう。素材やデザイン、配色など、実現させたいプランがあれば積極的に業者に伝えましょう。ただ、業者の中には自分たちにとって作業のしやすいプランを押し付けてくるところもあります。理想の注文住宅を建てるには、お客様意識が高く、家をトータルプロデュースできる専門業者を探すことです。

#内外観のバランス
注文住宅でよくある失敗は、内観と外観のバランスがとれなくなってしまう点です。たとえば、奇抜なデザインの外観を実現させようとした結果、内側のスペースが窮屈になるケースもあります。そして、その逆もまた然りです。妥協をするのではなく、内外観のバランスをとりながら希望が全部盛り込まれた家を完成させましょう。そのためには、デザインから施工までを一貫して任せられる専門業者の存在が不可欠です。

#資料請求をしてから話を聞く
専門業者選びでは、最初に資料請求から始めます。なぜなら、いきなり話を聞きに行っても内容がよく分からないことが多いからです。また、注文住宅の流れを頭に入れておかないと、相手が正しい情報を話しているのかすら判断できません。資料をあらかじめ読んでおけば、打ち合わせに必要な知識を得られます。また、資料の段階でめぼしい業者を絞り込めるでしょう。

 

吹田市の注文住宅はフリーダムアーキテクツに聞いてみよう

注文住宅を建てる際は、信頼できる専門業者に依頼することが大事です。

建築設計事務所「フリーダムアーキテクツ」なら全国各地で実績を残しているので、依頼主のこだわりを反映したデザインが可能です。また、地域特有の情報についても詳しいのが強みです。吹田市で注文住宅を検討しているなら、フリーダムアーキテクツに資料請求してみましょう。

 

◆◆フリーダムアーキテクツの詳細はこちら

◆◆資料請求はこちら

 

大阪府の他地域を見てみる

◆◆枚方市の詳細はこちら

◆◆八尾市の詳細はこちら

◆◆和泉市の詳細はこちら

◆◆岸和田市の詳細はこちら

◆◆高槻市の詳細はこちら

◆◆茨木市の詳細はこちら

◆◆泉佐野市の詳細はこちら

◆◆池田市の詳細はこちら

◆◆寝屋川市の詳細はこちら

◆◆大東市の詳細はこちら

◆◆箕面市の詳細はこちら

◆◆東大阪市の詳細はこちら

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事